なにそれ?「お名前かくれんぼ」

なにそれ?「お名前かくれんぼ」

 

 

話題の名札「お名前かくれんぼ」について

 

画像 日本テレビ系(NNN) 

 

子どもを狙っている不審者は名札に書かれている子どもの名前を見ています。名前を呼びかけると、子どもはそれが不審者でも知っている人だと思ってしまうからです。こうして事件に発展するケースが多いことから、「お名前かくれんぼ」が防犯対策用品として作られました。

子どもたちが名札をつけるのは学校の中だけで、登下校時は外すように指導している学校が多くなっています。でも、名札を外すのを忘れて下校してしまったり、面倒くさがって外さない子どもも結構いるんです。

そんなとき、つけているのがこの名札であれば、遠くからは名前が見えにくいので、不審者に名前を盗み見されることもないというわけです。

 

 

「お名前かくれんぼ」を開発した思い

 

 

製作のきっかけとなったのは、昨年、埼玉県朝霞市で誘拐された女子中学生が2年ぶりに保護されたニュースでした。犯人は名札を見て確認し、名前を呼んで近付いたようです。

「お名前かくれんぼ」を作ったのは、子育てをしながら働く人も多くいる、愛知県岡崎市にある自動車関連部品メーカー「飯田樹脂」の女性従業員の皆さんです。「不審者から一人でも多くの子どもを守りたい」という思いから、この名札は開発されることになりました。

「近くでは見えるが、遠くからでは見えにくい」のは、光の反射の仕組みを利用しています。会社の製品づくりのノウハウを生かして、材料や文字の書体、彫る深さを試行錯誤しながら改良を重ねたそうです。

値段は1枚500円から。お名前かくれんぼをつけることで不審者につけいる隙を与えないよう、犯罪抑止につながればいいですね。既に保育園などからの問い合わせがあるそうです。

引用元 日本テレビ系(NNN) 

 

 

ネットの反応は…

 

 

これが広まるといいな。

不審者には名前を知られたくない!

名札は個人情報の塊。

ウチの子の学校にも導入してほしい。

“ ただこんなに気を使う社会では子育てやりにくすぎます。

“ 遠くから見えなくては名札の役割半減。

“ こんな商品を考えなきゃいけない社会が怖い。

 

賛否両論、さまざまですが、教育評論家の尾木ママが、まとめてくださっているようでした。

 

“ いろいろ複雑な心境にさせる商品ですね。でも、商品開発ありがとう。

 

 


防犯パトロールに参加すると、地域の不審者情報が入ることがあります。「え?自分たちの住んでいる、こんな身近な場所でそんなことがあったの?」 「不審者はこんな場所にひそんでいて、こういう子どもが狙われるのね!」 「自分たちの子どもは大丈夫かしら?」 と、心配になります。子どもたちの安全のために「お名前かくれんぼ」は有効なのかもしれません。でも正直に言わせていただくと、名札本来の役目を果たしているとはちょっと・・・。誰もが安心して名前を呼び合える世の中にするには、どうすればいいのでしょうか。

(キュレーター:SILVIA)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

アイディアカテゴリの最新記事