プスプスって?杏と東出昌大ベビーは東京乳母車を愛用

杏と東出昌大夫妻の双子のベビーカーは、今どきに珍しい。「乳母車」だそうですよ。

メーカーは、「東京乳母車」 モデル名は「プスプス」というらしいです。 乳母車自体、ちょっと見たことないですね。

今どき、乳母車ってあるんですね。ちゃんと売れているんだそうです。これは全く知りませんでした。ちなみに、杏さんと東出さんの双子の赤ちゃんの乳母車の価格は「13万円」が本体で、オプションをつけて15万円ほどするそうです。

今、双子のお子さんにこれがブームかというくらいに、売れているそうです。

 

引用元 http://artre60.com/3645.html

 

 

杏と東出昌大、生まれた双子を高級ベビーカーではなくあえて乳母車に乗せるワケ

 

12-15-02

「秋口のころでしたか。杏さんと東出さんが双子ちゃんを連れて、イタリア料理店で食事をしているのを見かけたんです。ふたりが食事をしている間、“ベビーカー”の中の赤ちゃんはおとなしくスヤスヤと気持ちよさそうに寝ていましたよ」(目撃した客)

「夫婦が選んだのはメーカー『東京乳母車』が製造する、『プスプス』という乳母車なんです。国内で作られる商品なので安心感がありますね。

 

なぜ、「乳母車」なのだろう?

 

「まず赤ちゃんにとって一番乗り心地がいい、というのが大きいと思います。ベビーカーというのは、いわば荷物カートと一緒で物を運ぶには適していると思うんですけども、人間の赤ちゃんを乗せるのには適していないと考えています。乳母車の場合は、小さな子ども部屋がそのまま移動するような感じなので、リラックスして非常に機嫌よくお散歩ができるんです」(担当者)

 また通常のベビーカーよりもスペースが広いため、

「6、7年前からの傾向ですが、双子を持つご家庭で評判になっていまして、最近では売り上げの2割から3割を占めます」(前出・担当者)

双子のためにはどんなものがいいのか、夫婦で調べて購入を決めたのでしょう。赤ちゃんのことを第一に考えるのが、イマドキのおしゃれ夫婦なのかもしれません。

 

引用元 http://www.jprime.jp/articles/print/8733

 

 

東京乳母車さんに行ってきました!

 

 

12-15-03

 

私も少し触らせていただくことに…。

思っていたよりも軽く押せます!最近は持ち手が高めのものが人気なんだとか…。
車輪が大きめなので安定した走行が可能です。

広々としているので赤ちゃんもゆったりできますね!双子ちゃんも2人一緒に乗れますよ!今までで三つ子ちゃんを一台に乗せている方もいらっしゃったとのこと。

大きくなってきたら柵を取り付けることもできますので乳母車の中で安全に遊ぶことができます。

ちなみにこのプスプスただ外に出るだけの乳母車じゃないんです。「家具」というコンセプトがあるとのこと。室内で移動するベビーベッドとしてもご利用いただけます。

使用感と快適さに細部までこだわった乳母車プスプス。職人気質の横田健文社長と気さくで明るい奥様の晶子さん、お二人の思いがギュッと凝縮されていました。

 

引用元 http://item.rakuten.co.jp/yua-shop/c/0000000110/

 

 

 


 

実はわたくし、自分が乳母車に乗っていた記憶があります。保育園の送り迎えに、祖父母が押す乳母車に乗せられていました。かすかに音楽の聞こえてくる中庭でゆらゆら揺すられて、お昼寝させられていた記憶も。確かに、乳母車は赤ちゃんや子どもにとって心地よい乗り物だと思います。乳母車、お勧めですよ。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!