「一晩寝かせたカレー」でウェルシュ菌食中毒って?

「一晩寝かせたカレー」でウェルシュ菌食中毒って?

春にも食中毒が起きており、今ネットで話題になっているウェルシュ菌ていったい何もの?ウェルシュ菌は空気が嫌いな細菌のため、粘性の高い煮込み料理を寸胴鍋で作ると、鍋底の酸素濃度が低くなるためウェルシュ菌の好きな状態に!酸素の少ない”鍋底”近くでは増殖するそうです。ちょっと怖いですね~

 

 

熱に強い性質、煮物も注意

 

 

 

3月8日夕方から翌朝にかけて、東京・世田谷の私立幼稚園の園児67人と教職員9人の計76人が次々と、下痢や腹痛、嘔吐(おうと)の症状を訴えた事件がありました。複数の患者の便からウェルシュ菌が検出され、保健所は、8日昼の「年長組を送る会」で食べたカレーが原因と断定しました。

 

 

問題のカレーは、7日午前11時ごろから、教職員と園児が職員室で、二つの大きな鍋を使って作り、そのままの状態で、一晩常温で保存。食べる直前に再加熱したそうです。ウェルシュ菌は熱に強いため、カレーやスープなど、作り置きに便利な食品で増殖しやすい危険な食中毒菌だそうです。

 

 

人や動物の腸管内や土壌、下水などに存在します。肉や魚、野菜などの食材にも付着し、体内に大量に取り込まれると、食中毒を引き起こす場合があそうです。日本食品衛生協会によると、ウェルシュ菌による食中毒が起きやすいのは、カレーやシチューなどとろみのある料理を大鍋で作った時ばかりで無く、筑前煮や煮込みハンバーグなどでも起こるそうです。

 

 

ウェルシュ菌とは

 

 

 

ウェルシュ菌には酸素を嫌う性質があり、空気のあるところでは増殖しないという性質があるそうです。また、症状は軽くても発生規模は大きくなりがちなので、別名「給食病」とも呼ばれているそうです。

 

 

ウェルシュ菌の中には「芽胞(がほう)」という殻のような状態になるものがあり、熱に強い芽胞は、100度で60分間熱しても死滅しないとされています。そのため、調理の際に煮沸してもウェルシュ菌が残り、その後増殖して食中毒を引き起こす可能性が高いそうです。

 

 

常温で保存し、温度が55度程度まで下がってくると芽胞から新しい芽が出て菌が増殖し始める。特に43~45度で急速に増える。料理にとろみがついていたり、量が多かったりすると、温度はゆっくり下がるため、菌が増殖する時間も長くなことが原因のようです。

 

 

ウェルシュ菌食中毒を防ぐには

 

●特に肉類の調理には注意し、調理後はすぐに冷却するそうです。

●作ったらすぐ食べることが大切だそうです。

●カレーやスープなどは、調理時に必ずよくかきまぜるそうです。

●室温で放置しないいで、保存は冷蔵庫で行い、食べる前に再度加熱するそうです。

●カレーやスープなどを保存するときは、なるべく底の浅い容器で小分けするそうです。

感染を防ぐためにも、ぜひ実行して欲しいそうです。

 

 

ネットでのコメント

 

 

一部コメントご紹介

 

●「「一晩寝かせたカレー」が悪いのではない。一晩常温保存していたことが悪いのです。いつものことだけど朝日は見出しに問題がある」

 

●「継ぎ足し継ぎ足しの秘伝のタレはどうしてあまり問題ないんだろう?殺菌力がえげつないのかなぁ?」

 

●「氷水で一気に冷やして冷蔵庫へ。一人暮らしで彼女もいねーと、こういう知識がどんどん身についてく…」

 

●「寝かせるのは冷蔵庫でお願いします!」

 

●「現代人は菌に弱すぎ」

引用元Yahooニュース

 

 

 


 

 

「ウェルシュ菌」とは、悪玉菌の代表だそうです。酸素がないとところでも増殖して、100℃で6時間も加熱に耐える細菌だそうですが、健康な人の腸内に生息しているそうですね。今まで、カレーは翌日の方が美味しくなると聞いていましたので当たり前のように、常温で鍋もそのままの状態で放置していました。この考えを覆されたことに衝撃を受けています。煮込めば煮込むほど美味しくなるものかと思っていましたが、冷蔵庫保存を徹底しようと思います。皆さんもご注意あれ・・・

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ニュースカテゴリの最新記事