日本ハムが逆転から4連勝で決めた!

日本ハムが逆転から4連勝で決めた!

8回一挙6得点で決めた、中田&大谷も初の日本一、広島は32年ぶり日本一ならず

 日本ハムが29日、日本シリーズ第6戦で広島に10-4で勝利し、4勝2敗で2006年以来、10年ぶりの日本一に輝いた。同点の8回に中田翔内野手の押し出し四球で勝ち越すと、ブランドン・レアード内野手の満塁本塁打も飛び出すなど一挙6得点。試合を決めた。広島はジャクソンが6失点と誤算。先制したのは日本ハム。初回、第5戦で劇的なサヨナラ満塁本塁打を放った西川が、広島先発・野村の初球を右中間に運んで三塁打とした。続く中島卓はストレートの四球。3番に入った岡はカウント2-2からの8球目をショートに転がし、タイムリー内野安打で1点を先制した。

 

20161029-00010023-fullcount-000-7-view

 

 一方の広島は2回、先頭の松山が日ハム先発・増井からセンター前ヒットで出塁。広島が日本ハムのミスに乗じて一気に逆転に成功した。それでも、日本ハムは4回、二塁走者の近藤が生還し、同点に追いついた。三塁打で2者が生還。この試合2本目のスリーベースで勝ち越しの2点をもたらした。2点を追う広島は5回、丸が鍵谷の2球目を捉え、右中間席に運んだ。1点差に迫る反撃のソロ弾。三塁走者の赤松が生還して同点に追いついた。

 

 そして迎えた8回、日本ハムは6試合連続登板のジャクソンを相手に2死から満塁のチャンスを作る。ここで中田が打席へ入ると、ネクストバッターズサークルには大谷が登場した。ジャクソンは制球が定まらず、ストレートの押し出し四球で勝ち越し点を献上した。栗山監督は結局、大谷を下げ、そのままピッチャーのバースを打席に送る。ここでバースがセンター前に値千金のタイムリー。さらに、続くレアードが2ボールから左中間へ満塁本塁打。一気に6点を勝ち越した。

 

   日本ハムは第5戦で西川のサヨナラ満塁本塁打で勝利しており、日本シリーズ2試合連続の同一チーム満塁本塁打は1993年の西武-ヤクルトの第5戦・鈴木健、第6戦・秋山以来、23年ぶりとなった。ジャクソンは6失点で失意の降板となった。8回はバース、9回は谷元が抑え、そのまま10-4で勝利。10年ぶりの日本一に輝いた。栗山監督は自身初の日本シリーズ制覇。中田翔や大谷翔平ら主力選手にとっても初の日本一となった。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00010023-fullcount-base

________________________

日本一に「なかなか経験できないこと」

 日本ハムの大谷翔平投手が29日、初の日本一に喜びをあらわにした。3勝2敗と王手をかけて迎えた広島との日本シリーズ第6戦(マツダスタジアム)。同点の8回に中田の決勝押し出し四球、レアードの満塁弾など一挙6得点。10-4で大勝して球団4年ぶりの栄冠をつかんだ。大谷はこの日出場機会はなかったが、4-4の8回2死満塁の中田の打席でネクストバッターズサークルに入り、相手にプレッシャーを与える場面も。結果的にマウンドのジャクソンは中田に勝ち越しの押し出し四球を与えることになった。

 

 試合終了後にチームメートと笑顔でハイタッチを交わした二刀流。日本シリーズを振り返った。高卒4年目で初の日本一に輝いた。「うれしいです。点差も点差だったので、特に緊張することもなかった。最後まで勝ち抜いて、シーズンを終わるのはなかなか経験できないこと。それが出来たのは良かったと思います」

http://full-count.jp/2016/10/30/post49631/

________________________

ハム栗山監督、自身初の日本一にも「野球の難しさばかりが心に残った」

 日本ハムの栗山監督が自身初の日本一達成に「非常に正直言うと実感が沸かない」と心境を吐露した。敵地2連敗から始まった今シリーズ。本拠地に舞台を移した3連戦で3連勝し、敵地で行った29日の第6戦でも競り勝った。2連敗から4連勝で一気に日本一を達成。しかし、今季のセ・リーグを圧倒的な強さで勝ち上がった広島との対戦は拮抗した展開の連続で、指揮官には完全燃焼したかのように脱力感が漂った。

 

 この日も7回まで4-4とどちらも譲らない展開。8回に一挙6点を奪って優勝を決めたが、直後にインタビューに答えた指揮官は「どちらに転んでもおかしくないゲームばかりだった。勝った実感はあまりなくて、野球の難しさばかりが心に残ったシリーズ。僕もうちの選手たちも勉強させてもらった」と率直な思いを吐露した。「若いチームなんでとにかくみんなで前に進むしかない。日本一になったけど、まだまだ途中なんで明日からしっかり前に進んでいきます」とさらなる飛躍を誓っていた。

引用元http://full-count.jp/2016/10/29/post49618/

________________________

日本ハムが29日、日本シリーズ第6戦で広島に10-4で勝利し、4勝2敗で2006年以来、10年ぶりの日本一に輝いた。残念ながら広島の32年ぶりの優勝はなかった。
互いに持ち味を発揮しガッチリ組み合い、好ゲームが相次いだ今シリーズの戦いは、8回まで4点でどちらが勝ってもおかしく無い内容だった。勝利の女神が日本ハムに味方して一気に6点を勝ち越した。今回は手に汗握る試合が多くて大いに楽しませて貰った。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

スポーツカテゴリの最新記事