フランスでプラスチックの使い捨て食器を禁止する法案が成立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスで、プラスチックの皿やカップ、ナイフ、フォークなどの製造をすべて禁止する法案が、先月、成立した。実施は4年後の2020年からだ。

 

地球環境保護のため

この法案は、地球環境保全を強く主張する政党「ヨーロッパ・エコロジー=緑の党(EELV)」によって作られたもの。

その目的の第1は、プラスチックを作るために必要な膨大なエネルギーを節約すること。第2は、プラスチックによる環境汚染やゴミ問題を減らすことだ。

この法案が成立したことで、2020年以降、プラスチック製の使い捨て食器(使い捨てでないものは対象外)はフランスから姿を消す。

 

堆肥になるバイオ素材に変更

使い捨ての食器が無くなるわけではなく、素材がプラスチックからバイオ素材に変更されるとのこと。

バイオ素材は、廃棄された後のリサイクルが容易で、すぐに堆肥として使用できる素材なので、環境に優しいとい

える。フランスでは、毎年、47億3,000万個のプラスチックカップがゴミとして捨てられ、そのうちリサイクルされて

いるのはたったの1%しかない。今回の法案成立に先駆けて、今年初め、スーパーなどでレジ袋も禁止された。

日本ではレジ袋有料の店フが増えているが、フランスはそれよりさらに進んで、レジ袋そのものが既にないそうだ。