東京が「3位」に上昇した理由?

東京が「3位」に上昇した理由?

 2008年より一般財団法人森記念財団都市戦略研究所が調査、発表している「世界の都市総合力ランキング」。その2016年の結果が発表された。2008年から4位をキープしていた東京だったが、ついに3位となった。世界の都市総合力ランキングとは、魅力的でクリエイティヴな人々や企業を惹きつける“都市の磁力”こそが「都市の総合力」であるという観点に立ち、世界の主要42都市(16年に2都市追加)の総合力を「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「環境」「交通アクセス」という分野ごとに、評価、順位づけしている。

 

ius_gpci2016_map_jp

10月18日に行われた「世界の都市総合力ランキング」記者発表では、森記念財団都市戦略研究所所長の竹中平蔵と森記念財団理事の市川宏雄が登壇。今回のランクアップの要因は、海外からの訪問者の増加と、円安による物価水準や住宅平均賃料の下落、羽田空港の国際化などが挙げられます。さらに経済面では法人税率を下げたのが大きい。『経済』では42都市トップを維持しています」と分析する。

 

 1位に選ばれたロンドンは、2012年、当地でのオリンピック開催を機にニューヨークを抜き1位となり、今年まで5年連続で1位を維持している。2位のニューヨークは「研究・開発」においてはトップを堅持している。パリは15年に起きた同時多発テロの影響もあって海外からの訪問者が減少し、経済面での停滞の兆しがみられる。アジアでは上海がすべての分野においてスコアを上げ、昨年の17位から12位へ大きく躍進した。なお、今年度は初めてとなる試みとして、各都市の差別化を図るため総合力に加え「都市のイメージ調査」が実施された。

引用元http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010000-wired-int&p=1

________________________

 

 東京のイメージ調査結果は?東京は「混雑した」という回答が最も多く、次いで「テクノロジー」、「現代的な」というイメージがランクインした。東京のランキングの特徴としては、「東京に来たことのある人」と「来たことのない人」の間でイメージが異なるのだという。東京に来たことがない人は「遠い」「漫画」「ストレスが多い」というイメージをもち、一方で東京に来たことがある人は「礼儀正しい」「安全な」「清潔な」というイメージをもっているという。

 

 竹中は「東京の潜在力は非常に強い。どの指標がよくなれば東京が1位になるのかをシミュレーションしました。当時の課題は3つ。『経済環境の改善』と『規制緩和』と『国際交通インフラの改善』です。しかし、今回の上昇については、ほかの分野が緩やかに上がっていったためのもの。そう意味では、これから上がっていく余地はまだ大いにあると感じています。思い切って改革を進めたら、ランキングは上がるのではないでしょうか」と発言した。

引用元http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010000-wired-int&p=2

______________________

「世界の都市総合力ランキング」は、経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通・アクセスの6分野について、計70の指標を基にして作成されている。

経済

東京は昨年に続き1位の座をキープ。ロンドンは、GDP成長率、法人税率でスコアを上げ、今年は2位となった。北京はGDP、世界のトップ300企業の指標でスコアを伸ばし続けており、3位のニューヨークに肉薄している。

1. 東京

研究・開発

ニューヨークが突出している。4位のロサンゼルスは、カリフォルニア工科大学など世界有数の教育機関を有し、世界トップ200大学、主要科学技術賞受賞者数、研究者数、研究開発費で高い評価を得ている。
2. 東京

文化・交流

ロンドンは、すべての指標で高評価を得ており、2位以下の都市を大きく引き離している。東京は、海外からの訪問者数などで大きくスコアを伸ばし、昨年の6位から5位へと順位を上げた(2013年は東京は8位だった)。
5. 東京

交通・アクセス

2位のロンドンの評価が全体的に低下したことでパリが1位に。ただしロンドンは国際線直行便就航都市数と国際線旅客数の2指標では8年連続の首位。東京は微増してはいるが両指標ともロンドンの1/3以下の数値。
11. 東京

環境

1〜5位の欧州各都市はリサイクル率、再生可能エネルギー比率、CO2排出量で高く評価されており環境への意識の高さがうかがえる。東京は13位と全体では評価が低いが、エコロジーの指標では健闘している。
13. 東京

居住

パリは居住コストが相対的に低く、総労働時間の短さが評価されて昨年同様1位となった。経済や文化・交流で上位のロンドン、ニューヨークはそれぞれ19位、23位。東京は生活利便性や飲食店の充実度が高い。
15. 東京

研究者

ニューヨークは「質の高い研究機関・研究者・指導者の存在」が抜きん出ている。一方、東京はその要素は弱いものの、「研究機関や研究者の集積」と「自らの研究分野における就業機会」に秀でて3位となっている。
3. 東京

観光客

1〜3位と比べると、東京は「観光の対象の存在」「一定水準以上の宿泊施設」「目的地までの移動の利便性」で力不足。シンガポールは昨年9位だったが宿泊施設と観光対象の存在で大きくランクアップした。
6. 東京

経営者

3位までは昨年と同じ順位。ニューヨーク、パリ、東京の3都市は「ビジネスの成長性」「ビジネスの容易性」に難がある。東京は8位だが「企業や商取引等の一定以上の集積」では、ほかを大きく引き離している。
8. 東京

アーティスト

北京が「アーティストの集積」で躍進し、10位から6位にランクアップした。パリ、ニューヨーク、ロンドンが上位を占め、東京は「文化的刺激」「アーティストの集積」「マーケットの存在」で水をあけられている。
8. 東京

生活者

パリはどの要素も強いが、特に「医療水準」が極めて高い。また、上位の都市の特徴としては「就業環境」と「医療水準」に強いが、東京は前者は優れているものの、それ以外のスコアが伸ばせず前年の5位から8位に下がった。
8. 東京

引用元http://wired.jp/2015/12/10/gpci-2015/

_______________________

   東京のイメージは、混雑した」という回答が最も多く、次いで「テクノロジー」、「現代的な」というイメージがランクインした。東京のランキングの特徴としては、「東京に来たことのある人」と「来たことのない人」の間でイメージが異なるのだという。東京に来たことがない人は「遠い」「漫画」「ストレスが多い」というイメージをもち、一方で東京に来たことがある人は「礼儀正しい」「安全な」「清潔な」というイメージをもっているという。
例えば、東京には広大な地下鉄網があり、人々の生活を支えている。都内で、電車と徒歩で行かれない場所は皆無に等しい。
老舗百貨店には「デパ地下」と呼ばれる極めてしゃれた巨大地下フードコートがある。そこで売られている手の込んだ洋菓子や、まるで絵のように美しくショーケースに並んでいるものは絶品でと言われ、そんな身近で直ぐに手に入るものがある街も魅力の一つなのかも知れない。

(キュレーター:remon)

 
 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事