ネットを安全に使い続ける3つの事!

ネットを安全に使い続ける3つの事!

 

これだけはやっておきましょう!

LINEやSNS、動画ストリーミングサイトの普及で、私たちの生活の大半がインターネットと繋がっているようになりました。しかし、生活に馴染みすぎたゆえ、インターネットの危険性が忘れられてしまう時代でもあります。

過去には、勝手に重要な個人情報を盗み出されたり、最悪の場合はオンラインで口座から知らぬ間にお金を引き出されてしまったり。そんな怖い話も実際にあります。

しかし、きちんと対策をして気をつけてさえいれば、それほど恐れる必要はありません。ネットを楽しく安全に使い続けるために、絶対に怠ってはならない3つの基本的な心がけを、改めてご紹介します!

1. パスワードを工夫しよう

当たり前すぎて、わざわざ取り上げるまでもないかもしれませんが、パスワードの使い回しは危険です。意外とハッカーは、メールアドレスへのログインパスワードを、簡単にデータベース化された情報から入手できてしまいます。試しにこんなサービスを使って、自分のアドレスが過去にパスワード流出被害に遭ってないかどうか調べてみましょう。

しかし、サービスごとにパスワードを用意するのが面倒くさくて、ついつい同じパスワードを別のサービスでも使ってしまうものです。なので、ハッカーはメールアドレスのパスワードの不正入手に全力をあげています。さまざまなサービスで同じパスワードを使うのはハッカーの思うつぼです。

パスワードの使い回しは絶対にダメという理由はわかりました。加えて、ここで押さえておきたいのは、長いオリジナルのパスワードであれば、自分にとって覚えやすい単語の組み合わせでも、非常に安全であるという事実です。

たとえば、「annexrubykneadtone」というパスワードでも、「J+e}F*b>J*S;36fSvbSLX)R}」というパスワードでも、それほど安全度は変わらないそうです。無理に意味のない数字や記号を入れて、覚えにくくする必要はないみたいですね。

2. 二段階認証を有効にしよう

どんなにパスワードを保護しようとしても、運悪くパスワードが破られてしまうという可能性は否定できません。他の情報から推測されて、パスワードが偶然に一致することだってなきにしもあらず。しかし、たとえパスワードを不正に入手されようとも二段階認証プロセスが有効になっていれば、危険からかなりの保護ができます。

二段階認証プロセスとは、自分で設定したパスワードと、ログインの際に自分の端末に送られてくるセキュリティーコードをセットで入力して、ログインする方法です。

二段階認証プロセスでのログインは、実は多くのオンラインサービスでデフォルトの設定にはなっていません。ですから、可能な限りすべての対応サービスで、いますぐ有効にすることをお勧めいたします。いざ利用し始めると、なんとも面倒くさいと思うかもしれません。しかし、オンラインでの安全確保に欠かせないステップだとなんとなく意識すれば、だんだんと当たり前になってくると思います。

3. 広告ブロッカーを使おう

ほとんどのオンラインサービスは、広告収入で成り立っています。しかし、ユーザーにとっては、広告はメリットよりもデメリットのほうが大きいかもしれません。なぜなら、広告を通じてマルウェアが配布されるケースが数多くあるからです。

そんな大げさな~。広告でマルウェアに感染だなんて、ポルノや違法ダウンロードなど、やましいサイトの話でしょう? そう思われがちですが、実は過去には、BBCやNew York Timesなど、世界でもかなり有名なニュースサイトの広告からマルウェアに感染したという例が数多く報告されています。

なので、インターネット上の広告は、表示されないようにブロックしても、なんらユーザーに損はありません。インストールするだけで簡単にブロックできる、広告ブロッカー(アドブロッカー)が無料で利用できるようになっていますし、すぐに対応アプリやソフトの導入をお勧めしますよ。

番外編:Google Chromeブラウザを使おう

こちらは、ユーザーの好みもありますが、ブラウザはGoogle Chromeがお勧めです。なぜなら、セキュリティの危険性(脆弱性)が見つかっても、大抵は他のブラウザよりも真っ先に安全な最新版の配信がなされているからです。

引用元 http://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_114960/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「ユーザーに適した広告しか出さない」と

Facebook、広告ブロッカーとの全面戦争開始。

 

スクリーンショット 2016-09-05 0.34.45
ブロックしたってムダだよ、と。

巨大SNSプラットフォームであるFacebookとブラウザ上の広告を非表示にする広告ブロッカーの全面戦争が始まりました。Facebookは「ユーザーのコンピュータに広告ブロッカーが入っていても、広告を表示させる」と宣言したんです。

ただFacebookは、広告を強制表示させる代わりにユーザー側で広告内容を設定できる機能も強化したと言っています。今回の発表にあたって、Facebookの広告・ビジネス担当副社長のAndrew Bosworthは、広告に対する考え方をこう説明しています。

適切でうまく作られた広告は有用で、新しい製品やサービスの発見を助け、我々を新たな体験へと導いてくれます。たとえばお気に入りのバンドが自分の街に来るとか、南国のバケーションへの航空券の割引といったものです。でも広告は必ずしもつねにそのようには機能せず、多くの人が悪質な広告を見ずに済むよう、特定のウェブサイトやアプリを避けたり、広告ブロックソフトウェアを使ったりするようになりました。

たしかに新たな「広告設定」のページを見ると、Facebookがユーザーのプロフィールや行動履歴を元に推測してきた興味分野とか好きなブランドとかが並んでいて、ユーザーはそれを編集できるようになっています。つまり、「適切でうまく作られた広告」だけを見せるように努力するから、ブロックしないでね、というロジックです。

 

ただ、どれだけ設定したとしても、情報を与えてくれたことに感謝するような広告というのはめったになくて、基本的に広告とはうっとうしいのが現状です。ユーザー側で設定をいじれるといってもその自由度は高くなく、ただ単に「テクノロジー」とか「ビジネス」みたいなざっくりしたカテゴリー名が並んでいて、その中から消したいものは消せる、というだけです。カテゴリーを追加したければ手入力で追加もできますが、そうする人は少ないでしょう。

ちなみに、たとえば訳者個人の広告設定を見ると、「食品・飲料品」のセクションの中に「キュウリ」なんてのも入っていました。「趣味・アクティビティ」のセクションの「流体」もじわじわきます。

 

そういう発見もあるので、自分の広告設定を一度チェックするのはオススメなんですけど、これを一生懸命編集すれば良質な広告しか出てこなくなるかというと、かなり疑問です。

なので当面、Facebookの広告は引き続き基本的にうっとうしい存在になってしまうわけで、広告ブロッカーを使いたい人もたくさんいるはずです。そして広告を見たくないという意思表示をしている人に対して、広告収入に依存しているサービスがどう対応すべきなのか、多分正解はありません。

Facebookなりに正解だと思っているのがこの広告ブロッカー返しなんでしょうけど、ユーザー的に納得できるかどうか、難しそうです。ただ広告ブロッカーを開発している人たちも、Facebookの技をバイパスすべく新たな技を繰り出すことと思われ、結局実態としてはしばらくはあまり変わらないままになりそう。

ギズモードも広告収入をいただいて成り立っている以上、Facebookのやり方を大上段から否定するのも無責任な感じがします。でも、「何を表示するかはコントロールさせてあげるから、とにかく絶対表示はさせてよね」と言い切れるほどFacebookの広告が有用になりうるかっていうと、まだまだじゃないかな、と感じる次第です。

引用元 http://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_114747/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネットを安全に使い続ける事が出来れば助かりますよね。

パソコンを使い始めた時は何も分からず 登録する全ての事が

怖くて不安で仕方ありませんでしたが 有難い事にパソコンを

教えて下さる師匠のおかげで少しずつ覚えました。

もちろん まだまだですが(笑)

安全に使い続けるには自分自身も情報をゲットし検証したり

する必要があるのではと思います。

( Rose )

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

IT・ガジェットカテゴリの最新記事