【危険】 このカニ「絶対 食べないで!」 

【危険】 このカニ「絶対 食べないで!」 

 和歌山県すさみ町立エビとカニの水族館は、同町沖で今月4日、鹿児島以南の亜熱帯、熱帯のサンゴ礁に生息し、猛毒を持つ「ウモレオウギガニ」が見つかったとして、「捕まえても絶対に食べないで」と呼び掛けている。同水族館によると、町内の漁師が仕掛けたイセエビ漁の網に、甲羅幅約4センチのウモレオウギガニがかかった。同町沖で捕獲されたのは2011年以来で、4例目という。

 

yjimage-28

 

 ウモレオウギガニは体が扇形で茶褐色をしており、甲羅は複雑なまだら模様とうろこ状の突起に覆われている。日中はサンゴのすき間や岩陰に隠れ、夜になると餌を探して活発に活動する。大きいものは甲羅幅が約9センチになる。筋肉に、まひ性貝毒の一種「サキシトキシン」やフグ毒で知られる「テトロドトキシン」を含む。甲羅にも毒素がしみ出すことがあるといい、同館は「触ったら必ず手を洗うこと。見かけないカニを見つけたら、水族館に連絡してほしい」と話している。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00000017-mai-soci

_______________________

危険な魚 「珍しい」で食べないで

 

yjimage-30

 

 

 東京・築地市場の仲卸店で、食中毒を起こす恐れのある「バラハタ」が販売され騒動となったが、今回問題となった「バラハタ」は各地の水族館で展示されている。そのうちの一つ、沖縄美ら海水族館を運営する沖縄美ら島財団の総合研究センターによると、バラハタは、80センチにもなるハタ科の魚で、名前のバラが示すように、赤い色をしている。また沖縄では高級魚として扱われ、市場では高値で取引されるという。

 

 

 バラハタによる中毒は「シガテラ毒」とされ、バラハタやバラフエダイ、イシガキダイなどが有毒種とされる。厚生労働省によると、1989(平成元)年から2010(平成22)年の間に、このうちバラハタによるものが16件と最も多く報告されている。症状として、温度感覚の異常や筋肉痛、頭痛、排尿障害のほか、下痢や嘔吐(おうと)などの消化器系への症状があり、不整脈や血圧低下などの循環器系症状もある。死亡例は極めてまれとしている。しかし近年は「珍しい」といった理由や、流通の発達で関東圏でも販売されるようになったと推測している。

 

 

「珍しい魚を釣った」で食べるのは要注意

 店先に並んでいても知らない魚だったら、店の人に聞いて確かめて購入してほしいとしている。ポピュラーな例ではアサリもその一つ。バラハタをはじめとするシガテラ毒も自然毒だ。食べると必ず症状が出るとは限らないが、販売者だけでなく消費者も、自然界のものを食べることは中毒を起こすこともあり得るとの認識が重要だ。都の福祉保健局のサイトや、厚労省のサイトには魚類に関する自然毒の情報が公開されており、参考にしたい。

引用元http://mainichi.jp/articles/20160414/k00/00e/040/212000c

_______________________

殺人ダコ 危ない! ただいま日本海、北上中

 

yjimage-31

 

 

 日本海の若狭湾沿岸で昨秋から、猛毒を持つ小型のタコ「ヒョウモンダコ」が相次いで捕獲されている。元々は西太平洋の熱帯・亜熱帯に分布し、和歌山など温暖な太平洋側では確認されてきたが、温暖化などで生息域が北に広がっている可能性がある。ヒョウモンダコは約10センチの小さなタコで、攻撃を受けると体が黄色に変わり、青いヒョウ柄が浮かび上がる。唾液にはフグと同じ神経毒のテトロドトキシンが含まれる。人がかまれると呼吸困難などに陥り、豪州などでは死亡例も報告され「殺人ダコ」と呼ばれる。

 
 
 

 日本近海では暖流に乗って北上しているとみられ、太平洋側では関東近海でも頻繁に捕獲されるようになった。日本海側では数年前から九州北部や山陰沖で相次いで発見され、若狭湾でも2009年以降、数年に1度の頻度で見つかっていた。温暖化で越冬できる環境が湾の入り江にできている可能性もある。その後も捕獲が相次ぎ、2センチ以下の幼体が見つかったとの連絡もあった。「小さくて可愛いからといって絶対に触らないで」と話している。

引用元http://mainichi.jp/articles/20160222/k00/00e/040/219000c

_______________________

  猛毒を持つ「ウモレオウギガニ」が見つかったとして、「捕まえても絶対に食べないで」と呼び掛けている。まひ性貝毒の一種「サキシトキシン」やフグ毒で知られる「テトロドトキシン」を含んでいて甲羅にも毒素がしみ出すことがあるという。温暖化により日本海側でも近年「バラハタ」や「ヒョウモンダコ」が相次いで見つかっているので、安易に触らないように呼び掛けているそうだ。「ウモレオウギガニ」や「ヒョウモンダコ」は、素手で触ると命を落とすこともあるという。皆さんさわるな危険!ですよ。

(キュレーター:remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ニュースカテゴリの最新記事