体内で再生?コラーゲンの真実とは?

体内で再生?コラーゲンの真実とは?

女性の味方「ハリ・ツヤと言えばコラーゲン」という情報は、もはや世の中では常識になりつつあります。しかし、コラーゲンたっぷりの食材やサプリメントを試しても「何だか実感があるような、ないような…?」と不安を感じる方が多いのも事実です。最近の美容界の本には「コラーゲンは美容に効果が無い」という説まで耳にします。「結局、コラーゲンは美容効果があるの?ないの?」

 

女性に嬉しい“再生するコラーゲン”とは?

 

コラーゲンは肌や血管、髪などと密接に関係しているもので、特に肌の奥 (真皮層)の約70%はコラーゲンが占めていると言われます。真皮層にあるコラーゲンですが、加齢が進むと60歳になる頃には20歳時の約半分にまで減ってしまうのです。さらに、新しいコラーゲンを作り出す機能も低下しながら、古いコラーゲンが留まり続けより一層、しぼんだ印象のお肌は徐々にハリを失ってしまうのです。

 

bzGLzXJZKhVLHh_1485188403_1485188461

 

 

なので、日頃からコラーゲンを“生み出す”事は大切と言えます。「ならば、コラーゲンをたくさん食べればいいのでは?」と思いがちですが、実は、「コラーゲン」は摂ってもそのままの状態では吸収されません。体内に入ったコラーゲンは一度アミノ酸に分解された後に吸収され、そしてそれが再びコラーゲンとなっていくのです。この複雑なメカニズムが「コラー ゲンは摂っても効果がないのでは?」と言われる原因になってしまっていると考えられます。

 

 

アミノ酸まで分解されたものは、そのまま再度コラーゲンへと再合成されるものもあれば、肌や骨を生成する細胞を活性化するという役割を持つものなど様々です。このコラーゲンの吸収率を上げる方法は、まずはビタミンCと一緒に摂るということが挙げられます。コラーゲンを摂るならビタミンCを摂るというほどに必須な組み合わせなのです。また、コラーゲンを作り出すたくさんのアミノ酸を補うために、他のたんぱく質とも一緒に摂ることもおすすめです。

 

 

コラーゲンを含んでいる食品

 

コラーゲン2

 

そのものを摂っても新たな合成には役立たないにしても、美肌に効果を期待できることはわかっているため、できれば食品からも摂りたいと思います。ゼラチン質の代表的なコラーゲン食品はすっぽん、豚足や牛筋、鳥の手羽先などがあります。イワシ、さんま、アジ、カレイなどのお魚、これは特に煮付けにすると摂りやすいようです。他には、シジミ汁、フカヒレ、うなぎといったものもあります。

 

 

料理で言うと、魚を煮詰めて作る煮こごりにはかなり豊富にコラーゲンが含まれます。こういった食品を通して体内にコラーゲンを摂取することで、アミノ酸に分解されやすくなるということがいえます。新しく合成するために必要なビタミンCが豊富な野菜、特にブロッコリーやキャベツ、ほうれん草や、じゃがいも、果物を上記食材と一緒に摂るとさらに効果を期待できるかもしれません。

 

 

コラーゲンと相性の悪い食材

 

「毎日にハリが出た」「若々しいと言われる」のためにたくさんのコラーゲンを摂っているのに、その効果を最大限発揮できなければ意味がありません。コラーゲンには、一緒に摂ると好ましくない相性の大変悪い食材というものがあるので注意も必要です。コラーゲンがたんぱく質であることから、もっとも避けたいのが、「糖化」と呼ばれる変性です。体の中に糖分を過剰に取り込みすぎると、それとたんぱく質が結びつく現象で、一気にその劣化を進ませます。

 

 

糖分の含まれる食材といえば、砂糖はもちろん、糖分の多いジュースやお菓子、米や小麦、果物なども取りすぎに気をつけたい糖分を含む食材です。このような糖化以外にも、糖尿病など大変重大な病気へと発展する可能性もあり、ダイエットには大敵です。コラーゲンの質を保つためには、油分の取りすぎにも注意が必要です。油分が多い食材を摂ると、高い脂肪質によって善玉のホルモンが減ってしまいます。

 

 

そうすることで、コラーゲンを作ることを邪魔してしまうのです。基本的に美容を考えるのであれば、摂りすぎに注意をしましょう。必要に応じてしか作られず、加齢とともに生成速度が落ちるコラーゲンの生成をさらに妨げるなどという状況は、できれば避けたいものです。できるだけ、野菜中心で自分で作って食べる食事を心がけましょう。

 

 

 


 

コラーゲンと聞くと、とにかく食べればお肌ぷるぷるといったイメージがありました。でも、それは大きな間違いで、コラーゲンを食べたところで、それはコラーゲンとして体内に吸収されるということはありえないそうです。なぜなら、コラーゲンの正体はたんぱく質で、体内には、アミノ酸に分解されてからしか吸収されないからです。その時にビタミンCがコラーゲンの生成の際に重要な役割を果たすなくてはならない存在だそうです。コラーゲン鍋を食べたならビタミンCを含野菜も一緒に食べましょう。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事