年金受けとれる資格は10年に!でも受け取る金額は果たしていくら?

年金受けとれる資格は10年に!でも受け取る金額は果たしていくら?

年金受給資格期間、10年に短縮=関連法案閣議決定

26日の臨時閣議で、年金の受給資格を得るのに必要な保険料納付期間を25年から10年に短縮する関連法案が決定された。同日開会の臨時国会に提出、成立すれば、来年10月から支給が始まる。
この決議決定で、新たに約64万人が年金を受け取れるようになる。来年10月に9月分を支給し、それ以降は偶数月に2カ月分を一括支給。予算は年間約650億円を見込む。
年金受給資格の短縮は消費税率の10%への引き上げと同時に実施する予定だったが、引き上げ延期で一時実施が不透明になっていた。安倍晋三首相が7月の会見で「無年金問題は喫緊の課題」と表明し、実現が決まった。

引用元:http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092600222&g=eco

___________________

年金受給資格加入期間10年に短縮へ 閣議決定

政府は26日の臨時閣議で、年金を受け取れない人を減らすため、来年から年金の受給資格を得られる加入期間を25年から10年に短縮する法案を決定。政府は、消費税率を10%に引き上げて実施する予定だった社会保障の充実策のうち、年金を受け取れない人を減らすため、消費増税に先立って年金の受給資格の短縮を先行して行う方針で来年10月の支払い分から、年金の受給資格が得られる加入期間を25年から10年に短縮するとしている。

これにより、初めて基礎年金の受給資格を得る人はおよそ40万人、さらに65歳までに厚生年金を受け取れる人などを含めると、対象者はおよそ64万人に上る見込みです。年金制度をめぐっては、公的年金の積立金を運用している独立行政法人の組織の見直しや、年金支給額の伸びを物価や賃金の上昇より低く抑える「マクロ経済スライド」の強化などを盛り込んだ年金制度改革の関連法案が継続審議となっており、政府与党は、今回閣議決定した法案と併せて、臨時国会での成立を目指す方針。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160926/k10010706771000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

___________________

年金の受給資格緩和は慎重に 

26日の閣議会議で年金を受け取るために必要な保険料の納付期間を現行の25年から10年に短縮されることが決まった。納付期間が25年に満たず、年金をもらえずにいる高齢者を救済することが目的だ。

生活が苦しい無年金の高齢者にとっては少しの額でも受け取れることはありがたいが、10年間保険料を払えば年金がもらえるという認識ばかりが広がれば、今後国民年金加入者で、10年を超えて長く保険料を払い続ける人が減らないかとの心配も出てくる。

10年間の加入で支給される年金はわずかだ。それだけでは老後の生活を支えきれず、生活保護に頼る高齢者を増やしてしまうことにもなりかねない。できるだけ長く保険料を納めてもらい、将来の年金額を増やすための方策も同時に講じてほしい。

年金受給資格の緩和はそもそも、消費税率が10%に上がったときにその財源を活用して実施する予定だった。安倍晋三首相は税率引き上げを延期したので、本来は資格緩和も延期すべきだった。ところが先の参院選で与野党が早期実施を公約としたことから、来年度から実施の方向となった。

当初はこの措置で新たに年金を受け取れるようになる人は約17万人で、必要な国庫負担金は年約300億円とされていた。ところが精査すると対象者は60万人超で、必要額は600億円以上になるという。まずはこの財源をどう確保するのかが問われる。

公的年金はすべての国民が原則20歳から60歳になるまで加入し、その間保険料を払い続けることを前提に設計されている。国民年金では、無収入や低収入でも加入し続けることができるよう、保険料の減免制度がある。収入が安定しない期間の保険料納付を猶予し、後払いを認める制度も備える。

年金受給の資格期間短縮によって、これら長期の年金加入促進策の利用者が減っては本末転倒だ。国民の老後の生活安定を損なわないよう十分注意すべきだ。

引用元:http://www.nikkei.com/article/DGXKZO05073650R20C16A7EA1000/

___________________

今まで納付機関が25年に満たなかった人にとっては

ありがたい話です。しかし年代別でもらえる金額を出した時

試算されてた年数は25年だったはず。

その試算はどこで出しても「足りない」という結果が出ていました。

ということは10年なんてとても生活できないレベルです。

今回は受給資格が以前より取りやすくなったと考えて

それ以降は自分で保険や年金に入ったりと

自助努力をしていく必要がありますね。(キュレーター:rikako)

 

 

 

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ニュースカテゴリの最新記事