王様がやってくる!

王様がやってくる!

 

高級ホテルは「サウジ特需」!

 

 

世界最大級の石油産出量を誇るサウジアラビアの国王が12日、約半世紀ぶりに日本を訪れます。中東の産油国の首長の外遊は豪勢なことで知られ、今回も1千人を超える王族や企業幹部らが同行。東京都内の高級ホテルの客室は予約で埋まり、移動のための高級ハイヤーが多数確保されるなど、ちょっとした「サウジ特需」になっているようです。

来日するのは、サルマン国王(81)。15日まで滞在し、安倍晋三首相とも13日に会談する予定です。

5日の東京・羽田空港。チャーター機から、エスカレーター式の特製タラップが降ろされました。関係者によると、高齢のサルマン国王が日本到着時にスムーズに飛行機から降りられるよう、サウジ政府が手配して運んだものといいます。

 

 

王族ら1千人伴い国王来日

 

今回の国王来日は、1971年5月のファイサル国王以来、46年ぶりになります。王子と閣僚それぞれ10人前後に加え、王族や企業幹部らも随行。その数は1千人を超えるとみられますが、日本政府も正確な人数は把握できていません。

日本政府関係者によると、昨年9月に国王の七男ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(31)が来日した際は、約500人が13機の飛行機に分乗。約200台の車両が確保されました。今回は、その倍の規模が予想されています。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

アラブの国々の王様と言えば

 

・・・って、思っていませんか(笑) サウジアラビアについて、ちょっとお勉強してみましょう。

現在中東と呼ばれている地域は地球上でもっとも古くから文明の発達した土地です。エジプト文明とメソポタミア文明の二つの大文明をはじめとし、中東を含む肥沃な三日月地帯と呼ばれる地域はエジプトやバビロニア、ヒッタイト、アケメネス朝ペルシアなど古来より多くの帝国を育んできました。以来、栄枯盛衰を繰り返しますが石油が富をもたらす以前から大変豊かな国々だといえます。

中東諸国で国王の治めている国はオマーン、アラブ首長国連邦、ヨルダン、バーレーン、モロッコ、クウェート、カタール、サウジアラビアなどです。

 

 

サウジアラビアは、アラビア語による国名は「サウード家によるアラビアの王国」を意味しています。世界一の原油埋蔵量を持つ国であり、石油(原油)をアメリカをはじめ世界中に多く輸出しています。絶対君主制で要職は王族が独占し、ギネス世界記録には王族の数が世界最大と記載されています。一夫多妻制で、原則的に女性と男性は完全に区別されていて、女性による自動車の運転は禁止だったり、公共の場所では特徴的なアバヤ(ベール)、ヒジャーブ(スカーフ)、ニカーブ(顔のベール)の着用が義務です。男尊女卑が定められているなど、女性はあらゆることに対して「男性保護者」の許可が必要となっています。世界で唯一、女性が自動車を運転することが禁止されている国です。

 

 

今回の国王来日は、世界最大級の産油国トップだけに規格外の豪華外遊となりそうです。サルマン国王は来日に先立ち、マレーシア、インドネシア、ブルネイを歴訪していますが、英BBC放送は、移動式エレベーターを含む459トンもの貨物をインドネシアに運び込んだと報じています。

 

 

 


日本政府関係者は「アラブ諸国は直前まで何人が来るのか分からない」と言っています。日本への空の足は、最大40機の飛行機となる見通しで、日本国内移動のために400台以上の車両確保も進められています。ハイヤー業界関係者は「指定されるのはベンツやBMW、レクサスなどの高級車。関東だけでは足りないので、東海地方のハイヤーも探さざるを得ない」とうれしい悲鳴。王様ご一行は、4日間でいったいどれだけのお金を落として行ってくれるのでしょうね~♪

(キュレーター:SILVIA)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

お出かけカテゴリの最新記事