【吃驚仰天】スマホを見ているあなたへ…大きな代償

【吃驚仰天】スマホを見ているあなたへ…大きな代償

 今、日本では梅毒の流行が続いています。一般的な感染症の流行は、ある程度の期間でおさまることがほとんどです。しかし、梅毒については、減る気配どころか、増え続けるいっぽうなのです。そして以前は、同性間での流行が中心でしたが、今は異性間の男性や、20代の女性の中でも急増しています。梅毒は、昔の病気ではありません。それどころか、若い世代を中心とした、身近な性感染症となってきています。

 

20161014-00010000-yomidr-000-10-view

 

治療しても…また感染

 今、日本では梅毒が流行しています。同性間だけでなく、異性間でも増加。特に20代女性での増加が顕著です。梅毒は、性器だけではありません。オーラルセックスでは 咽頭に感染します。アナルセックスで直腸にも感染します。梅毒は、何回でも感染します。梅毒の初期症状は局所の潰瘍など。ふつうは痛みがないことも多く、自然に良くなってしまいます。梅毒は、自分も感染に気づかないまま、他の人にも感染させていきます。ほとんど症状なく経過しますそして、気づかずに病気は進行します。

 

 進行すると合併症を起こします。眼、脳、心臓などに障害が出ます。失明することもあります。認知症のような症状も起こします。妊婦の感染は先天性梅毒の原因となります。早期に診断して治療すれば治せます。よく知られている抗菌薬で治せるのです。特に、性感染症を扱っている診療所、感染症診療を行っている病院は、経験も多く、安心して治療を受けられます。検査は一般病院や診療所でも受けられます。梅毒の検査を行っている保健所もあります。繰り返します……。今、梅毒が流行しています。梅毒の多くは、症状がありません。検査してみなければ、わからないのです。スマホを見ているあなたへ不安があるなら、ぜひ検査してください。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161014-00010000-yomidr-sctch

_____________________

女性の感染がこの1年で2倍に 梅毒は「昔の病気」じゃない

 「自分は大丈夫」きっとほとんどの人がこう思っているのではないでしょうか。厚生労働省の「性感染症報告数」によれば、「梅毒」の女性感染者数は2015年には377人だったのが、翌2016年には763人と1年で約2倍に増加。さらに5年前と比べると約5倍に増加しています。なかでも、20〜24歳、25〜29歳の女性が圧倒的に多く、報告数も1年前に比べ2倍以上増加しているのです。性感染症は、婚前のセックスが当たり前で、女性向けサイト「Rucora(ルコラ)」が2016年3月に読者を対象にして行った調査によると、「現在、性病の不安がある」と答えた人は全体の79%。また、「性病にかかったことがある」と答えた人は33%に上りました。

 

20161014-00010000-yomidr-001-10-view

 

男性とのセックスが原因の8割

 総感染者数は男性が女性をはるかに上回ります。2015年の男性の患者数は1934人で前年よりも約1.5倍増加。患者数が多いのは25〜29歳ですが、20〜44歳まで目立った偏りはありません。東京都の報告書によれば、2008〜2014年において男性の感染原因でもっとも多かったのは「同性間の性的接触」で、多い時で全体の60%。しかしながら2015年には「同性間の性的接触」と「異性間での性的接触」はどちらも40%程度に変化しています。女性はどうかというと、圧倒的に「異性間の性的接触」が多く、全体の80%を占めます。おそらく、2015年の男性の感染原因で「異性間の性的接触」が急増したのは、女性の「異性間の性的接触」での感染が増えた影響でしょう。

 

他にもいろんな性病が増えている

 それは、「感染に気がつかない」ことが原因の一つのようです。「梅毒」は感染から発症まで3〜6週間の潜伏期間があり、また初期症状がわかりにくいことから、気づかないまま他人に感染させている可能性が高いのです。厚生労働省が注意喚起をしている性感染症には、「性器クラミジア」「淋病」「性器ヘルペス」があります。特に性器クラミジアは女性でもっとも患者が多い性感染症。2005年頃に女性患者数は2万人を切り、その後減少傾向にありますが、2015年の患者数は1万2780人。一番も患者数が多い年代が20〜24代となっています。こちらも梅毒同様、特に女性は症状が出にくく「いつ感染したのかわからない」ことがよくあると言われています。

引用元http://wotopi.jp/archives/40576

______________________

梅毒の感染を防ぐには?

 性器と性器、性器と肛門(アナルセックス)、性器と口の接触(オーラルセックス)や、口と口(キス)の際、感染部位と粘膜や皮膚が直接接触することが原因です。梅毒の感染を予防するには感染部位と粘膜や皮膚が直接接触しないように、コンドームを使用することが大切です。ただし、コンドームを使用した場合でも、覆われていない皮膚の部分に感染が生じる可能性があり、100%感染を防げるわけではありません。

 

梅毒の検査はパートナーと一緒に

 梅毒の症状は、感染してから3週目頃から出始めます。陰部や足の付け根のしこり、湿疹といった梅毒が疑われる症状が現れたら、すぐに医療機関を受診しましょう。梅毒は、感染しても症状が出ないことがあります。感染の心配があるときは、無症状でも検査を受けておくことをお勧めします。梅毒の診断は問診血液検査によって比較的簡単に行えます。問診では、以下のようなことを医師に伝えてください。

  • 感染の可能性がある時期
  • コンドームを使用していたかどうか

自分に梅毒が疑われる症状が出ているということは、パートナーにも感染の可能性があります。できるだけ、パートナーと一緒に検査や治療を進めるようにすると良いでしょう。

引用元https://www.ishamachi.com/?p=15135

______________________

「自分は大丈夫」きっとほとんどの人がこう思っているのではないでしょうか。ここに大きな問題があるように思われます。

国立感染症研究所の調査によれば、特に若い女性に患者が集中している傾向があるようだと言われています。特に妊婦が感染したり梅毒患者が妊娠すると、流産や死産のリスクも高くなるそうです。予防法は厚労省では「コンドームを適切に使用して、症状が出たら早期に治療してほしい」と呼びかけています。

皮膚や粘膜にいつもと違う点があれば、性的な接触は控え、早めに医師に相談をお勧めします。

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事