「さつまいもが10トン余っています!」

「さつまいもが10トン余っています!」

以前、職場の近くのパン屋さんで、夕方買いに行くとお店のマスターが安納芋の焼き芋をご馳走してくれました。初めて食べる感触は蜜がたっぷり!なんともいえない美味しさ!今日もお店の前を通ってみたけれど、シャッターが下りたまま、とても気になっていますがドアをノックする勇気もないままお店を後にしました。

 

パソコンを開いたら―――無農薬のさつまいもが10トン余って困っています……!!の記事がネットで拡散されてました。それは、ツイートからブランドいもへの注文が約1600件も殺到し、約3~4時間で受付締切となった神田大浦農場(埼玉県)の一件が話題になっています。

 

 

【爆発的に支持・拡散されたツイートとは】

 

 

 

話題の主はねっとりとした食感と強い甘みで知られる安納紅。神田大浦農場で3年間かけて開発し、無農薬で栽培している「栗安納芋」です。焼きいもを冷凍した商品「冷やし栗安納芋」は、アイスのような食感が楽しめるのだそうです。

 

それは、2016年秋の収穫分が10トンも余っていました。2015年は20トンも収穫していたのですが、契約していた企業が2016年初夏に突然閉鎖してしまい、多くを肥料として廃棄することに。今回は畑の面積を半分にしたのですが、栽培方法を改善してみたところ今度は16トンも実ってしまったそうです。

 

農家では仲間の1人が知り合いにTwitterで宣伝してもらうことに。知り合いはてっきり取引先が閉鎖したのは今回の出来事だと勘違いしたまま、2月9日に以下のようなツイートをしました。

 

 

【拡散希望ツイート文を紹介】

 

 

「【拡散希望】友達の知り合いの埼玉の農家さん、無農薬のさつまいも(栗安納芋)が10t余ってしまって困っています…!! 料亭等に卸す用のとても甘くて美味しいお芋ですが、取引先が潰れてしまい大量にお芋が余ってしまう事態になってしまったそう…。夏にはダメになってしまうので、それまでに誰かのお腹に入って欲しい…!」

 

「値段は栗安納芋4キロに干し芋1袋がついて、送料と代引き手数料込みで3500円。芋だけの注文も5キロ2500円(送料手数料別)~受付けてるみたいなので電話で聞いてみて下さい。お願い!食べて!!」

 

しかし予想をはるかに上回る勢いで拡散され、最終的に3、4時間で3万5000回以上ものリツイートされました。注文の携帯電話の番号も添えてあったため、農作業中の大浦さんに殺到して、合間をぬって対応していましたが、ついには電池も切れてしまいました。

 

なんと、Web担当者があわてて注文フォームがあることをTwitterに書き込みましたが、注文メールのスマホが鳴りっぱなしに。去年の6月から一度も入っていなかった注文が、この3、4時間で数秒に1件ペースで入ってくるという想像もしなかった事態に。

 

喜び以上に、現場では多くの人に迷惑をかけてしまうのではと焦りに包まれ、約1650件で注文を締め切りました。注文フォームの不備によって多くの人の住所が分からなかったため、一人ひとりに発送できるよう、10日以上経った現在も対応を続けているそうです。

 

いくつか不手際があり、一部疑うメールも来たとのこと。「伝言ゲームのようにやり取りしたため話がうまく伝わっていませんでした。誤解した方々だけでなく、発信主さんにまでご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした」と担当者は謝罪していました。

 

 

あたたかいメッセージ

 

 

注文のほとんどは、「農業高校出身なので苦労がわかります」「発送大変でしょうから直接買いにいきましょうか」「手伝いに行きましょうか」などあたたかいメッセージを添えたものだったそうです。

 

Twitterによって農場の状況が知れ渡り、応援の声が多く来たこと。農家の2人も「人間ってあたたかいなと本当に思いました。こんなに世の中にいい人が多いなんて」と、Twitterアカウントで農場の大浦さんが感謝の気持ちをつづった文章も公式サイトで公開中です。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000063-it_nlab-sci

 

 

【安納芋とは】

 

 

 

安納芋は種子島の特産として知られるさつまいもですが、今は各地でも栽培されています。傷つきやすく、蜜が漏れやすいお芋です。水分が多く粘質性で、焼くとまるでクリームのように ネットリとした食感になります。また、生の状態で16度前後と非常に糖度が高く、時間をかけ て焼く事により糖度が40度前後にもなる芋として人気が高まっています。

 

安納芋の旬は

一般的には9月頃から12月にかけて収穫されます。美味しくなるのは収穫後2~3週間経ってからなので、旬は10月中旬から1月と言えます。それ以降も、定温管理されたものが市場には出回ります。

 

 

 


 

 

最近、ネットでの拡散力の凄さを感じます。時々、誰々さんのSNSで発信した言葉が炎上したと話題になることもしばしば・・・大きな社会問題に発展することも。今回のように賞味期限が限られているものなど、ネットを上手く活用することによって多くの人に知れ渡り一気に完売となるケースもあります。困っている人の力になりたい!というユーザーの気持ちが大きな反響を呼んだ今回の投稿は殺伐とした世の中で心温まる思いがします。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

アイディアカテゴリの最新記事