小太りVS痩せ型、長生きはどっち?

小太りVS痩せ型、長生きはどっち?

以前の疫学研究ではBMIの数値が25前後の人が一番長生きだと言われていましたね。最近の研究ではどちらに軍配が上がっているのでしょうか?そして、それを維持してゆくためのエイジングケアとは・・・興味深い記事を見つけましたのでご紹介しますね。

 

 

小太りと痩せ形、長生きはどちら?

 

 

軽肥満と判定されるBMI(体型を評価する指標:体重÷身長の2乗)25前後の少しぽっちゃりしている人の方が長生きだという定説がありましたが、最新の疫学研究では痩せ形に軍配が上がっています。2017年1月17日の英科学誌『Nature Communications』には、米国の2つの研究チームによる「カロリー制限はやはり長寿に効果がある」という研究結果が発表されました。

 

 

1980年代後半からアカゲザルで、好きなだけ食べさせる集団と、摂取カロリー量を制限して3割減らした集団で生存年数などを比較した結果、カロリー制限をしたグループのほうが、がんの発生率が15%ほど低く、糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、遅く発症することが分かりました。

 

 

また、米国ワシントン大学などの研究結果でも2016年12月の『British Journal of Medicine』には、心血管病やがんによる早期死亡リスクが最も低いのは、BMIが18.5~22.4の痩せ形と発表されています。女性の永遠のテーマの美容と健康のためにも、カロリーコントロールで適正体重をキープすることが、長生きの秘訣と言えそうですね。

 

 

女性にとって「いつまでも若々しく」ありたいと願うことは、永遠のテーマのようです。「アンチエイジング」は日本語で言えば「抗老化」あるいは、「抗加齢化」というそうです。加齢による心身の衰えに対抗して、いつまでも若さを保っていたいという意味だそうです。ここではアンチエイジングの中でも注目されがちな肌やボディといった視点でみてみたいと思います。

 

 

座ってばかりいると早く老ける

 

 

オフィスで働く働き女子に衝撃!

 

米国カリフォルニア大学の研究で、1日10時間以上座っている高齢女性は、1日40分未満の中程度~活発な身体活動をする女性と比較して、8年も早く細胞が老化していることが明らかになったと驚きの結果が2017年1月18日付の『American Journal of Epidemiology』に掲載されました。

 

 

座っている時間(座位時間)とテロメアの長さの関係が大きいそうです。テロメアは細胞分裂のたびに少しずつ短くなることから,加齢とともに劣化して短くなるほか、肥満や喫煙、乱れた生活習慣、運動不足などでも短くなり、糖尿病、心臓病、がんなどを引き起こし、寿命を縮めてしまうことが知られています。

 

 

今回の研究では、高齢になっても1日30分以上の運動を毎日行い、活発に生活することで、テロメアの劣化や短縮を防いで、細胞老化を遅らせることが分かりました。実年齢より若く見え、肌のハリやキメがきれいな人は細胞レベルで若く、テロメアも実年齢よりも長いと言われています。

 

 

テロミアとは?

 

染色体の末端には細胞分裂のたびに少しずつ短くなる部分があり、“テロメア”と呼ばれています。これは、DNA(遺伝子)の末端に「キャップ」をすることでDNAを傷害から守る役目を果たしています。テロメアは赤ちゃんの時が一番長く、加齢と共に短くなっていきます。

 

 

嫌々運動すると運動効果が低下

 

びっくりです。「運動が苦手だけど仕方ないから始めようかな……」と思ったあなたは要注意です。気乗りしないのに、スポーツクラブで運動したり、無理やり走ったりすると、せっかく運動したのに、健康効果が低下してしまうというデータが2016年8月の『Journal of Behavioral Medicine』で発表されました。せっかく運動するのなら、楽しくリラックスして心理的なコンディションを整えるこが、健康効果を高めるために重要だと言われています。

 

 

心の持ちようで、体は若返る!

 

 

カロリー制限、成長ホルモンなど若返りにいろいろな説が出ていますが、最近では、「心の持ちよう」がエイジングケアや病的老化に重要であることが指摘されています。米国エール大学の研究により、潜在意識の中で「元気」「創造的」など老いに対するポジティブなイメージが生まれ、老いに対するネガティブな感情が軽くなることが2014年10月の『Psychological Science』で発表されました。

 

 

日常会話の中でも否定的な言葉を少なくすれば、ネガティブな意識が改善されるそうです。「もう年だから……」など頻繁にネガティブワードを口に出してしまうと、本当に心まで老け込んでしまいます。忙しい毎日の中、運動や食生活はなかなか改善しにくいかもしれませんが、「心の持ちよう」で人生に前向きな言葉を発するのは心掛け次第です。ポジティブな言葉のパワーで若々しくキレイになりましょう!

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00001615-nallabout-life&p=1

 

 

 


 

 

私は小太りの女性が長生きすると思っていました。なので超お痩せさんだった私は、薄命かなって一人悩んだことも・・・でも今は痩せている時に比べたら10キロも増しています。もうこれ以上太ってしまったら洋服も全部着れなくなってしまう恐怖と生活習慣病が狙っているような怖さがあります。真剣に痩せる努力とアンチエイジングで肌の張りやしわなどやテロメアの細胞分裂を阻止しないと・・・そんなことを考えさせられました。今日から歩くことにします(*’▽’)

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事