【セクハラ】批判CM「25歳からは女の子じゃない」を資生堂中止へ

 資生堂は2016年10月7日、化粧品ブランド「インテグレート」のCMに対し「女性差別」「セクハラ」との批判がネット上に出ていたことを受け、同CMのテレビ放映を終了することを決定した。 CMのテレビ放映が始まったのは10月1日。広報担当者は取材に対し、「こちらが本来意図していたメッセージが、視聴者へ十分に伝わらなかった」などと説明。テレビ放映の終了に併せて、資生堂公式サイトに掲載されていたCM動画も削除するとしている。

■「意図していたメッセージが伝わらなかった」

 

yjimage-4

 

9月21日に発売されたインテグレートの新商品をPRするもの。女優の小松菜奈さん、森星(ひかり)さん、夏帆さんの3人を起用し、「25歳の女性」をテーマにした「大人のかわいらしさ」を目指す女性をストーリー仕立てで描く内容だった。

 「今日からあんたは女の子じゃない」
   「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」
   「カワイイという武器はもはやこの手には、ない」

といった言葉を浴びせる場面がある。その後、こうした同性からの厳しい意見に触発された女性が、「なんか、燃えてきた…」と決意する様子が映し出される。こうした内容のCMに対し、ツイッターでは「広告で何の疑問もなく女性差別をするって何考えてるんだ」「えっなんでまだこの価値観???  今昭和??? 」といった批判が女性ネットユーザーを中心に相次いだ。

公式サイトCM動画も削除へ

 さらに、10月1日にウェブ公開された第2弾のCMにも批判が殺到。その内容は、疲れた様子で仕事に打ち込むナナ(小松さん)に対し、男性上司が、「(頑張っている様子が)顔に出ているうちは、プロじゃない」と指摘するという展開だ。これに対しても、「オンナ脅しのセクハラCM」「女は仕事ができても疲れた顔してるとダメなんだ」といった指摘がネット上で相次いでいた。

 こうした批判を受け、資生堂は10月7日にCMのテレビ放映の終了を決定。同社広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「大人の女性になるために試行錯誤している女性を前向きに応援するという、こちらが意図していたメッセージが視聴者に十分に伝わらなかった点などを総合的に判断した結果となります」 一方で、CMの内容を好意的に捉える意見も寄せられていたという。実際、ツイッターやネット掲示板には、「久々にいいCM見た」「なにが問題なの?」といった声も目立っていた。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000008-jct-soci

______________________

上司のセクハラ言動や価値観に迎合している ルミネの「働く女性応援CM」に批判、謝罪に追い込まれる

 

 第1話では男性上司とのやりとりが展開される。ある日の朝、上司は出社中のヨシノさんを見るなり「なんか顔疲れてんなぁ、残業?」と聞く。「いや…普通に寝ましたけど」と答えると「寝てそれ?あっははは」と失礼な一言。ヨシノさんは表情を曇らせる。上司は「だーいじょぶだよ、ヨシノとは『需要』が違うんだから」と「フォロー」してみせる。動画ではここで丁寧に「需要」という言葉について「求められること。この場合、『単なる仕事仲間』であり『職場の華』ではないという揶揄」との説明が入る。無神経な上司だが、ヨシノさんは腹を立てることなく「最近、サボってた?」と自問。そこで「変わりたい?変わらなきゃ」というルミネのメッセージが打ち出され、動画は終了する。

 

   同時に公開された第2話は第1話の続編となっている。舞台は居酒屋で、後輩とおぼしき男性社員とのやりとりが展開される。先の同僚女子が男性陣にチヤホヤされているのを横目に見ているヨシノさんは、この男性社員に声をかけられ、「歴史好き」という共通の趣味で意気投合。すると男性社員は「歴史が好きな人って美人が多いってほんとですね…」とつぶやき、ヨシノさんは褒められ慣れていないのか慌てて自虐トークを炸裂させる、というものだった。最後には第1話と同じ「変わりたい?変わらなきゃ」のメッセージが流れる。

 

  公開後は共感する声も出ていたが、まもなくして第1話の内容が物議を醸すこととなった。主人公が上司のセクハラ的な言動や価値観に迎合しようとしているように見え、ルミネもそれを「変わらなきゃ」と後押ししているように受け取れる…といった理由から批判が集中したのだ。「どう見ても女性を応援というよりバカにしてんだろ。ここまで人を不快にさせるCM、待てがかからなかったのかな」「この度は、弊社の動画においてご不快に思われる表現がありましたことを深くお詫び申し上げます。今後はこのようなことのないよう、十分に注意してまいります」

 

引用元http://www.j-cast.com/2015/03/20230965.html?p=all

______________________

「美しいひとには、免疫がある」 資生堂「意味深」コピーへの意外な反響

 「免疫」とは具体的に何を指すのか。「『美しいひとには、免疫がある』理由」と題したサイト内のコラムで、ビューティー・ディレクターの麻生綾さんは「NK(ナチュラルキラー)細胞に代表される、体をウイルスや細菌から守る免疫システムが、『楽しい気持ち』で活発になる」「免疫システムは当然肌にもあって、もれなく作用し、ちょっとやそっとのストレスやトラブルに負けない、強い肌を育んでくれる」と分析「。しかし『免疫』についての説明があるかと思ったら全く説明なし」「狙いがよく分からない」。と不満の声が相次いだ。

ちなみに、容姿と免疫力の関係性は研究で「否定」されている。13年5月、英国王立協会の専門誌「バイオロジー・レターズ」に掲載されたフィンランド・トゥルク大学の研究発表によると、女性の容姿は出産能力と強い相関関係を示した一方、免疫力の高さとの相関関係は示さなかったという。

引用元http://www.j-cast.com/2016/09/29279254.html?p=all

______________________

CMのテレビ放映が始まったのは10月1日。広報担当者は取材に対し、「こちらが本来意図していたメッセージが、視聴者へ十分に伝わらなかった」などと説明しています。じつは、「大人のかわいらしさ」を目指す女性をストーリー仕立てで描く内容だったそうです。
でも、「広告で何の疑問もなく女性差別をするって何考えてるんだ」「えっなんでまだこの価値観???  今昭和??? 」といった批判が女性ネットユーザーを中心に相次いだのを受けて、会社は「大人の女性になるために試行錯誤している女性を前向きに応援するという、メッセージが視聴者に十分に伝わらなかったと判断したようです。

こうした批判を受け、資生堂は10月7日にCMのテレビ放映の終了を決定したそうです。

(キュレーター:remon)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェック!