退職金「一時金」と「年金」どちらがトクか?

退職金「一時金」と「年金」どちらがトクか?

最近女性も定年退職まで勤め上げる方も増えています。子育てしながら会社ではしっかりと職務を遂行する姿勢は、男性も女性も変わらない世界のようにも思えます。この季節になると、退職金の受け取りは「一時金」と「年金」どちらがトクかの問題がクローズアップされています。

 

 

サラリーマンの退職金の受け取り方法

 

 

 

受け取り方法は、「一時金のみ」「一時金+一部を年金」「すべて年金」などパターンがあります。これらのパターンを選択できるかどうかは勤務先により異なるそうです。

 

 

「年金」を選択すると、退職金原資が受け取り期間中も引き続き運用されるため、運用率は1~2%程度のようですが企業によって違います。マイナス金利政策の状況下では、銀行の定期預金に比べてはるかに魅力的に映るため、「年金」で受け取りたい人が増えているようです。

 

 

勤続38年で退職金2000万円をすべて一時金で受け取る場合

 

手取り額は2000万円となる。退職金一時金の課税方法は、勤続年数に応じた「退職所得控除」が適用になるため他の所得と分けて税金計算をするので、納税者に有利な計算方法だそうです。所得税・住民税はかからず、額面=手取りとなり、勤続38年だと退職所得控除が2060万円になります。

 

 

運用率2%の「10年確定年金」選択した場合

 

60歳から69歳までの年金額は約221万円です。10年間の受け取り総額は約2210万円なるので、「一時金」よりも「年金」のほうがおトクに見えます。大多数の退職者は「60歳で2000万円を一時金で受け取っても、自分で2%の運用はできないので、年金受け取りがトク」と判断する人が多いようです。

 

 

しかし、時勢柄「自分で2%の運用はできない」と考える方が正しいようです。退職金の「年金受け取り」は雑所得として給与や公的年金と合算して課税されるため、所得税・住民税はや国民健康保険料や介護保険料も全部アップするので、必ずしも「年金」がトクとも言い切れないようです。

 

 

「全額一時金受け取り」の 手取りが最も多くなる

 

 

 

退職金2000万円、年金受け取りを選択した場合の運用率は2%、60~64歳は再雇用で働き年収は350万円、65歳から公的年金220万円の受給の試算(東京23区在住の場合)

 

試算A(60~69歳の10年間の全収入比較)

 

試算Aは「全額一時金」、「全額10年確定年金」、「一時金と10年確定年金を半々」の3パターンについて。手取り収入で見ると1位は「全額一時金受け取り」です。額面収入では、2%の運用の効果もあり「全額年金受け取り」が最も多くなりますが、年金受け取りをした場合の手取り収入を押し下げているのは、税金と社会保険料が加わるからだそうです。

 

 

退職金を全額一時金で受け取ると(ケースA-1)

 

60代前半は給与のみ、65歳以降は公的年金のみの収入となる。税金と社会保険料の負担は、それぞれ年68万円と年23万円。

 

 

退職金2000万円を全額年金受け取り(10年確定年金)(ケースA-2)

 

税金と社会保険料の負担は、60代前半が年89万円、後半は70万円とはね上がり、「逆転現象」が起こるそです。確かに再雇用で働く60代前半に退職年金を受け取ると、所得税の税率が高くなるため、税負担は多少重たくなります。60代前半の働いている間は社会保険に加入しているので、退職年金を受け取っても社会保険料負担には変化はないそうです。手取り収入を押し下げている大きな要因は、完全リタイアした後に加入する国民健康保険と介護保険の保険料負担でだそうです。

 

 

2000万円を「一時金」と「10年確定年金」に半分ずつ(ケースA-3)

 

手取り収入は、「全額年金受け取り」よりも多いですが、それでも「全額一時金受け取り」にはかなわない結果だそうです。年金受け取り期間を長くしても 税金と社会保険料の負担は重いそうです。

 

 

重要ポイント

 

 

お勧めは「全額一時金」受け取り、 年金額が増えるほど税金と社会保険料の負担が重くなり、「一時金」のほうが有利になる傾向にあるそうです。特国民健康保険料と介護保険料は将来的にも保険料アップは避けられないようです。こうした事情を考慮すると、お勧めは「一時金」受け取りだそです。

 

 

一時金には注意点があります。浮かれて大きな出費をしないことです。70歳以降にお金が不足しないよう60歳以降の収支予測を立てることが大切だそうです。「退職金運用病」の「何か増えるものに預けないと、せっかくのお金がもったいない」と考えるようですがマイナス金利政策の状況下で安全に増える金融商品はないそうです。

 

 

落とし穴は、銀行や保険会社が「円建て」のものを売っても儲からないから、「外貨建て」を売っているという「売り手の事情」を知っておいてほしいそうです。今回の試算では、2000万円を一時金受け取りして、その後運用をまったくしなかったとしても「全額一時金受け取り」が最も有利になったことを、頭の片隅に置いておいていただきたいそうです。

引用元https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00121992-diamond-bus_all&p=1

 

 

 


 

 

人生の大半を捧げた会社の退職金の運用は、みなさん色々な思いがあるようですね。私の知り合いは、親から大学卒業後、他のビジネスの学校に行く学費として出して貰ったと言っています。最近の傾向では60歳で退職しても65歳までは働きたい人が増えていると聞きます。年金の運用率が下がってきている現状では、一時金の方が有利なようですね~私達の頃は貰えないかも・・・

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ビジネスカテゴリの最新記事