エリカさま➡沢尻エリカへNHKでMC初挑戦「ほんとに私でいいの?」

エリカさま➡沢尻エリカへNHKでMC初挑戦「ほんとに私でいいの?」

女優の沢尻エリカが9月28日、東京・渋谷のNHKで行われた番組「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」の会見に出席。沢尻が番組MCを担当すると発表され、MC初挑戦への意気込みを語った。

ダイアナ妃の事故死、ベルリンの壁崩壊、ビートルズ来日など、人々が固唾をのんで見守った事件に焦点を当て、残された映像や写真などから出来事の“知られざる物語”を浮き彫りにするドキュメンタリー番組。
沢尻は前MCの真木よう子に代わり、10月12日放送の「スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ」から登場し、NHK番組に初めてレギュラー出演する。

 %e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%ab%ef%bc%91

収録を終えた直後の沢尻は、「初めて尽くしです。ドキュメンタリーは大好きで、ナレーションやナビゲーターをいつかやってみたいと思っていました」とニッコリ。「芝居しているときとはまったく別世界。声だけで伝えることは新鮮なことで、難しいですが、楽しみながらやれています」と充実の面持ち。

「芝居とはまた違うフィールドで、自分の成長につなげられる、新しいステージとして挑戦しています」と真摯に語り、「皆さんに見てほしいです」とまっすぐな眼差しで呼びかけた。

また、かつて「別に」発言で話題をさらった沢尻だが、報道陣の「自身の運命の分岐点は?」との質問には身をよじって大笑い。「いろいろありましたねえ」とほほ笑みながら、「芸能界に入ったことが運命の分岐点かなと思いますね」と答えた。

さらに久保健一プロデューサーは、起用理由を「最大の理由は、タフな女性が欲しかったということに尽きます」と説明。続けて「歴史的事件の当事者には、絶頂もどん底も味わった人が登場します。ナビゲートする人にも、相応の強さが必要。

波乱万丈な人生にも負けないタフさを持つ沢尻さんが、真っ先に頭に浮かびました」と詳述すると、沢尻は「気持ち的にはタフですが、忙しくなると体にじんま疹が出てくる。体は正直ですね」と話していた。

「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」は、毎週水曜午後9時からNHK BSプレミアムで放送。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000019-eiga-movi

_________________________

24時間TVドラマで再評価 沢尻エリカの魅力とは?

8月27日に放送された24時間テレビ内のスペシャルドラマ『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』でヒロイン・真弓役を演じ、大きな感動を与えた沢尻エリカ。なにかとスキャンダラスなイメージがついて回っていた沢尻だが、最近は色眼鏡なしで女優としての力量を評価される機会も多い。そんな彼女の魅力について改めて考えたい。

%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%ab%ef%bc%92

2012年、映画『ヘルタースケルター』で女優活動再開。美しく幸せになりたいという欲望を持った主人公が整形手術を繰り返し人気モデルに上りつめるも、破滅へと向かっていく様を描いている。この役に体当たりの熱演を見せた。蜷川実花監督が「現場での彼女は(役柄の)りりこそのもの」と言わせたほど、役柄が憑依していた。

2014年には“マウンティング”が流行語となったドラマ『ファースト・クラス』に主演。ファッション雑誌、ファッション業界を舞台に、当時まだ根強くあったスキャンダラスな匂いを生かすような、野心に満ちたキャラクターを演じた。

今夏サントリー「ほろよい」のCMでも新バージョンが始まった当初から、ネットでは特に女性から「可愛い」と大評判となった。 そしてドラマ『盲目のヨシノリ先生』では、加藤シゲアキ演じる網膜剥離を発症し失明してしまった夫を、時に叱咤激励しながら献身的に支える役どころ。放送中からネットではその演技力を賞賛する声が続々と集まった。

「清純系から悪女まで演じるカメレオンぶりが本当に素晴らしい!」「沢尻エリカさんて演技しているとき、よく『この女優さん、誰だっけ?』と思う。『沢尻エリカ』が消えるというか…」という声もあるように、「沢尻エリカ」としては強い存在感を放っているのにも関わらず、役を演じると役柄によってさまざまな顔を見せる。

タイプ的に大竹しのぶを思わせるような役柄憑依型の大女優になっていくことに期待したいと思う一方、こちらの思いや想像をいい意味で裏切りあっと驚かせてくれることもまた期待してしまう。そんな唯一無二な存在の女優だ。

引用元http://news.livedoor.com/article/detail/11973082/

_________________________

お騒がせな「エリカ様」こと沢尻エリカさんは本当はどんな性格?

小学6年生から芸能界で活躍していた沢尻エリカさんの性格が気になりますね。

さばさばした性格

沢尻エリカさんは自分の性格について「さばさばした性格」だと語っていました。
また、沢尻エリカさんを知る人も沢尻エリカさんを「さばさばした性格」と言っているので、沢尻エリカさんは天然でぶりっこ・・・ということはなさそうです。

キツい性格

沢尻エリカさんは自分のことを「人より性格が悪い」と以前バラエティ番組で告白していました。
その上で「すごい性格がキツイからなんでもバっと言ってしまう」とも言っていました。
きっと沢尻エリカさんは自分が思ったことを素直に言ってしまう性格なんでしょうね。

冷めやすい性格

沢尻エリカさんはどうやら自分の性格を「熱しやすく、冷めやすい、そして飽きっぽい性格」とも分析しています。
でも熱しやすく冷めやすい性格の人というのは割と多いですよね。

引用元http://topicks.jp/90385

_________________________

24時間テレビ内のドラマで、ヒロインを演じた
沢尻エリカが再評価されている。

演技に「何も言えなくなるくらい素晴らしくて」
などと多数の称賛の声が寄せられた。

性格が悪いイメージが強い沢尻エリカさん。
以前はイメージ通り、傲慢で周囲を困惑させる
事が多かったようですが、今は精神的にも大人
になって、ずいぶん性格に変化があったように
感じる。

きっと、いろんなものを乗り越え、自分を見つ
めなおしたのでしょう。

自分に正直な性格の沢尻エリカさんの魅力、
これからが本番なのかも知れませんね。

長く活躍し続けてもらいたですね。

(remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

芸能カテゴリの最新記事