恵方巻き丸かぶりの謎とき!

恵方巻き丸かぶりの謎とき!

節分といえば「鬼は外!福は内!」と言いながらの豆まきを思い出しますが、お正月が終わると絶対に目にする恵方巻きを、知らない人はいないのではないかと思うくらい、良く知られたお寿司ですね。今ではコビニやデパート、スーパーでは、目玉商品として売られています。何かと謎の多い恵方巻きについてレポートします。

 

恵方巻きのルーツは関西 、そして由来は!

 

恵方巻きは、江戸時代から明治時代にかけての大阪の花街で商人や、芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り、食べたようです。名前も恵方巻きという名前ではなく、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれることが多かったようです。恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる」と七福神にあやかり、7種類の具が入った太巻きが望ましいとされています。

 

 

どうして一本丸かじりするの?

それは、一本丸ごと食べる事で幸福や、商売繁盛の運を一気にいただく、ということを意味している事が大きいようです。福を巻き込むことから巻き寿司。縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけません。巻き寿司を鬼の金棒に見立て、それを退治する意味もあるそうです。

 

 

恵方巻きが全国で広く食べられるようになったのはいつ?

1989年に、セブンイレブンが広島で恵方巻きの販売開始しました。翌年より販売エリアが広がり、95年には関西以西の地区、98年には全国エリアで販売するようになりました。売り出す際に、「恵方巻き」と名前をつけ、販売を始めたというのが強い説です。その後、あっという間に恵方巻きは全国に広がり、コンビニエンスチェーンのみでなく、デパートやスーパーマーケットでも必ずと言って見られる食品になりました。

 

 

2017年の恵方は北北西やや北

 

%e6%81%b5%e6%96%b9%e5%b7%bb

 

1:太巻きをひとりにつき1本準備する

福を巻き込むことから巻き寿司。縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけません。

 

2:恵方を向く

恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神のいる方角で、その方角に向かって事を丸かぶりすれば吉とされています。2017年の恵方は、北北西やや北(32方位でいうと北微西やや西)です。

 

3:願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる

しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで口をきいてはいけません。一気に恵方巻きを一本をまるごと食べる事で年の幸運をぜひ手に入れたいですね。さらに、目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあります。家族揃って同じ方向を向き、黙々と食べる光景はなかなかお茶目です。

 

 

節分に落花生を撒くって、有りですか? 

 

fsr_mh6ebcjbkm31483729122_1483729146

 

落花生を撒くってとても合理的

北海道、東北、信越地方では当たり前の落花生による豆を撒きます。大豆の場合、撒いた豆と食べる豆とは別という場合がほとんどなのですが、落花生の場合、撒くものと食べるものが一緒なのです。殻付きですから中身はきれい、大きいから拾うのも簡単、小さなお子さんでもそこそこ安心。とても合理的なシステムです。

 

いつ・どこで・なぜ落花生を撒くようになったのか?

北海道、東北、信越地方ではもはや節分の風習として定着し、スーパーでも落花生が並ぶのが当たり前だそうですが、伝統的な大豆から落花生に変化したのは「昭和30年代、北海道から」だそうです。「雪の中でも落花生なら拾いやすい」「食べ物が粗末にならない」「大豆は夏の豆だが、落花生は秋冬の豆。カロリーも高いので寒い地域で好まれる」などの理由から落花生を撒くようになり、それが雪の多い東北や信越地方にも広がっていったようです。

 

温暖な鹿児島県や宮崎県でも落花生を使う方が多いのは、「鹿児島に落花生の産地があるから」という説が有力です。また、「掃除しやすい」「無駄にならない」「小さい子がいるから大豆より安心」などの理由で落花生を用いる家庭も全国的に広がっています。

 

 

 


 

 

我が家では恵方巻を食べる風習は無かったけれど、いつの頃からか落花生を撒く様になりました。関西では伝統行事として恵方巻きに親しんでいる方が多いと聞いています。現代のその理由のひとつが、家庭行事を仕切る主婦のハートをつかんでいるそうです。太巻き1本を丸かじりするので立派な食事になります。主婦にとっては嬉しい限りです。豆を撒いて掃除する手間を考えれば合理的な感じがします。節分の行事として積極的に取り入れたくなる気持ちにも頷けます。

(キュレーター:remon)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事