野菜の食べ方、体にいいのは生野菜?それとも温野菜?

野菜の食べ方、体にいいのは生野菜?それとも温野菜?

野菜を食べるのは体に良いことだという認識は広まっていますが、野菜によって適した料理の仕方って違いますよね。煮てみたり焼いてみたり、はたまた生の方がいいのか…効率よく栄養を摂取できるのはいったいどんな方法なのでしょうか。

 

どっちが体に良い食べ方なの?

 

生野菜と温野菜にはそれぞれにメリットデメリットがあり、生野菜はビタミンなどが破壊されず摂取できますが、かさが多くなってしまい中々たくさん食べることができません。一方温野菜は加熱でかさは減り量は食べられますが、ビタミン・酵素が破壊されてしまいます。ですので、どちらが良いということではなく、メインのおかずとの相性や体調によって温野菜、生野菜を選ぶのが良いそうです。

 

野菜によって「生向き」「加熱向き」があり、生食に向いているのは【トマト・きゅうり・レタス・セロリ】です。カットした時点からビタミンが壊れていくので、できるだけ食べる直前にカットすることがおすすめです。加熱に向いているのは【ブロッコリー・なす・ほうれん草・チンゲン菜・レンコン・とうもろこし・イモ類】などでキノコも温野菜と一緒に料理すると美味しいですね。

 

加熱方法でも、ゆでる方法だと栄養素が流れてしまうので、あまりおすすめできません。「煮る、焼く、蒸す、揚げる」など他の方法で調理するのが良さそうです。そして生で食べるときの味付け方法も、ドレッシング等を上からかけるのではなく小皿に出して、付けて食べると塩分や脂分の採り過ぎを防げます。

 

引用元:https://goo.gl/r7nq66

 

 

「ベジブロス」で老化を防ぐ

 

べジブロスとは、英語でいうダシの「ブロス」を合わせた造語ですが、普段なら捨ててしまう野菜の皮や種などに含まれる「ファイトケミカル」を余すところなく摂取できるので体に良いと、今注目されています。「ファイトケミカル」とは野菜の色や苦み成分の事で抗酸化作用があるといわれていて、熱を加えることで細胞壁が壊れて栄養素がとりやすくなります。

 

一方でビタミンCなど加熱で壊れてしまう栄養素は生野菜から摂取することも必要です。べジブロスの作り方は、好きな野菜のくずを水で煮込むだけととても簡単。ニンジンや大根の皮、玉ねぎの皮なんかも使えます。スープにしたり、カレーにしたり、アボガドの種なども水溶性食物繊維がとれたりとお茶にしてもいいですよね。

 

引用元:https://goo.gl/1x3VLh

 

 

野菜や果物についた農薬の落とし方

 

残留農薬がある野菜や果物の中で特に多いのは、葉物の「ほうれん草・小松菜・春菊・菜の花・青梗菜・にら・クレソン」やハウス栽培の「きゅうり・トマト」そしてピーマン・海外産のかぼちゃ、セロリ、パセリ、しそ、などがあるそうです。輸入物の果物の他にも小麦、お米等もあるようです。

 

<農薬を落とす方法>

1:重曹水をつくりスプレーし、5~10分したら洗い流す。

(水1カップ、蒸留ホワイトビネガー1カップ、重曹大さじグレープフルーツもしくはレモン汁20滴)

 

2:重曹水であらう。

(ボウルに重曹小さじ2をいれ水で溶かす。20秒~30秒たったら引き上げる)

 

3:塩水や酢水につけ流水に30秒さらす。

(塩水は1%・酢水は、酢1:水2)

 

引用元:https://goo.gl/XUs32Z

 

 

 


野菜の調理法はそれぞれにあった方法で上手にとることが大切なんですね。大事な栄養以外にも農薬はできるだけ体に入れないように知恵は絞りたいものです。農薬をとれば味もまた違うだろうしできるだけ新鮮でおいしい野菜を食べたいですね。
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

アイディアカテゴリの最新記事