ラーメン二郎、客への怒りって?

ラーメン二郎、客への怒りって?

みなさん、ラーメンは好きですか?以前お友達からラーメン二郎は、麺の独特の弾力や野菜がたっぷりのっていてラーメン好きにはたまらない味だと聞いています。そんな宮城県仙台市のラーメン二郎仙台店がツイートした客への苦情に対し、ネットで賛否の声が上がっています。ラーメン二郎といえば、麺と野菜の大盛りが魅力で、ジロリアンとも呼ばれる熱狂的なファンを持つ人気のラーメン店だそうです。

 

 

【暗い話題】

 

 

大は多いので初めての方は小でと再三お願いしたのにいいから大全部マシでと注文したお客様がいました。金を払えば何してもいいと言う勘違いした態度には驚きました。そのお客様は半分以上残した後笑いながら「食えるわけねーよ」とクソ野郎三連コンボのお客様がいらしたので帰り際に人生初の「2度と来ないでくださいね~」が自然と口から出て驚いてしまいました。と投稿が話題になっています。

 

 

そのツイートに対して、「店が注意したのを再三無視しておいて半分以上も残されたらそりゃキレるよ」「金払っていれば何してもいいとか考える残念な脳みそをお持ちの方いるんだ」といった賛成の声が上がった一方で、お客あってのお店って事を再度確認して「接客業なんだからお客様の文句いちいち言うな」など、否定の声もあがっています。

 

 

また、フードエンターテイナーとして知られるフォーリンデブはっしーもこの騒動に言及しており、Twitterで「いろいろなことを言われて大変かと思いますが、お店はまったく悪くないと思います。そのお客さんはマナーなさすぎです。僕は仙台二郎の味が好きすぎて、以前に東京から3週連続でうかがったこともありました。これからも素晴らしい一杯を楽しみにしています!」

 

 

ラーメン二郎

 

 

 

創業は、「ラーメン次郎」の名前で1968年(昭和43年)東京都目黒区の都立大学近くに開店しました。店主の山田拓美は和食料理人で、ラーメンについては全く知識がなかったので、中華料理店で修業をして1970年代前半港区三田・三田通りのにて営業を再開しました。ペンキ屋が新店舗の看板の「次郎」を間違えて「二郎」と書いてしまったことから、以降はそのまま「ラーメン二郎」で通っています。提供するラーメンのボリュームと味付け、山田拓美の人柄が学生に受けたことから店は繁盛しました。

 

 

1980年代や1990年代にも書籍に取り上げられている。1986年4月発売の山本益博『東京味のグランプリ〈1986〉』1986年発売の『週刊少年マガジン』50号掲載の『ミスター味っ子』「焦がしネギの風味」慶應大学出身者である作者の寺沢大介が「ラーメンの帝王」というフレーズを使った紹介文を添えています。1996年4月20日発売の弘兼憲史『島耕作の優雅な1日』など多数の書籍で紹介されています。

 

 

ラーメン二郎では基本的に、二種類で普通のラーメンのことを小(しょう)、大盛りラーメンのことを大(だい)と呼んでいます。また、小と言っても一般的なラーメンに比べると小で普通のラーメンの特盛かそれ以上、大で普通のラーメンの大盛り2杯分相当と量が多いです。なお、店舗によってはミニ、プチなど、小よりも量を抑えたメニューもあるそうです。基本的に「ニンニク」と「ヤサイ」「アブラ」「カラメ」の4つのトッピングが無料で可能だそうです。

 

 

ラーメン二郎へのコメント

 

 

一部紹介

●「店にも客を選ぶ権利はある」

●「店が客を選んでいるという意見もあるようだがこの場合は店が正しい、何度もアドバイスしているのに聞かず半分以上残すなんてそんな奴は外食するな」

●「そこが、魂を傾けて作れば作るほど、そういう気持ちになるのはわかる。最後はマナーだよなあ」

●「客を選ばないと店はおかしくなる。当たり前だけど、客は神ではない」

●「本来は店と客は対等の立場なのにね。客の方が上だと思っている人が多すぎる・・・」

●「マナーというものがあるからこそ、お客様第一って考えになるんじゃないかな。マナーを知らん奴は論外でしょ」

●「そのお客さんは食べ物を粗末にしちゃいけねないって教わらなかったのかな」

●「お客様は神様、なんてのは昔の話。悪質な人は店側も避けたいと思うだろうね」

●「客がお店を選べるようにお店だって客を選ぶ権利はある」

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010006-abema-soci

 

 

 


 

 

ラーメン二郎は一度は食べてみたいお店です。太麺と野菜がたっぷりのっていると聞いただけでも満足度がアップします。私の知り合いはSNSでよく写真をアップしていました。いいね!やコメントも頂いていたようです。私の地元では学生も多いので沢山ラーメン店が軒を連ねています。みなさんお味には厳しく、美味しくないと客足が遠のき何れ消えてしまします。ラーメンは日本の文化です。お客様がしっかりと根付いているお店は、驕ることなくいつも謙虚な気持ちで取り組んでいることの証だと思います。みなさん美味しいラーメンに乾杯!

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

グルメカテゴリの最新記事