不倫が増加?プレミアムフライデー

 

みなさんやご家族はどのように過ごしましたか?3月31日の第2回目プレミアムフライデーは、東京は雨がパラついていたこともあってか、百貨店や飲み屋街は人影がまばらでした。調査会社によると、初回の2月24日に通常より早く帰れた人は3.7%にとどまったそうです。なかなか盛り上がる気配もなく、現時点で消費にはほとんど結びついていないようですが、不倫の増加に拍車が掛かるのではないかと、とんでもない見方が出ています。

 

 

プレミアムフライデーを “活用” する?

 

「プレミアムフライデーを導入した企業はまだ多くありません。ただ、これから徐々に増え始めると、不倫が爆発的に増えるでしょう。浮気の多くは職場不倫だったり、スケベな男性が“隙間時間”を使い、SNSや出会い系アプリで遊び相手を見つけることから始まります。今までは残業など時間的制約があり、未婚女性と知り合う機会がなかった既婚男性たちが、早く退社した時間を “活用” して、遊ぶ女性を探し始めることは容易に想像がつきます。」と見るのは、男女問題の専門家、行政書士の露木幸彦氏です。

 

 

賑わい始めた出会い系イベント

 

プレミアムフライデーに合わせて“出会い系イベント”を仕掛ける業者も増えています。最近話題の出会い・婚活居酒屋の「相席屋」は男女とも参加料無料の17時から始まるイベントを開始。小田急も新宿駅を16時に出発する“婚活ツアー”を始めたそうです。

「独身限定のイベントに既婚者が潜り込んで “荒らす” ケースも頻発しています。多くの業者は免許証などで参加者の年齢や身分を確認しますが、本当に独身かは自己申告任せで厳しくチェックしたりしません。恐らく、プレミアムフライデー限定のイベントでも同じことが起こるでしょう。しかも、開始時間が早いため、酒量が増え、男女とも酔いつぶれる確率が上がる。終電まで時間に余裕があることもあり、即席の不倫カップルがたくさん誕生するかもしれません。」(前述・露木氏)

 

 

女性は旅行や自分磨きに使います

 

もっとも、オジサンが鼻の下を伸ばして “物色” したとしても、肩透かしを食らうだけ、との見方もあります。独身女性の生態に詳しい恋愛コラムニストの東香名子氏(33)は、「仕事に追われて時間が不足しがちな若い女性は、プレミアムフライデーが普及したら、旅行や自分磨きに時間を使うと思います。なので羽田から近い博多、大阪、台湾、韓国などの観光スポット、読書会やヨガサークルに出没する独身女性が増えるかもしれません。ただ、既婚男性が向上心の強い独身女性と親しくなるには、“酒の勢い” だけでは難しいでしょう。会話を成立させるだけの知識や経験が求められます。」

どうやらゆとり時間の活用は女性の方が何枚もうわ手。オジサンは早めに帰宅して、おとなしく家族サービスするのが無難なようですよ~ (^_^;)

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


プレミアムフライデーを不倫の時間に使うなんて、ドラマの見過ぎじゃないでしょうか?女性の方が建設的で前向きなんです。もっと何かを楽しむこととか、自分を磨くこととか、自己投資に長けているのが今どきの女性です。プレミアムフライデーで活用できる時間って、そういうことに使うのにちょうどいい時間ですね。定着するでしょうか?プレミアムフライデー。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!