消極的?無関心?妊活!「男性の本音」とは?

消極的?無関心?妊活!「男性の本音」とは?

世の男性陣は妊活に対してどのようなイメージを抱いているのでしょうか?2014年5月、お笑いトリオ森三中の大島美幸さんが「妊活休業」を宣言したのは記憶に新しいと思います。彼女の休業がきっかけとなり、「妊活」という言葉が世間に広く認知されたようです。最近では大島美幸さんのイメージもあり、妊活に対して明るく前向きなイメージを持っている方も増えているそうです。

 

 

妊活に対する一般男性の本音

 

 

世の男性陣は妊活に対してどのようなイメージを持っているのでしょう・・・「俺たち妊活部」の取材にあたって、一般男性からの話をご紹介します。

 

 「奥さんがやりたいっていうから…」とか、「お金を出せばいつか諦めると思っている」といった声が多く、妊活や不妊治療に対する知識が無いから、消極的・無関心という人が増えているのようです。もちろん、妊活に対して協力的な旦那さんもたくさんいらっしゃいますが、意外と無関心な人の方が目立っているようです。

 

 男性の場合、自ら子どもが欲しいというよりも、「奥さんが望んでいるから叶えてあげたい」と考える人が多いそうです。その反対に病院での採精(ブライダルチェック)が嫌になり、妊活をやめてしまう男性も多いと聞いてますが、「タイミング法※」が苦手という方が意外と多かったそうです。

 

 決められた日の行為がプレッシャーとなり、性交渉に失敗してしまうケースがあるように、男性側が“その気”にならないと妊活はうまくいかないそうです。

 

 

妊活夫婦が直面するリアル

 

 

 

不妊治療から何年経っても子どもができない夫婦の絆を再確認したケース

 

奥さんが「もし良かったら別れて欲しい。若い女性と再婚して、あなたの大好きな子どもを作った方がいいわよ」と切り出したそうです。この時旦那さんは、「そんな風に言ってくれる人だったら一生寄り添っていける」と改めて思いを強くしたそうです。

 

 

8年間で約3000万円の不妊治療を続けたが子どもができなかったケース

 

不妊治療って、真っ暗なトンネルの中をトボトボと歩いている感覚に近くて、子どもを授かれるかは分らないけれど、「これだけ時間と大金を費やしたのだから今更やめられない」気持ちになってしまうそうです。

 

 

妻が39歳の時に不妊治療を始めて、夫がクリニックに同行したケース

 

妻は夫が一緒にいるだけでも気が楽になるようです。院内は圧倒的に女性しかいなくて、不妊は夫婦で立ち向かうべき問題なのに、付き添いの男性がいないことに最初は違和感を覚えたそうです。この夫婦が通っていたクリニックは、患者に対してドライに接するところだったそうです。

 

優しく「今回は残念でしたね」なんて同情されるよりも、むしろ気が楽だそうです。もし周りに妊活や不妊治療に取り組んでいるご夫婦がいらしたら、「つらいね」とか「大変だね」とは言わず、黙って見守ってあげるのが一番だそうです。

 

 

「予算」と「やめどき」を決めることが大切

 

 

男性側も当事者意識をもって、妊活や不妊治療と向き合うべき

 

妊活は仲むつまじい夫婦が取り組んでいるイメージがありますが、逆に夫婦関係が悪化してしまうケース結構あるそうです。例えば、妊活や不妊治療の時から「お金だけ出しておけば良いだろう」という男性だと、子どもが生まれた後に「育児不参加」になりやすいそうです。最悪「妊活離婚」にもなりかねません。

 

 

夫婦へアドバイス

 

 

妊活の中で一番やってはいけないことが「一喜一憂」です。妊娠に至るまでにはA・B・C・Dのような段階が待ち構えています。それを越える度に喜んだり、悲しんだり、妊娠後も流産のリスクもあるので、心が持たないそうです。

 

妊活中はあまり感情的にならず、淡々と取り組むのが長続きさせるポイントだそうです。後悔をしないためにも、「予算」と「やめどき」を決めて、計画的に進めるのが良いそうです。越えなければならない数々の問題があり、子どもを授かるまでの道のりは想像以上に険しく、だからこそ、男性側も妊活に対して積極的な姿勢を見せ、強い当事者意識を持って取り組むべき妊活ではないでしょうか・・・

引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00010003-houdouk-life&p=1

 

 

 


 

 

妊活は、妻だけで出来る問題ではないので夫と二人で乗り越えなければならない大きな試練だと思います。職場でも妊活していたスタッフがいました。排卵日に病院に通院しながらの勤務です。彼女が休んでいる時間帯は他のスタッフがカバーしていました。何度も失敗の連続でしたが、何年後かに無事女児を出産しました。この時夫も一緒に頑張った証だと言っていたことが印象的でした。夫婦で掴む幸せをみた思いがします。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事