冬の朝!寒くて起きられない人に5つの方法

冬の朝!寒くて起きられない人に5つの方法

 

これから冬になり寒くとなると日中はそんなことないのに、朝起きるときだけなぜか体温が低く、冷えで目覚めが悪いことに悩んでいる方も多いと思います。そこで今回は簡単にできる「朝に体温を上げる5つの方法」を医師に解説をしていただきました。

 

 
 

体温が違う理由は、自律神経の交感神経と副交感神経の働きにあります。
交感神経の働きは交感神経は体を活発に動かすときに盛んに働く神経であり 交感神経が優位な時 基本的に人間の体温は上がることになります。

 

副交感神経の働き副交感神経は身体を休息させるときに働く神経であり 副交感神経が優位な時 人間の体温は下がることになります。自律神経の働きによって 交感神経が活発な起床中は体温が高く 副交感神経が優位にある就寝中は体温が低くなることになります。

 

体温を上げる方法1.「ストレッチをする」

 

効果
ストレッチをすることで目覚めがよくなること、内臓をしっかりあたためることができること、血液循環がよくなることによって代謝のアップを期待できます。

 

注意点
ある程度しっかり目が覚めてから行うこと、運動に慣れていない方は無理のない軽いものから始めるようにしましょう。

 

体温を上げる方法2.「朝風呂に入る」

 

効果
朝、お風呂に入ることはすっきりしてとても気持ちがよく、爽快な気持ちで一日をスタートできます。

 

注意点
起床直後は身体が脱水の状態にあることから、いきなりお風呂に入ってさらに発汗すると脱水になりやすくなる、熱いお湯につかることによって血圧が急上昇するといった危険性があるので注意しましょう。

 

体温を上げる方法3.「温かい飲み物を飲む」

 

効果
温かい飲み物を飲むことで、内臓を温め、活発に働かせる準備ができること、また、血液循環の改善が期待できることなどがあげられます。

 

特に朝に白湯をのむことをおすすめします。白湯はしっかり水分を補給することができる自然の飲み物であり、水を温めたものであることから、起き抜けの体にも優しいものと考えられます。

 

注意点 温かい飲み物といってもコーヒーなどを何杯も飲むことはカフェインの摂りすぎにつながりますし、甘い飲み物を何杯も飲むことも健康上はあまりすすめられません。

 

体温を上げる方法4.「朝ごはんをしっかり食べる」

 

就寝中飢餓状態にあった体に朝1番栄養を入れてあげることによって、体温が上がり代謝を上げることができます。また、便通にも良い効果が期待できます。

 

体温を上げる方法5.「朝の日光を浴びる」

 

朝の日光を浴びることは身体に現在が朝であることを教え、身体のリズムを整えるのに非常に役に立ちます。

引用元 冬の朝に寒くて起きられない人は必見!体温を上げる5つの方法

 


 

 

 

引用元 「寒くて起きられない……」つらい冬の朝に、スッキリと起きる方法を考えてみた

 


cqp3ka2l0me8ohl1476987119_1476989084

 

冬の朝の悩み、西~東日本は“部屋の寒さ”、東北は“雪かき”

oni7hd3zsvavrqp1476989271_1476989332
 
 
 
 
 

 
 
冬の朝は本当にお布団から出たくない!。
 
そう思われた人 沢山いらっしゃるのではないでしょうか?
私も冬の朝 毎日思ってしまう1人です。
 
そんな冬の朝にこんな方法はいかがでしょうか?
 
すぐそこまで来ている厳しい寒さに負けないよう
参考にしていただけらた嬉しいです。
 
( キュレーター : Rose )
 
 
 
 
 
 
 
 
 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

暮らしカテゴリの最新記事