犬猫の命の重さも変わらない。

「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている

1年間で751頭を殺処分した東京都。「ペットと共生する日本社会をつくる。2020年のオリンピック・パラリンピックという設定をした上で、東京都で、いい例を示せるようにしたい」と小池百合子知事は宣言した。

東京都は2014年度の1年間で、犬と猫を計1598頭収容し、751頭を殺処分した。これを2020年までにどうやってゼロにするのか。その鍵となるのが、すでに殺処分ゼロを達成している自治体の存在だ。

神奈川県動物保護センター(平塚市)は犬猫殺処分ゼロを達成した。このセンターは、横浜市や川崎市などを除く神奈川県の28市町村を管轄する。捨てられたり、道に迷ったりして捕獲された犬や猫が運び込まれ、引き取り手がなければ殺処分するのが役目だ。

しかし、2013年に犬の殺処分ゼロを達成し、翌年から犬猫両方の殺処分ゼロを続けている。今年もゼロの見込みだが、一体どうやって達成したのか。

「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている

それは5つの房に分かれた地下の飼養管理室

死を待つ場所で、猶予は5日間

「収容されたら、まず右端の房に入れました。1日経つごとに、房のフェンスを左に動かしていたんです。壁が動いて、自然と犬は追いやられ、隣の房に移動します。命の猶予は5日間。飼い主が現れないと、毎日フェンスが動いて、最後の房に行き着きます。そして翌日には、殺処分機に入らされたんです」

1972年に開設されたこのセンターでは、翌年には犬だけで年間2万頭以上が収容された。最後の房に大きさを問わず30頭もの犬が押し込められ、死を待ったという。

「ドリームボックス」と呼ばれる殺処分機

「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている

「ドリームボックス」と呼ばれる殺処分機に、数十匹の犬が押し込められると、二酸化炭素ガスが注入された。一枚の窓ガラスからは、もがき苦しむ犬が見えていたという。

「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている

かつては、何度も処分起動ボタンが押されていた

「ガスでの殺処分は導入当時、『画期的な最善の安楽死』と言われていたんですよ。でも、犬や猫は窒息して、残酷にもどの子も苦しみながら死んでいきました。子犬の中には、ガスが注入されてから15分経っても死なない子もいました。そういう子は、引っ張り出して筋弛緩剤を打ち、確実に殺したんです。安楽死とは到底言えませんよね」

「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている

15分間。息絶えるのを待つのに、設定された処分時間。いまも針は「15」を指し示していた。

「今でも『殺処分の瞬間が夢に出てきて、うなされて眠れない』と話す職員もいます。昔も犬や猫を心から殺したいと思う人なんていなかったはずです」

では、どうやって犬と猫の殺処分ゼロを達成したのか。

収容頭数の減少が、殺処分ゼロを成し遂げた大きな要因だという。

センターは、2006年度に計3877頭の犬と猫を収容していたが、年々その数は減少、昨年度は約4分の1の計1019頭になった。

「殺される犬や猫をゼロに」 東京五輪までに達成するための鍵は見つかっている

収容頭数は全国的にも減り、14年度には15万1000頭に。なんと、40年前のおよそ10分の1だ。

「犬猫ともに避妊・去勢手術や室内飼いが当たり前になってきて、不要に子供が生まれないのが影響しているはずです。さらに、ここは殺処分ゼロの施設だから、と大切なペットを持ってくる人も多いですが、動物愛護法が改正されて、飼い主が亡くなったなどの特別な場合を除いて引き取りを断っています。収容頭数をこちらで抑えられ、無責任な飼い主の飼育放棄を防ぐことができています」

岩屋さんの言う通り、2013年、動物愛護法改正により、飼い主の終生飼養が義務化された。全国にある動物保護センターや保健所は、正当な理由を持たない飼い主からの犬猫の引き取りを拒否できるようになった。

「施設に断られるようになっても、路上に捨てられる子が増えていないのが、数字にも表れているのはありがたいです。飼い主の意識やモラルが高まってきているのだと思います」

センターに収容された迷子や所有者不明の犬と猫の数は、13年度が886頭、14年度が942頭、15年度も910頭とほぼ横ばいで推移している。

収容数がゼロになろうとしているわけではないが、それでも、殺処分をせずに済んでいるのはなぜか。

実は、収容した犬猫の飼い主への返還、または引き取りを希望する人への譲渡率は全国的に右肩上がりだ。

全国の返還・譲渡率は、年々上昇しており、2014年度は50.2%だった。

神奈川県動物保護センターの犬の返還・譲渡率は、全国平均よりはるかに高い。13年度に98.8%になると、その後も90%以上を維持し、昨年度は94.4%だった。

これは新たな飼い主に譲渡してくれるボランティアさんの上に成り立っている。ボランティアとして登録されているのは、50以上の団体と個人だ。犬と猫が収容されると情報が届き、それぞれ連携して引き取りに訪れ、その後、引き取り手を探す。

3時間おきにミルクをあげなければいけない乳飲み猫に関しては、その日のうちに専門のボランティア団体が引き取り、大切に育てながら引き取り手を待つという。

「譲渡されるには、見た目も重要です。シャンプーやトリミングをしてくれるボランティアさんも10人以上登録してくれているんです。昨年からは、センターで譲渡会を定期的に開き、ボランティアさんが新たな飼い主に譲渡するのを手伝い始めさせてもらっています」

全国では、神奈川県をはじめ、広島市でも犬と猫の殺処分ゼロを実現している。東京都千代田区や川崎市、札幌市など、犬または猫だけを殺処分ゼロにしている自治体もある。

その成果は数字でもわかる。1974年、全国で122万頭もの犬と猫が殺処分され、殺処分率は97.7%だったが、右肩下がりに。2014年度には10万1000頭で、その殺処分率は67.2%。

この数字の中には病死やけがで自然死した数も含まれていて、また治療で救えないときのッ場合だけ

安楽死の処置をとっているという。

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160910-00010001-bfj-soci&p=1

_________________

犬の殺処分ゼロにチャレンジ!~ピースワンコ・ジャパン~

保護され新しい飼い主に出会える日を待っているワンコ

日本全国で年間4万頭もの犬が殺処分されているという現状をご存知でしょうか?
私たち特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンが運営する「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトでは、殺処分数ワースト1(2011年度)を記録した広島県で、殺処分ゼロを目指して活動しています。具体的には、殺処分直前の犬や捨て犬、迷い犬たちを保護し、ドッグトレーナーがしつけをし、新しい飼い主さんを探す取り組みをしています。この春には、広島市内のショッピングモールに保護犬の譲渡センター(常設)も開設しました。
また、保護した犬の何頭かを「災害救助犬」や「セラピー犬」に育成し、正しい飼い方や動物愛護の意識を広めるためのセミナーやイベントも開催しています。わんこたちの小さな命を繋ぐ活動にぜひご支援をよろしくお願いいたします。

ピースワンコ・ジャパンHP:http://peace-wanko.jp/
ピースワンコ・ジャパンfacebook:https://www.facebook.com/pwj.rescue.dog

寄付金の使いみち

皆さまからの貴重なご寄付は、新しい飼い主が見つかるまでの飼育費(ワクチン代、医療費、フード代他)、災害救助犬やセラピー犬の育成、正しい犬の飼い方や動物愛護の意識を広めるための活動に使わせていただきます。

【3000円で】保護した犬2頭に狂犬病予防ワクチンを接種できます
【10000円で】保護した犬1頭に狂犬病予防注射と混合ワクチンを接種できます
【15000円で】保護した犬3頭分のドッグフード約1か月分の支援になります

引用元:http://donation.yahoo.co.jp/detail/925009/

_________________

全国の犬猫殺処分

全国の犬猫殺処分について

大阪府 犬猫殺処分数 推移

毎年30万匹以上の命が消えている
野良犬イメージ 平成19年度の犬殺処分数は100,963匹、猫殺処分数は209,494匹、犬猫合計で310,457匹にのぼります。1日850匹、約100秒に1匹の犬や猫が殺されています。
どうして沢山の犬猫が殺処分されるのでしょうか?
野良犬や野良猫は繁殖を繰り返し、ペットとして飼っていた犬や猫は安易な理由で道端や公園に捨てられます。彼らの行く先は野良犬や野良猫として生きていければまだ救いはあるのかもしれませんが、たくさんの野良犬や野良猫は事故や病気で死んでしまい、また多くは人間の手により保健所へ連れて行かれ、数日間冷たい壁と床の部屋で抑留された後、殺処分されます。
犬の殺処分数は1974年から減少傾向にありますが、猫の殺処分数は横ばい傾向にあります。年間30万匹を超える殺処分数を減少させる為には、猫の殺処分数を減らすことが重要な課題となっています。

保健所の現状について

保健所イメージ
一部の自治体では、動物に苦痛や苦しみをできるだけ与えない方法で殺処分を行い、遺体を焼却していますが、ほとんどの自治体で行われている殺処分方法は二酸化炭素 (CO2) によるガス殺です。このCO2ガス殺は安楽死とは程遠い殺処分です。特に子犬や子猫は呼吸量が少なく、死に至る前に焼却されている可能性があります。このような最期を迎える犬や猫が毎年30万匹以上います。
定時定点回収

定時定点回収イメージ

一部の自治体では、ある決まった日時、決まった場所で、野良犬や野良猫、飼えなくなった犬や猫を粗大ゴミのように回収する定時定点回収を行っております。もちろん、回収された犬や猫は保健所に連れて行かれ、不幸な最期を迎えます。
焼却処分

焼却処分イメージ

ガス殺された犬や猫は、ガス室からそのまま機械的に焼却炉に落され焼却されます。子犬や子猫は息絶えないまま焼却される場合もあります。焼却された遺灰の多くは産業廃棄物として廃棄されてしまいます。また一部の自治体では、袋詰めされた遺灰を焼却所裏に何年も放置しています。
_________________
 40年以上も前から動物の殺傷があったとは・・・
動物愛護の法律が出来てからなのか特に最近は
捨てていったペットたちがどんな風に
どんな思いで殺されていくのかという
動画だったり、ニュースだったりで
世の中で取り上げられることが多くなりました。
実家でも犬を飼っているので
そんなニュースを見るたびに心が痛みます。
ペットは家族も同然でモノではありません。
どんな状況になろうとも終生見ていくことが
飼い主の責任と思っています。
それぞれが自覚をして責任を持ち
命の重さは皆変わらないということを
感じてほしいです。
(キュレーター:rikako)

最新情報をチェック!