【ノーベル賞やったね!】 大隅良典氏「この上なく名誉」

【ノーベル賞やったね!】 大隅良典氏「この上なく名誉」

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル医学生理学賞を、細胞が自分のタンパク質を分解してリサイクルする「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる仕組みを解明した大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)に授与すると発表した。

 細胞が正常な働きを保つための基礎的な仕組みで、異常があるとがんやアルツハイマー病など多くの病気につながるとされる。この仕組みを対象にした治療を研究することによって、今後の創薬にも役立つと期待される。日本オリジナルの研究が最高の栄誉に輝いた。大隅氏は「人がやらないことをやろうという思いから研究を始めた。単独受賞は驚きだ。大変光栄に思っている」と話した。

 

%ef%bc%92%e5%a4%a7%e9%9a%85%e8%89%af%e5%85%b8

 

 日本人のノーベル賞受賞は3年連続で25人目。医学生理学賞は昨年の大村智・北里大特別栄誉教授(81)に続く4人目。医学生理学賞の日本人単独受賞は1987年の利根川進氏以来。

 大隅氏は単細胞生物の酵母を使い実験。酵母を顕微鏡で観察中に、細胞内に膜ができ、不要なタンパク質を取り囲んで除去する現象を発見した。半世紀前にこのような仕組みの存在は提唱されていたが、実態は不明だった。 不要物の除去だけではなく、飢餓状態のときに自らのタンパク質を分解、再利用していることも突き止めた。さらに、オートファジーに関わるさまざまな遺伝子を見つけている。

 オートファジーは人を含む哺乳動物でも起きており、働きに異常があると細胞にごみがたまり、病気につながる。生命を維持する根本的な仕組みとされる。授賞理由では、細胞でのリサイクルについて新たな理解をもたらし、飢餓状態に適応するといった生理現象にオートファジーが重要だと突き止めたことを評価した。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万クローナ(約9500万円)が贈られる。(共同)

引用元http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/10/03/kiji/K20161003013470430.html?feature=related 

_________________________ 

オートファジーQ&A 細胞の健康な状態維持に重要な役割

大隅良典・東京工業大栄誉教授ノーベル医学生理学賞

 Q オートファジーって何?

 A ギリシャ語でオートは「自分」、ファジーは「食べる」の意味。細胞が健康な状態を維持していくのにとても重要な働きを果たしています。

 Q どんな仕組み?

 A 私たちの体は、絶えず新しい細胞に生まれ変わっています。その過程に関係しているのがオートファジーです。栄養状態が悪くなって細胞が飢餓状態に陥るようなことがあると自分自身のタンパク質を分解してエネルギーとして再利用し、新たな細胞を生み出しているのです。

 Q これが働かなくなるとどうなるの?

 A 細胞内のごみや老廃物を浄化したり、細胞内でつくられるタンパク質の品質管理などができなくなります。こうした異常が、がんや糖尿病、アルツハイマー病などの発症に関わっているとみられています。

 Q 老化にも関わりがあるの?

 A 動物の細胞内にあるミトコンドリアという器官は、生命活動に必要なエネルギーをつくっていて「細胞の発電所」と呼ばれます。その働きが低下すると老化が促進されると言われていますが、品質が落ちたミトコンドリアを狙い撃ちして除去するのもオートファジーの働きの一つです。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/10/04/kiji/K20161004013473550.html

______________________

「チーム大隅」人材の宝庫 哺乳類の研究でも成果

 大隅氏のもとからは、研究の裾野を広げる多くの人材が羽ばたいた。大阪大教授の吉森保さん(58)もその一人。1996年に東大から愛知県の基礎生物学研究所に移った大隅氏は、哺乳類の専門家である吉森さんを招いた。専門である酵母だけでなく哺乳類の研究も本格化させた「チーム大隅」は、目覚ましい成果を上げた。

 東大教授の水島昇さん(58)も加わり、人を含む哺乳類でオートファジーが起こる仕組みを解明した。独立した吉森さんは国立遺伝学研究所を経て、阪大教授に就任。この間、細胞内に侵入した病原菌を撃退するオートファジーの「免疫機能」を発見した。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/10/04/kiji/K20161004013473510.html?feature=related

______________________

ノーベル賞大隅さんの妻「家では変な人」素顔語る

 「家ではふざけるのが好きな、ちょっと変な人です」。ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大隅良典さん(71)の妻万里子さん(69)が3日夜、神奈川県大磯町の自宅で取材に応じ、夫の素顔を語った。

 家では妻が外していた眼鏡をどこかに隠すなど、おどけた一面があり「私がボケで夫が突っ込み。会話は漫才みたいなやりとりになる」と万里子さん。外では先生でも「家ではぐうたらな人」。お互い末っ子で性格が似ているためか、けんかをすることがないという。

 普段は研究に没頭し、興味があるのは、仕事に関することばかり。趣味は陶器の収集と、庭いじりをするぐらい。万里子さんは「おめでとう、お疲れさま。体が心配なので、授賞式には私も付いていかないといけないかな」と最高の栄誉を手にした夫をねぎらった。

 大隅さんは1996年~2009年、自然科学研究機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)に所属し、オートファジー(自食作用)の仕組みの研究を深めた。東大の大学院生時代から40年以上の付き合いがある山本正幸所長(69)は「不思議に思ったことを突き詰める姿勢が受賞につながった」とたたえた。(共同)

引用元http://www.nikkansports.com/general/news/1719401.html

______________________

大隅良典氏にノーベル医学生理学賞。

医学生理学賞の日本人単独受賞は、
1987年の利根川進氏以来だそうだ。

大隅氏は
「人がやらないことをやろうという思い
から研究を始めた。単独受賞は驚きだ。
大変光栄に思っている」と話している。

「オートファジー(自食作用)」と
呼ばれる仕組みを解明。
細胞内のリサイクリング機能の証明に
つながったそうだ。

研究者には「自分のやっていることを
面白いと思うことが重要だ」と助言し
「小さいことでも世界で初めてという
“わくわく”が科学の醍醐味(だいごみ)だ」
と説いている。

がんや神経変性疾患、加齢による病気など
を治療する医療への応用が期待される。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

社会カテゴリの最新記事