【住所を知らない】“ネットの友達”向け年賀状配送開始

【住所を知らない】“ネットの友達”向け年賀状配送開始

日本郵政グループは、ネットの友達の住所が分からなくても年賀状を送れるサービスを、11月1日よりスタートすると発表しました。

インターネットの発達やSNSの拡がりなどから、個人間の連絡が容易に取りやすくなった昨今ですが、そのため年賀状などのやりとりは減少傾向にあります。「年賀の挨拶をメールで済ませた」という方も、決して少なくありません。メールなどで済ませる大きな理由は、やはり手間の少なさが挙げられますが、SNSを介して知り合った友達などのケースでは、相手の住所が分からないため、送りたくとも送れないという事情もあります。

 

ですがこのたび、相手の住所がわからなくても、ネットで繋がっている友達に年賀状を送れるというユニークなサービスの実施が明らかとなりました。このサービスは事務局が間に立ち、送りたい相手に対して受け取り確認を実施。そこで受け取りOKの確認を取った上で、年賀状を配送するという流れになります。

 

20161005-00000018-isd-000-0-view

 

住所などの個人情報をネット上でやり取りするのは、やはり危険が付きまといます。そのため、今回のようなサービスを利用するのもひとつの手と言えるでしょう。ちなみに、自分の住所は書いても書かなくてもOK。ここも嬉しいポイントのひとつです。興味が湧いた方は、サービス開始となる11月1日以降に、詳細などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

■郵便局 住所が分からなくても送れるサービス
URL:http://yubin-nenga.jp/address/

Copyright (C) JAPAN POST Co.,Ltd. All Rights Reserved.

 

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161005-00000018-isd-game

_____________________

年賀状とは?

年賀状とは奈良時代よりある年始周りを起源に長く続く日本独自の習慣です。日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて、新年をお祝する言葉を用い昨年の感謝と新しい時も変わらないお付き合いを依願する挨拶状を贈ります。日本では昔から、新年を迎えると目上の人の所に出向きお祝いのご挨拶をする「年始の挨拶回り」という習慣がありました。遠く離れてしまいご挨拶を行えない遠方の人には年始回りの代わりとして、新年への思いを込めて賀状を書いて送りました。

 

明治時代に郵便制度が整い、郵便はがきが発行されると「はがきで年賀状を送る」という習慣が急速に広まっていき遠方の方のみならず近しい方へも新年に送る年賀状の文化として定着し今日まで続いています。近年はメールの普及に伴い、新年の挨拶をメールで済ませるという人も増える中、配達件数が激減してはいないという現状は、お正月に届く年賀状は日本人として特別な思いのある書状と位置づけられているからかもしれません。
年賀状を書くという事は、過去にお世話になった人、親しかった人との思い出に心をはせる瞬間でもあり、相手を思い自然と心通じる機会でもあります。

 

引用元http://nenga.cardbox.biz/blog/trivia/12/

_____________________

「ネット上のみでの知り合いにもハガキの年賀状を贈れるヨ」知ってる人は2割強

 

gn-20131128-02

 

数年前から需要の増加に伴い、安全面を確保した上で、「ネット上のみの知り合い」に対してもリアルな物品を贈れるサービスが増えている。特に年賀状は需要も大きいことから、ポータルサイトやソーシャルメディアが全面的に展開している事例もある。そこでこのような、「相手のリアルな住所を知らなくてもソーシャルメディア経由で友達や知人に年賀状(紙)を出せるサービスがあること」を知っているか否かを聞いたところ、知っていたのはわずか22.3%に過ぎなかった。利用経験はないが試してみたい人は、認知者の中では1/4強。女性は経験率そのものが低いこともあり、試してみたい人は多めとなっている。

 

興味深いのは男女とも「知っているけど利用経験はないし、今後も使おうとは思わない」という人がほぼ同率で6割程度となっていること。少なくとも現時点では、ネット上のつながりはネット上のみで、リアルとの関係・連動性は必要ないという認識が多数を占めていることになる。今後さらにソーシャルメディアの利用率が上昇し、幅広い世代に深く浸透するに連れ、この分野の需要がどのような変化を遂げていくのか。注意深く見守りたいところだ。

 

引用元http://www.garbagenews.net/archives/2113942.html

____________________

2017年の干支は酉ですよー

毎年この時期になると書店やコンビニなどで良く目に留めるようになるのが、年賀状の印刷サービスですね。またパソコン界隈でも年賀状印刷用のカラープリンタのセールスが始まり、季節感が街に彩を加えています。さらにこの数年はソーシャルメディアなどを介してネット上から直接相手にはがきの年賀状を贈るサービスも多数展開され、時代の流れを感じます。

一方で、年賀状そのものを出さない人も増えているとの話もよく聞きます。今回からネットの友達の住所が分からなくても年賀状を送れるユニークなサービスの実施が明らかとなりました。

(キュレーター:remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事