「ねこ検定」はじまりました!

 

空前の「猫ブーム」の中、第1回「ねこ検定」が3月26日に仙台、東京、大阪、名古屋、福岡の全国5会場で実施されました。受験者はなんと約4000人。東京会場(港区・東海大学キャンパス)では約2000人が受験したそうですよ!

 

 

「にゃんこ堂」 プロデュース 「ねこ検定」

 

猫本専門書店として有名な神田神保町の「にゃんこ堂」がプロデュースした 「ねこ検定」では、猫の生態や歴史、文化、猫が登場する文学や映画作品に至るまで、猫に関する幅広い知識が求められます。ペットとの共生住宅を提案する、一級建築士の清水満氏が監修した「ねこ検定公式ガイドBOOK」から出題されました。

緊張感が張り詰める検定会場では、試験監督のスタッフは「猫耳カチューシャ」を着けてなごませてくれていました(笑)。検定会場には小学生からシニア層まで幅広い世代が集まり、試験開始直前まで勉強する姿がみられ、自作の暗記帳をめくる人もおり、入試さながら。大の猫好きで知られる女優の川上麻衣子さんも参加されていました。この日は、初級と中級の検定が行われ、試験時間はそれぞれ1時間。マークシートの4択方式で、100問が出題されました。

 

 

試験問題はこんな感じ

 

初級では、猫を飼っている経験が役に立ちました。猫の生態や、漫画、小説などの分野も。たとえば、「猫の歯についての説明で正しいのはどれか?」という問題では、

猫は歯磨きをしないとフードが歯に付着し、歯石や歯垢(しこう)となるものの、虫歯にはなりにくいため、正解は ② の虫歯になりにくいでした。

 

また、「猫がトイレ以外で排泄する原因で間違っているのはどれ?」という問題では、

とあり、「全部正解じゃないの?」 と思う人もいたようですが、正解は ① の 「気に入らない人間への嫌がらせ」 が間違いなんだそうです。猫には 「嫌がらせ」 という感情はないとのことです。猫って性格いいんですね。

午後3時からの中級の試験では、初級と重なる問題も出たものの、「ゴッドファーザーPART1でマーロン・ブランドが膝に載せていた猫はどれか」(答え:撮影所にいた野良猫)など、ややマニアックな問題も。

 

 

第1回目を受験した感想は?

 

試験終了後は猫グッズの物販が行われ、会場ロビーは受験者たちの長蛇の列。ガイドブックの表紙を描いた くまくら珠美さん作の会場限定グッズは、あっという間に完売になっていたそうです。

初級と中級を受験した都内から受験の30代OLはおもしろそうな検定だと思って受験し「猫は大好き。猫の文化も知ることができ、勉強になりました」。埼玉から来て初級を受験した30代の女性は、「猫は大好きで5匹飼っています。「第1回」に受験するのは意義があると思いました。問題が多くて時間内に解くのが大変でした」と時間配分に苦労した様子。一方で、千葉から参加した30代の男性は「捨て猫を拾って8年育てています。もっと猫のことを知りたくて受験しました。初級は簡単で楽勝で30分で解き終わり、時間が余りました。きっと受かってます。中級も楽しみ」と、自信たっぷりの様子でした。

合格発表は5月。それまでドキドキですね。就職や昇進には役に立たないかもしれませんが、「猫愛」がますます深まるかもしれませんね。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


「ねこ検定」 の収益金の一部は、千代田区内で飼い主のいない猫のために活動するボランティアグループの 「一般社団法人ちよだニャンとなる会」 へ寄付され、猫の保護活動や猫の医療費に使われるそうです。初級4,600円、中級5,600円、初級・中級併願9,000円の一部は飼い主のいない猫のために有効活用されるのですね。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!