より快適、便利に 高速バス最新事情

より快適、便利に 高速バス最新事情

 一昔前と比べ、利用者数が倍増している高速バス。「安い」けど「狭い」「疲れる」といったイメージは、もはや過去の話かもしれません。その点についても、高速バスは一昔前とは大きく変化しており、スマホやプライバシーへの対応など、利用者のニーズとバス会社におけるサービス競争を背景に「進化」が続いています。

 


 

日本最長1100km14時間 東京~博多間の高速バス、長距離・長時間運行でも支持されるワケ

10-30-03

ひと晩がまんしても…それほど安くはないのに?

 14時間以上をかけて走る夜行の高速バスがあります。区間は東京~福岡(博多)間。その距離は、日本最長の約1100kmにおよびます。

 
たとえ長距離・長時間でも… 運賃だけでないメリット

 「夜行高速バス」といえば、広いとはいえない車内で「ひと晩がまんすれば、航空機や新幹線より大幅に安い」というイメージが強いかもしれません。しかし、「オリオンツアーバス」「はかた号」とも、それほど安くはなく、14時間以上もの長時間乗車では、ずっと寝ているわけにもいきません。どのような人が乗るのでしょうか。

 走行距離がおよそ1100kmにもなる東京~福岡間の高速バス利用者は、「運賃の安さ」以外にもメリットを見いだして、あえてバスを選んでいるといえます。まず、乗り換えや空港アクセスを気にする必要がない都心部直結という「利便性のよさ」。そしてとりわけ、「宿泊代を浮かせられる」点です。時間もお金も、有効に使うことができます。

「オリオンツアーバス」を運行する天領バスは、「ホテル代わりにされる方が多いです。翌日に東京で用事のある福岡の学生さんなどが、効率的に行動できることから利用される」といいます。利用者は、宿泊代を含めた旅費と時間とを考慮して、このバスを選択するのです。

10-30-10

浮いた宿泊代を別の方向性で生かす「はかた号」

 「はかた号」の設備は、1台に4席だけの個室「プレミアムシート」、本革張りの3列独立席「ビジネスシート」、そして最後尾の女性専用4列シートという、居住性に力を入れた構成。運行する西鉄によれば「価格競争ではなく、長い時間を過ごす安心さ、快適さで優位に立つ」目的があり、やや高い運賃も「宿泊代を考慮すれば低価格」(西鉄)といいます。

10-30-12

 つまり運賃が多少高額でも、宿泊代を考慮すれば決して高くはないという点に注目。ただ安さを追求するのではなく、浮いた宿泊代で「快適な移動」を得るという選択肢を提供しているのです。

 現在の「夜行高速バス」には、「ひと晩がまんすれば安い」以外に、「宿代を考えれば特に安くはないが快適」という選択肢があり、そのひとつの象徴が日本最長級の高速バス「はかた号」なのです。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00010004-norimono-bus_all

 


 

ますます注目を集める高速バス

10-30-06

日本全国各地を結ぶ高速バスが、再び脚光を浴びている

 今年、2016年の4月4日、JR新宿南口に国内最大級の高速バス専用バスターミナル「バスタ新宿」(正式名称は新宿南口交通ターミナル)が開業し、マスコミにも大きく取り上げられました。開業後、1日平均で約2万4000人が「バスタ新宿」発着の高速バスを利用。なかでもお盆期間中(8月11日~8月16日)は、累計で約22万人、1日平均では約3万6000人が使っています。

 1日に「バスタ新宿」を発着する高速バスの本数もオープン当初から増えており、約1200本だったものが、それを運営する新宿高速バスターミナルによると、2016年9月時点でおよそ1600本になっているそうです。

 旅番組や情報番組、はたまた雑誌や新聞などで高速バスが取り上げられる機会も、以前と比べるとかなり増えました。テレビに映し出される「バスタ新宿」、旅番組などで登場する高速バスや観光地を見て、それに乗り出かけよう、と思い立つ人も多いのではないでしょうか。

 近年、高速バスの利用者は実に多くなりました。利用目的も多岐にわたっており、観光やビジネス、帰省など、さまざまな目的で高速バスが利用されています。

 

高速バス利用増加の背景 都市の宿泊事情も起因

 年間で1億人以上が利用する高速バス、なぜそれまで多くの人に支持されているのでしょうか。

 最大の理由は、なんといっても「運賃の安さ」です。東京~大阪間の場合、東海道新幹線が片道1万4450円(「のぞみ」指定席、通常期)、飛行機(羽田~伊丹)が片道1万600円から1万5200円(ANA「特割1」、2016年10月1日から29日まで)であるのに対し、高速バスは最安1900円(2016年10月20日、「夜行バス比較なび」調べ)で移動できます。

 「進化している車内サービス」も挙げられます。需要の大きい東京~大阪間や東京~名古屋間では、バラエティに富んだ座席を選べるほか、各座席にコンセントが用意され、車内Wi-Fiでネットが使い放題の車両も。また、路線によっては女性専用車両や個室タイプの座席が選べるようになったことで、特に女性からの支持を受け利用者が増えたことも、高速バス人気を後押ししています。

 加えて近年は夜行列車の廃止が進み、定期運行されるのは現在、東京~高松・出雲市間の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」のみ。夜に出発し、寝ているあいだに目的地へ到着することで時間を有効に利用したい、という需要に応えられる公共交通機関として、高速バスの存在感が大きくなりました。

 また、一昨年あたりからは訪日外国人旅行者の急増を受けて全国主要都市のホテル代が高騰しており、予約も難しくなっていることから、無理して高いホテルを確保するより、しっかり眠れる設備の良いバスで移動したほうがおトクと考え、高速バスを利用する人も増えています。

 

高速バスはここまで進化した! 最新高速バス事情

10-30-07

 高速バスといえば、「安い」「狭い」「疲れる」と思いがちですが、最近はサービスの改善が進んでいます。

 現在、特に充実が図られているサービスは、座席コンセントとWi-Fiサービス、そして通路カーテンです。いずれも利用客からの要望に応えてのものですが、スマートフォンの普及とプライバシーを重視する昨今の時勢を反映しています。

 プライバシーを重視したい人に好評なのが、個室タイプの座席です。カーテンや簡易パーテーションで囲まれ、深くリクライニングできるシート、各種アメニティの提供など、そのサービスはまるでちょっとしたホテルのよう。運賃は多少高くはなりますが、路線によっては予約開始と同時に満席になるほどの人気があります。

10-30-11

 従来の3列シート車両も、「眠り」を追求した最新型シートや通路カーテン、コンセント、Wi-Fiサービスを続々と導入しているほか、一部のバス会社では天井の照明をプラネタリウム仕様にして夜の雰囲気を演出するなど、各社工夫を凝らしています。

 以上のように、「高速バス」イコール「安い」「狭い」「疲れる」は、もはや過去の話になっているのです。

 

引用元 http://trafficnews.jp/publicity/lcl20161022/

 


 

高速バス+カーシェアリングで地域活性化なるか 社会実験へ

10-30-04

 高速バスとカーシェアリングを連携させて地域活性化などの可能性を探る社会実験が、この秋から実施されます。

 今年3月から同省は、道路網を有効に活用しながら交通モード間の接続を強化する施策を検討しており、今回、その取り組みの一つとして、高速バスとカーシェアリングを組み合わせた社会実験が行われます。

 具体的には、高速バス停留所周辺の駐車場にカーシェアリングを配置。高速バス利用者はカーシェアリングの車両に乗り継いで、目的地までの交通手段として、また観光地を周遊する際の足などとして利用します。

 社会実験の期間は2017年10月までのおおむね1年間。募集の対象は中部地方管内に本社や支店、営業所などを有する高速バス事業者およびカーシェアリング事業者で構成するグループです。実験を通じて行動範囲拡大や利便性向上の効果、課題などについて検討が行われます。

 国土交通省によると、2011年に約7万人だったカーシェアリングの利用者数は、2015年には約85万人に増加。また、鉄道とカーシェアリングを組み合わせた利用も普及しているとしています。

引用元 http://trafficnews.jp/post/58822/

 


 

 交通の手段も多様化、進化しているようだ。 最近特に注目を集めているのが高速バス。この夏利用した際、ひと昔前と比較してかなり進化しているのに驚いた。長距離専用の車両で、狭いとはいえ快適な車両、設備、走行中の揺れの少なさの違い、運転手のアナウンスからマナーの良さもうかがい知れた。 金曜日の仕事帰りに家族と待ち合わせて出掛け、土日めいっぱい遊んで月曜の朝戻って来れた。USBも充電できるのでスマホも電池切れで困ることはなかった。 こんなに便利な高速バス。秋の旅行シーズンに活用してみてはいかがだろう。

≪キュレーター:SILVIA≫

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

お出かけカテゴリの最新記事