マインドフルネスでコントロール.

マインドフルネスでコントロール.

心理学でラク痩せ!食を我慢しないマインドフルネスダイエットとは

■ ■米ミズーリ大学の研究で判明した“やせる食べ方”とは

マインドフルネスとは、米国で広く知られている一種の瞑想(めいそう)です。もともとは日本の座禅からヒントを得ているもので、自分の身の回りで起きている一瞬一瞬の出来事に、深い関心を寄せる心の持ち方とのこと。簡単に言えば、極度に感覚を研ぎ澄まして向き合う“精神のエクササイズ”です。

■ ■まずは深呼吸から!やせる食べ方5ステップ

(1)食事の前に深呼吸を繰り返す。
(2)自分の空腹感に深く意識を向ける。
(3)食べ物をじっくりと眺めて、“本当に心底口にしたい食べ物か”どうかを自分の心に確かめる。
(4)食べ物を口に入れたら、目を閉じて舌触りや食感にしっかり神経を研ぎすませましょう。噛んだ時の音もしっかり聞いて下さい。こうやってゆっくりしっかりと食物をかみしめて、食べ物の味覚を五感で感じます。

(5)食事の半分まで来たら、おなかが満たされているかどうかを感じてみましょう。 満たされているようなら  無理に残りを食べないように。

これを繰り返せば時間もかかり、食べ過ぎる前に満腹感を得られ食べ過ぎを防げます。
引用元:http://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Venustap_1757057/
___________________

米国で熱く模索される「マインドフルネス・ビジネス」の可能性。有名企業への導入や科学研究も進む

%e7%9e%91%e6%83%b3

今日本でも注目を集める「マインドフルネス」。米国ではマサチューセッツ大学で効果の検証が進められ、GoogleやFacebookといった有名企業の研修などへの導入が進むなど、大きな盛り上がりを見せています。マインドフルネスとは何か?
それは、「マインド(心の注意)」が「フル(満たされている)状態」、つまりは心がどこかに拡散していなく、「自分の周りで起きている事象、すべての事柄に100パーセント集中している状態」です。
伝統的な仏教などの中で実践されてきた「瞑想」を、宗教性を排除したうえで「集中力やEQ、対ストレス性などの向上を目指すためのツール」として切り出し、現在では、代替医療の現場や教育、経営で使われるようになっています。
マインドフルネスが米国で広まったのは1960年代にカリフォルニアで禅道場ができてから。そこから多くのアメリカ人が禅を体験しアメリカへと広まっていきました。2000年に入るとITベンチャーで瞑想が行われストレスの軽減、集中力向上、組織内での人間関係円滑化等の効果があることも分かってきました。また最近では科学的にも証明されつつあり、マサチューセッツ大学医学部やスタンフォード大学でも研究教育が進められていて企業への導入も進んでいます。
このようにマインドフルネスは集中力をアップするためのツールとして考えられていますが米国ではすでに
「新しいビジネスとしての可能性」を模索する段階にまで来ています。

 

引用元:http://www.lifehacker.jp/2016/09/160914enmno.html

___________________

レーズンエクササイズって何? うつ病の心理療法「マインドフルネス」

うつ病治療の3本柱は、「環境調整」「薬物療法」「心理療法」。今回は、心理療法の一つ、認知行動療法として近年注目を集める、「マインドフルネス」。治療の最前線を紹介します。
%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%b3

 

マインドフルネスの代表的なセッションの一つが、「レーズンエクササイズ」。用意するのはレーズン1粒。レーズン以外にも小さくて香りや味があり、表面に凹凸があるようなもの(粒チョコ、小さめの梅干しなど)で代用してもOK。

 

「レーズンエクササイズは、見た目や匂い、触感、味、風味、のど越しなどを通じて、五感を研ぎ澄まそうとする練習法です。最初は五感に集中するのは難しいでしょうが、コツコツと続けていくことで、徐々に集中できてくると思います」

【レーズンエクササイズ】(概要)
1.レーズンを1粒用意する。苦手な場合、ない場合は小さくて香りや味がして表面に凹凸があるようなもの(粒チョコ、小さめの梅干しなど)で代用してもOK
2.親指と人さし指で挟み、押したり、見る角度を変えたりして、弾力や表面の形、色、光の反射具合、凹凸などをよく観察する
3.手のひらに置いて、転がすなどして動きや表面の様子などを観察する
4.親指と人さし指で挟み、ゆっくりと鼻に近づけながら、匂いの性質や強さなどを観察する。その後、ゆっくりと鼻から離しながら同じように観察する
5.ゆっくりと口に含む。噛まずに舌の上で転がす。表面の状態、風味などを観察する
6.ゆっくりと噛み、味や風味の広がりを観察する、噛みながらそれらの変化を観察する
7.ゆっくりとのみ込む。のどの奥から食道、胃へと移動していくことを感じる
___________________
今注目を浴びてる「マインドフルネス」
アメリカのモノかと思いきや日本の
「禅」から始まっているのだから驚きです。
禅をすることで心というより科学的に言うと
脳にも影響があったという事です。
恐るべし日本の文化。
全ては脳が作り出しているということが分かれば
それを自分が支配できればすべてが思い通り。
もうワクワクするしかないです!
それにしても日本にいながら、自分たちの
環境のすばらしさに気づいていないとは
もったいない!もっと日本の食や精神性も
素晴らしい宝が身近にありそうですね。
(キュレーター:rikako)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ニュースカテゴリの最新記事