ほんとですか?医療は男性中心で動いているって!

ほんとですか?医療は男性中心で動いているって!

 

小児科を受診すると毎回、体重を申告したり、医師から体重を確認されたりする。これは薬の量が体重によって決まるからで、特に子どもは日々成長し体重に大きな変化があるので、毎回確認される。大人も基本的に考え方は同じで、体重によって投薬量がコントロールされている。

 

ところが、どうしてか男女の性差で投薬量が変わることはない。こうした男女同じ投薬の仕方に疑問の声が上がっている。

 

男性と女性の違いは何か

 

男性と女性の違いというと真っ先に頭に浮かぶのが月経と妊娠だろう。生殖器の違い、筋肉量の違いといった体格差もはっきりしている。しかし、男女の差はそれだけではない。

 

例えば、女性の消化器系は男性よりもゆっくりと動く。胃で消化されたものが小腸の中を動くのに、女性は男性の2倍も時間がかかることが分かっている。

 

これは女性ホルモンのエストロゲンの影響によるものだ。女性が男性に比べてアルコールに酔いやすいのは、アルコールを分解する消化酵素の濃度の違いもあるが、消化器官に長くとどまっているからなのだ。

 

また、食べ物を分解する胆汁の動きも女性の方がゆっくりだ。こうしたことから、女性の方が胆石になるリスクが4倍も高いという。

 

医療は男性中心で動いている?

 

このように男女で体の働きが一部違う。病気のリスクも違う。しかし、そもそも世の中には男性と女性がほぼ同数存在している。

 

それならば、薬の開発や臨床試験なども当然のように雌雄、もしくは男女がほぼ同数集められ行われているに違いない 多くの人は勝手にそう思っていると思う。

 

しかし、残念ながら実際は違う。女性特有の病気でない限り、薬の開発や病気の治療法の研究は雄のマウスを使って、臨床試験は主に男性を対象に行われているのだ。

 

女性は月経などの影響でホルモンバランスが一定でないのに対し、男性は状態が安定しているから、そして、男性は妊娠しないから。これらがその理由だ。男性は実験や試験を中断する理由が女性に比べて少なく、“便利”なのだ。

 

女性には薬が効かない 副作用が多いことも

 

すでにお分かりだろう。要するに、女性に対しては男性の体を元に研究された薬を使って治療が行われているというのが実際のところなのだ。女性に投与したところ、男性に比べて効果が少ないと報告されている薬も存在している。

 

例えば、心臓や血管の病気の治療薬で使われる、血管を狭くする物質を作るACE阻害剤は、女性ではあまり効果を発揮せず、逆に多くの副作用を引き起こしてしまうことが分かった。

 

男女で治療方針に違いを

 

単に体重の違いで管理されてきた薬の処方だが、男女で病気の症状や薬の効き方に違いがあることから、男性と女性では治療の仕方を変えるべきだ、とイスラエルのラビン医療センターのマレク・グレザマン教授は指摘する。

 

遺伝子を解析していくことで、将来的には男女の性差だけでなく個人個人の体質に合わせた「オーダーメード医療」が実現できる可能性もある。

 

しかし、現状では、薬の効き方に性差があることを踏まえた上で、女性はもちろん男性でも、処方された薬が自分には効き目が強すぎたり、副作用が発生したりする場合には、自ら医師に伝え、自分に合った量に調節してもらう、こうした行動が必要ではないだろうか。

 

引用元 医療は男性中心で動いている?男性と女性で「薬の効果」に差があるのか

 


 

最終的には一人一人に最適な医療になる

 

性別によって薬の効果には違いがある

 

現在、年齢差のみを見ていた医療から男女差を見る医療になってきていますが、最終的には個人差を見る医療となり、一人一人に特別なプログラムを提供する医療と変化していき、最適な容量で副作用が無い薬が処方される時代になっていくことでしょう。

 

双子でない限り同じ遺伝子を持つ人はおらず一人一人全く違う性質を持ちます。

 

しかし、そのすべての情報は細胞の中のDNAに記録されているので解析は可能となっています。DNAを解析して、その人にあった治療方法を確立できるようになれば一人一人に合った治療法の完成となります。

 

医療技術は、今でもまだ発展途中であるといえる状態で、これからもっと良い技術が開発されていくはずですね。

 

引用元 性別によって薬の効果には違いがある!?これからの医療では処方は男女で変化するかも?!

 


 

医薬品に関して男性中心に作られている事を初めて知りました。研究の過程において男性の方がホルモンバランスなどの変動が無いく安定していると言う理由だと分かりましたが 女性として何となく寂しさを感じましたね^^;近い将来 男性 女性にそれぞれ性別に適した医薬品は処方される事を切に願います。

 

(キュレーター : Rose )

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

暮らしカテゴリの最新記事