「マジョマジョ、終わったな…」ってなにが?

「マジョマジョ、終わったな…」ってなにが?
 私の大好きな季節・・・春風を纏っているようなコマーシャルの女性達は、花びらのような、大きな瞳で印象的にほほ笑んでいます。なんと!資生堂のコスメブランド「マジョリカ マジョルカ」に失望の声が寄せられているそうです。
 
 
 
 
 

新「マジョリカ マジョルカ」

 

 

 

「マジョマジョ」は“終わって”しまったんですか?

 

いつもコマーシャルで話題になる資生堂のコスメブランド「マジョリカ マジョルカ」の新ビジュアルとキャッチコピー「私にもかかる魔法」に、「こんなのマジョマジョじゃない!」の失望の声が寄せられているそうです。資生堂では「ブランドのコアにある『まるで魔法がかかったように』のコンセプトは立ち上げ当初から変わっていません」とのこと。

 

これまでの魔法やおとぎ話のような世界観とは、少し印象が異なるような・・・今シーズンの公式サイトで公開している「魔法のピタゴラメーク」は、ひとりの少女が魔法の本と出会うところから始まるファンタジックなムービーだそうです。変わったのは、SNSをはじめとするツールの使い方で、お客様とのコミュニケーション・メッセージは時代に応じて変化しているそうです。

 

今回時代の背景から「私にもかかる魔法」のコピーとInstagramに掲載した写真は、Instagramを使用しているユーザーに共感してもらい、雰囲気にあったビジュアルとして展開したものだそうです。「ブランド自体の公式キービジュアル、コアのコンセプトイメージという意味ではない」と話しています。

 

「春は新たに手にとってくれるお客様も多く、Instagramを通したメッセージも新たな届け方へのチャレンジで、これまでご愛願いただいた方も含め、さまざまなご意見をいただいていることは認識しており、これからも試行錯誤していきたいと思います」とのコメントが公開されています。

 

 

Twitterでは多くの嘆きの声が話題に

 

 

一部紹介

●「マジョリカマジョルカ愛用層が求めてるのは、人間離れしたお人形さんめいた女の子がおとぎ話の世界に迷い込んだような世界観なのであって、いつかの冬季限定品の「凍らせてあげる、美しいままで」のようなコピーであって「私にもかかる魔法」なんてキャッチーで親近感あふれるキャッチコピーではない」

 

●「マジョマジョって値段はメイクビギナー向けで、でもビギナーには難しいような尖ったカラーや質感のアイテムもあって、それでもドキドキして買っちゃうような、気恥ずかしいほど煌めく詩的な色名やキャッチコピーがブランドカラーだったでしょ。等身大になんてしないで。嘘みたいなドキドキを返して」

 

●「マジョマジョ」が誕生したのは2003年。くすんだゴールドを基調にしたアンティーク風のパッケージや色鮮やかなシャドーやネイルに、当時中学生だった記者も「全部かわいい!」と大興奮したのを覚えています」

 

●「なんだこれは。安っぽいにも程がある。ゴシック風が売りだったのに」

 

●「おばちゃんだけど、若い頃から使いやすかったから使ってる。マスカラとか。あの不思議なかわいい雰囲気がよいのよね。変わらないでほしいわ」

 

●「親しみやすさを狙ってるつもりだろうけど、何か安っぽく感じるなぁ…。化粧品なんて山のようにある時代だから、あえてあのファンタジーな世界観で売ってく方が他との差別化ができて良かったのでは?」

 

●「最初はインテグレートもマジョマジョもすみわけで来ていたのに、今じゃおんなじ感じのブランドになっちゃったね。
ウキウキして資生堂の化粧品を選んでいた時代は終わった」

 

共に歩んだ女性の愛用した世代は今や20~30代です。時代の変化、ターゲット層のニーズの変化に合わせ、ブランドのコンセプトやイメージは変わっているのかも知れませんが、ちょっとさみしい感じもします。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00010001-bfj-life&p=1

 

 

「マジョリカ マジョルカ」のブランド コンセプト

 

 

まだ見たことのない、美しさを、女の子は、もうずっと、探し続けていました。「かわいくなりたい。でも、どうやって?」そんな時耳を澄まし、ぱっちりと目を見開いていたらそのときです。近づいてくる、美しい歌声が、「あなたはもう、持っているじゃない」と美の伝道師、マジョリカバードがあらわれて、女の子は知ったのです。かわいくなるためのすべては、すでに自分の内に詰まっていることを。

 

春風の季節、印象的な瞳のひみつは、ていねいにのばしたまつげ。明るくした上まぶたに、2秒かけてとかしあげたら、長い長いまつげが出現!自分だけの色に発色するリップで、この春にぴったりのピュアで甘いメーキャップが完成するストーリーの演出のようです。

 

 

 


 

 

資生堂は椿シリーズで一世を風靡したようなイメージです。超有名な美人女優ばかりを集めてプロヂュースしたコマーシャルは画面に釘付けとなりました。華やかな時を感じます。今回の春風の精のようなピンクのリップの女性は愛らしいイメージです。そのコンセプトが色々とTwitterで話題になっているようですね。みなさんの中では憧れだけでは、簡単に手にできない美意識の高さでいて欲しかったとのコメントも、なんとなく分かるような気がします。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事