メイドインジャパン『チョコレート物語』

メイドインジャパン『チョコレート物語』

今年ももうすぐやって来ますね。2月14日❤バレンタイデー。『メイドインジャパン・チョコ』は、いかがですか?メーカーの名前を見て、「あれ?外国のチョコレートだと思ってた。」と、思われる方もいらっしゃるかと思います。いえいえ、れっきとした我が国の誇る日本のメーカーです。

 

 

日本で初めてバレンタインチョコレートを発売した “モロゾフ”

 

2.3.3

 

1931年(昭和6年)、西洋文化の洗礼を受けた港町神戸で、お洒落でハイカラなチョコレートの製造販売を始めたモロゾフ。翌1932年には日本で初めてバレンタインチョコレートを発売。1936年の2.26事件を皮切りに戦争が暮らしに影を落とし始めた時代にも、モロゾフは愛とロマンに満ちたメッセージをチョコレートに託して発信し続け、今ではバレンタインデーは「チョコレートを通じて人と人との心の絆をつなぐ日」として、さらに大きな素晴らしい愛の日に成長しました。

 

モロゾフ http://www.morozoff.co.jp/

 

 

 

日本初のバレンタインフェアを行った “メリー”

 

2.3.2

 

1958年(昭和33年)、日本で初めて「バレンタインデーに女性から男性へチョコレートを贈る」というスタイルを提唱のは1950年創業の メリー です。しかし当時バレンタインデーを知る人はなく、50円の板チョコレートが3枚と20円のメッセージカードが1枚、都内百貨店で開かれた日本初のバレンタインフェアは、たった170円の売り上げでした。

その翌年の1959年、『女性が男性に1年に1度愛の告白ができる日』というメリーのキャッチコピーは女性の心を捉え、以来、日本で半世紀以上、メリーはバレンタインを通して愛を育んできました。

良いものは食べてもらえばわかる」という信念のもと、日本にまだ「本物のチョコレート」という意識がない時代から、ココアバター100%の口溶けのよいチョコレートづくりに取り組み、日本のチョコレート文化の礎を築いてきたというメリー。

メリーのチョコレートには、お客様が「想いを贈る」ときのお手伝いをしたい、食べた人みんなが笑顔になれるお菓子をつくりたい。という想いが込められています。

 

メリー https://www.mary.co.jp/mary/brandstory/history.html

 

 

 

北のチョコレート工場 “ロイズ”

 

2.3.1

 

比較的新しいメーカーで、1983年の創業のロイズ。『世界中の厳選した素材でオリジナリティ溢れる、美味しいお菓子をつくりたい』という想いを胸に、チョコレートをはじめとする数々の製品造りをしています。一つ一つの製品は、素材の選定、レシピの研究、製造技術の開発など様々な試行錯誤を繰り返しながら生まれてきたといいます。 

ロイズと言えば、「生チョコレート」!ロイズの代名詞ともなっている生チョコレートのやわらかさのヒミツは、北海道の上質な生クリーム。ロイズの生チョコレートは、高級チョコレートと言われるトリフチョコレートの真ん中の「やわらかなガナッシュだけを取り出したら?」という発想から生まれたそうです。シルクのようななめらかな口どけはリピートまちがいなしです。

 

ロイズ http://www.royce.com/contents/index.html?

 

 

 


外国の有名チョコレートメーカーの高級チョコレートも特別感があり、バレンタインデーに贈られると嬉しいですね。でも、神戸のモロゾフ、東京のメリー、札幌のロイズをはじめとする日本のチョコレートメーカーのチョコレートは私たち日本人の味覚にとても良く合っていて本当に美味しいです。そして、贈られて気に入ったら自分で何度でも買ってみようと思えるお値段がまた嬉しいですね。

(キュレーター:SILVIA)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

ガールズカテゴリの最新記事