LINEスタンプでお年玉が当たる !!

LINEお年玉袋付きスタンプ発売=抽選で1等100万円

LINEは15日、無料対話アプリ「LINE(ライン)」を使ったお年玉キャンペーンを実施すると発表しました。お年玉袋が付いた「年賀スタンプ」を1種類当たり120円(税込み)で販売します。お年玉袋を受け取った相手が画面をタップすると、抽選で1等100万円~4等10円の現金が当たります!

年賀スタンプは全23種類で、27日に発売。お年玉が当たるのは来年1月1日午前0時30分から3日午後11時59分までに送信されたものが対象です。お年玉の総額は5億円で、2等と3等はそれぞれ1000円と100円。1等の本数は3本という。お年玉を受け取るには、決済機能「LINE Pay(ライン ペイ)」を導入する必要があります。

 

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000157-jij-bus_all

 

 

最大100万円、総額5億円のLINE「お年玉つき年賀スタンプ」

 

12-16-01

“あけおめLINE”にお年玉をプラス、「お正月行事にしたい」

 

15日にキャンペーンの発表会が開催されました。登壇したLINE 取締役 CSMOの舛田淳氏は、5周年を迎えた「LINE」でも、“あおけめLINE”は当初から最もトラフィック(通信量)が発生するイベントだったことを振り返る。今年の年末年始も、通信キャリアと連携しながら臨戦態勢で臨むそうです。

LINEの利用がスマートフォンユーザーを中心に浸透したことから、「新たなお正月行事に」と意気込むのが、今回のキャンペーン。「お年玉付き年賀はがき」をイメージして、新年に送るのに最適なスタンプに「お年玉袋」を付属することなど、キャンペーンの概要が説明されました。

 

ベッキーをCMのナレーションに起用

 

また、大晦日と元旦に放映を予定している同キャンペーンのテレビCMでは、5年前のサービス開始時に出演していたベッキーをふたたび起用。一連のスキャンダルでメディアへの露出が減っていたベッキー。「LINEのお年玉」キャンペーンは大切な人に挨拶をするというコンセプトであり、「LINEにとって大切な人、それはベッキーさんではないか」と、舛田氏が自ら所属事務所に掛け合って出演を依頼したことを明らかにしました。舛田氏は「今後の活動のきっかけになればと思う」とベッキーを応援する立場。キャンペーンについても「LINEのお年玉をきっかけに、コミュニケーションを図ってもらえればと思う」と期待を語りました。

 

引用元 http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1035292.html#line-1_s.png

 

 

LINEアプリに最大200人の「グループビデオ通話」、4人の顔を同時に表示

 

12-16-05

写真引用元 http://weekly.ascii.jp/

 

LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」に「グループビデオ通話」機能を追加しました。14日~15日にかけてすべてのユーザーが順次利用できるように。利用料は無料。

 同社は最大200人と同時に音声通話できるグループ通話機能を提供していますが、今回、顔を見ながら通話できるビデオ追加機能が追加されました。最大200人の通話の中から、自分を含めた4人の顔を画面に表示しながら通話でき、通話中には、顔認識で喜怒哀楽を表現できる6種類のエフェクトや、自撮りアプリのような4種類のフィルター機能を利用できます。

 なお、「グループビデオ通話」は当初、スマートフォン版のLINEアプリ向けに提供されますが、今後、パソコン版のLINEにも対応する予定です。

 

引用元 http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1035126.html

 

 

 


 

スマホには欠かせないアプリ、『LINE』。LINEは私たちのコミュニケーションの形に大きな変化をもたらしました。メールをほとんど使わなくなったという人も多いのではないでしょうか(笑)。新しい機能「グループビデオ通話」は、クリスマスや年末年始を迎えるこの季節に爆発的に利用が伸びると思われます。そして、お年玉袋付きLINEスタンプでみんな笑顔に。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!