命を削る損失余命

命を削る損失余命
新基準「損失余命」ってなに?

 

たばこ

最近「損失余命」という言葉が広まってきていますが、これはさまざまな研究の積み重ねから分かってきた、健康被害があるものとの関係から「どのくらいの寿命を縮めさせるのか」を計算した平均値のことを言います。

 

WHOや世界各国の医療機関などでも既に使用されていて、2015年の10月には大腸がんの発症を増やすリスクが、ウインナーやハムなどの加工肉にあるとWHOからの指摘もあったそうです。そこから出された数字がウィンナー1本に対して25秒の命を縮めさせるんだそうです。

 

ウィンナーより一回りも大きいフランクフルトは1本、1分14秒の損失余命、タバコにあたっては1本当たり12分であるといわれ、どれだけ深刻なものなのかということが分かります。まさに百害あって一利なしです。

 

このように数字で表されると、どの位のリスクがあるのかがよく分かります。しかし、これはあくまでも「リスクの目安」であり、個人差もあります。損失余命が大きくても、その人にとって必要な栄養素という事もあるので、やはりバランスよい食事を取ることが大切です。

 

 

〇〇を食べたら寿命はどれほど縮むか

 

dIPpuRVZem30RtT1485956315_1485956354

損失寿命とは簡単に言うと「その食べ物を食べたときにどれだけ寿命が縮まるか?」という意味ですが、私たちが普段食べている食べ物の損失寿命はいったいどのくらいなのでしょうか。

 

健康に害があるイメージ、と言ったらタバコですが一本の喫煙で、損失寿命は12分になります。ところがこれよりもさらに損失寿命の高いものがあります。それは「ひじきの煮物」。なんと小鉢程度で損失寿命58分です。

 

ひじきには無機ヒ素の濃度が非常に高いためといわれていることが原因のようです。他にもコーヒー1杯あたり20秒、白米茶碗一杯で39秒、ロースハム1枚19秒、ミネラルウォーター軟水1ℓで59秒の損失寿命です。

 

これはあくまでもリスクだけを数字で示したものなので、もちろん食べ物の中にはプラスになって戻ってくるものもあります。気にしすぎて、ストレスのほうが大きくならないようにしましょう。

 

 

損失余命の注意点

 

zdiUzD9mMezB5pt1485956367_1485956403

損失余命は「縮まる寿命」だけの平均値であって、食べ物の栄養やプラスの部分は入っていません。リスクの数だけみて「食べてはダメ」ということだけ伝えているのではないということは知っておきましょう。食材にはそれぞれのプラスの面もあることも忘れてはいけませんね。

 

 

 


損失余命という言葉は初めて聞きましたが、私たちは食物がなければ生きてはいけません。そもそも生まれた時から寿命を使って死に向かっている、と考えると食物により私たちは生かされてる、という考えになります。見方によっては、答えも考え方も変わってきますね。ならば、やっぱりおいしいものは食べたいですよね。食べすぎには気を付けて…ですね!
(キュレーター:rikako)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

暮らしカテゴリの最新記事