進化する日本伝統の『OYATSU』

 

ダイエットはしてても、してなくてもカロリーは気になりますね。ワタシは血糖値が深刻!という人も、手を伸ばすのをしばしばためらってしまうのが「おやつ」。ところが最近、健康のためにあえて取ろうという考え方が広まっています。小腹を満たしておくことで食事のドカ食いを防止しようというものです。肥満や血糖値の急上昇を予防するほか、精神安定などの効用も注目されています。栄養補給も兼ねた低カロリーの機能性おやつが続々誕生し、それを“処方”する医師も登場。日本伝統の食習慣「OYATSU」を世界化しようとの運動も活発化してきました。

 

推奨は「ドクターズチョコ」

 


「チョコレートは個々のリズムに応じて取り、満足することが大切。イライラを鎮め脳を安定させてくれます。残業時などに本格的な食事を取ると胃に血液が回り眠くなってしまう。数粒のチョコの方が頑張れるのではないでしょうか」

都内の自己免疫力向上のための統合医療を行う、ある自由診療の医院ではオーガニックのせっけんなど「生活周りの無毒な製品」を患者に勧めていますが、最近は間食に「ドクターズチョコレート」を推奨しています。化学肥料不使用カカオ由来のベルギー産高級チョコレートを原料に、血糖値を上げにくく服薬にも使われる甘味のマルチトールを使って日本で生産されており、糖尿病患者でも食べられるといいます。「アトピーや自閉症、がんなどさまざまな方を診ていますが、おやつの『喜び』はあらゆる症状に有効。それには安全性とおいしさを兼ね備えた食品でなくては」と、近々同医院でも販売を始めるそうです。

製造販売元のマザーレンカ(東京都港区)によると、ドクターズチョコレートは発売2年で累計100万個出荷を突破。販売場所は全国約1万軒の調剤薬局と医療施設です。昨年末には大豆のクランチで食べ応えを高めたチョコレート「サクッtoCOBARA」(17グラム、432円)を発売しました。1袋に、免疫力を高めるシールド乳酸菌を1日摂取目安の5倍に当たる500億個配合し、全部食べても80キロカロリーに抑えています。

 

 

ドクターズチョコレートに寄せられた声

 

間食したくてたまらなくなります。そんな時ドクターズチョコを一粒食べて、精神的に気分転換することができています。

甘い物を食べることを我慢できないこと、毎日来る日も来る日も悩んでいましたが、非常においしいチョコレートのおかげで毎日幸せ気分になれています。

小学生の子供には病気になってもおやつを制限するのは難しい。食べるのを禁止することは、他のお子さんと一緒にいる時は絶対にしたくないです。このチョコは血糖コントロールにも問題ないし、とても美味しいと子供も喜んでおります。

参考 株式会社マザーレンカ

 

 

理にかなった「八つ時」の習慣

 

「『日本を健康にする!』研究会」は5年前から「機能性おやつ」の研究・開発を進め、現在、食品メーカーなど100社が参加。「おやつと一緒に機能も」と、生活習慣病、認知症、ロコモやメタボなどの予防に有効とされる成分を含むデザートや菓子が商品化され、「OYATSU」認定マークを付与しています。
1日の総カロリーを増やさず分食する米国のトレンド『ヘルシースナッキング』と同じ流れですが、江戸時計の『八つ時(やつどき)』(午後三時)に間食する、健康的で理にかなった日本伝統の『OYATSU』を世界に広めることを目指しています。

2月20日、早大日本橋キャンパス(東京都中央区)で開かれた食と健康のシンポジウムでも、試食付きで機能性おやつを紹介。定員100人に120人が殺到する関心の高さでした。おやつをおいしく楽しく食べることで血液循環が促され、免疫力が高まるのだそうです。苦行を伴う健康法がストレスになっては本末転倒。おやつなら美味しく続けられそうですが、食べ過ぎは逆効果です!

引用元 Yahoo!ニュース

 

 


 

おやつといえば、「ちょっと待て、そのひと口が ブタになる」 と、カロリーを取り過ぎないようブレーキをかけたものです。今は機能性おやつも開発されて、糖尿病があったりカロリー制限をしている人も心配をせずに、ひと口の甘い幸せを味わえる時代になったという話題でした。我慢するって本当にストレスになりますものね。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!