あなたは「スタバでMacはかっこいい」?

あなたは「スタバでMacはかっこいい」?

最近、どこのスターバックスでもMacBookを開いて作業をしている方々を多く見かけます。それをノマドワークというそうです。彼らは「スタバでMacを開くドヤラー」と揶揄(やゆ)されているようです。この姿を不快に感じる人もいると思いますが、ドヤラーは何を求めてスタバに赴くのでしょうか・・・

 

 

なぜ、スタバで作業をする

 

 

 

●「やはりミーハー心? おしゃれだから」

 

あこがれでしょうか。世間で議論されるように、スタバで作業する人の中には漠然としたイメージで「スタバというブランドがおしゃれでリッチだから」とお店に足を運ぶ人がいるようです。スタバは、内装やサービスそして、話題のGAHAKU達の洗練された黒板画や雰囲気に定評があり、値段設定も高めで、リッチというイメージがあります。

 

スターバックスといえばアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を置くバリバリの外資系です。そうした場所で作業する人に「洗練されたスマートな人である」という認識が根付くのも不思議ではありません。

 

●「ファッション性は重視しない」「便利だから仕方ない」

 

効率的だからでしょうか。20代の男性は、「作業の長期戦を覚悟する場合には、BGMや他人の会話などほどよい雑音がある方が良い」といいます。ファッション性ではなく、利便性を重視してスタバを利用するという意見もあります。電源も完備されており、他と比べてパーソナルスペースが狭すぎない環境は、何か作業をしたい人にとって魅力的です。

 

 

スタバで作業しない。その心理は?

 

 

 

●「コストパフォーマンスが低い」

 

「職業柄、作業するにはスペースが狭すぎる」「タバコを吸いたいが、喫煙スペースがない」などの他、1杯500円ほどするスタバのドリンクはぜいたくであるという認識があり、例えば学生がレポートを仕上げるためにスタバを利用する際、席を探している客は彼らがいる時は迷惑だそうです。

 

●「マイナスのイメージが定着しているから恥ずかしい」「鼻につく」

反対派の中でも過激な意見としては、「窓際にリンゴマーク(マックブック等)が並んでいるのを見るだけで入るのをためらってしまう」「スタバは喫茶店なのに、仕事は会社で、勉強は家か図書館でしたらどう!」「いかにもデキる人を装っているようで鼻につく」というもの。また、スタバでどや顔したいからMac買ったんだよね~」 っての聞いて、何言ってるんだ?と思ったとかユニークな意見もあります。

 

そうした意見を受けて、「マイナスのイメージをもたれるのが恥ずかしい、周りの目が気になるために、PCを開くのを躊躇(ちゅうちょ)してしまう」という声も上がっています。ネット上のQ&Aサイトでその旨を相談している方もいるようで、「スタバで仕事など、ドヤっているようで逆に格好悪い」という認識も定着しているようです。

 

 

実はみんなスタバが気になる?

 

 

一部紹介

●「席がない時困るのでやめてほしいけど混んでいるのに席を立たない奴は仕事もできないだろうけど」

●「自由なんだけど、スタバで仕事という発想がある人とは、価値観が合わないなぁ…」

●「スタバはカフェ。ドリンクを楽しむ為にあるのであって、長時間席を占有して作業をする場所ではないと思うけど」

●「当人がどうだろうと知ったこっちゃないが、周囲は軽蔑の目で見ているな」

 

中には、「昔は、できない奴がこそこそ喫茶店で仕事をしているなんて言われた時代だったけれど、現代はスタバで仕事できるのはいいよなぁ~。いろんなことで決めてできる若者がうらやましい」とのコメントも。

 

スタバで作業する人、しない人、賛成な人、反対な人、が存在しています。多く意見があるということは、それだけみんなスタバの存在が気になっているということなのかもしれませんね。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000009-zdn_pc-sci

 

 

ノマドワーカーのメリット・デメリット

 

 

メリット

 

オフィスを構える必要がなく、私服で過ごせる時間が多くスーツ代もかからない、ノマド先が住居と近ければ通勤費用も削減できます。自分の能力に合ったスピードで作業が可能であり、仕事量=収入に結びついて、モチベーションをアップになるそう・・・居心地の良さを重視した場所選びができることで、集中力が高まるとの意見も多いです。仕事を自分のペースで進める上でも重要なポイントといえそうです。

 

 

デメリット

 

公共の場を仕事場として使用しているため、セキュリティ面の不安は常について回ります。。サイバー面でのセキュリティだけでなく、資料やUSBなどの置き忘れなど、他人に覗き見されたり、情報社会の中では致命傷となる可能性もあります。ノマドワーカーにとって、電話でのコミュニケーションは欠かすことができないけれど、制限されます。インターネット回線を使った打ち合わせやミーティングも、場所を選ぶ必要があります。なので、肩身の狭い思いをしたりといった問題点も起きてくるようです。

 

 

 


 

 

スタバには、Wi-Fiがあるので基本パソコンを使うときしか行きません。私は、Macではないので「かっこいい !」「はずかしい!」は考えたことも無かったけれど、ネットでさまざまな意見が飛び交っています。スタバはカフェなので、一つの場所を長時間占領するのには、引け目を感じます。お店の人は良いですよといって下さるけれど・・・他のお客様のことも考えるとほどほどがマナーだと思います。次回伺った時も好感でがあれば気持ち良く過ごせるのでは・・・

(キュレーター:remon )

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ビジネスカテゴリの最新記事