いびきをかかない方法ってあるの?

いびきをかかないようにする方法

 

全く眠れませんでした。その正体は「いびき」です。昼間は、あんなにいい人に見えた友達も、夜には、悪魔のように見えました。「いびき」は時に、人間関係をも壊す恐ろしい物なのです。

 

 

%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%89

 

 

横向きに寝る

彼女が寝返りによって「横向き」になると、嘘のようにその「いびき」がなくなるのです。「横向きに寝る」のも、「いびき防止」には有効ではないでしょうか。

 

 

「口閉じテープ」を使用する

いびきの原因は、口を開けているからです。そこで、この「口閉じテープ」は、寝ている間の口呼吸癖を防ぎ、鼻で正しく呼吸する習慣をつけてくれるようです。値段はちょっと高めですが、試してみるのもいいでしょう。ドラッグストアで購入することができます。

 

 

耳鼻科を受診する

広辞苑によると、「いびき」とは、上顎(あご)の奥にある口蓋垂(こうがいすい)周囲の粘膜が、睡眠中の呼吸に伴い過剰に振動するために出る独特な音のことです。その原因は、就寝中に鼻が詰まることによる口呼吸や、扁桃腺肥大、肥満などによる口峡部の狭小化、あるいは上気道全般の狭窄(きょうさく)だそうです。

 

 

気道の狭窄により音が発生するのですから、長期間いびきが続くと呼吸機関や血液循環機能に影響が出てきます。そして一番の問題は、「睡眠時無呼吸を伴っている」ということです。実際、睡眠時無呼吸により死亡しているという報告もあるそうです。「耳鼻咽喉科」を受診し、一日も早い治癒をお勧めします。

引用元https://nanapi.com/ja/19847

 

 

迷惑ないびきをかかないようにする方法

 

STEP1 寝るときの向きを変える

寝るときに上を向いていると軌道が圧迫されていびきをかいてしまうといわれています。そこで、寝るときの向きを横向けにするといびきをかきづらくなります。横向きや下向きで寝るようにするといびきをかきづらくなります。

 

 

STEP2 いびき防止グッズを使用する

ドラッグストアや100均一などでも見つけることができます。鼻につけるものや口につけるものなどたくさんあります。お勧めは鼻につけるものです。鼻につけるものであれば簡単に使うことができるので利用しやすいです。

 

 

STEP3 痩せる

メタボリックなどになっている中年の男性がいびきをかきやすいといわれています。いびきをかかなくなるためには、痩せるのが一番です。食事を変えたり、酒を控えたりすることがすごく重要になります。痩せることで根本的にいびきをとめることができます。

引用元https://nanapi.com/ja/19314

 

 

『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』対策

 

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。

 

 

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に気道が狭くなり、空気が通りにくくなるために起こります。その原因は様々で、遺伝的に気道が狭い場合や、喉の筋肉の活動の低下、あごが小さい、扁桃腺の肥大などがあります。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の主な原因は肥満によって空気の通り道が狭くなっていることです。気道がふさがって酸素が不十分となり、血中の酸素濃度が低下するため、脳が休息できません。昼間も集中力が上がらず、だるさや眠気が抜けない。昼間に強烈な眠気に襲われて、車を運転中に眠ってしまうケースもあり非常に危険です。肥満解消は早期に取り組むのをお勧めします。

 

 

高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を合併しています。放置すると生命に影響を及ぼすことがあります。最近では肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症の「死の四重奏」に「SAS」を加え、「死の五重奏」と言われることもあります。

 

 

舌が上気道をふさいでしまうのを防ぐために一番簡単にできる対策は横向きに寝ることです。寝ている間に仰向きに戻ってしまわないように、枕の片側半分の下にタオルを折りたたんで入れておき、少し傾斜をつけておくという方法があります。真横を向くことができなくても、首や体がすこしでも傾けば上気道に空気が通りやすくなります。

 

 

Portrait of couple sleeping in the bed

 

 

寝る前のアルコールも、睡眠時無呼吸症候群の症状を悪化させます。アルコールによって筋肉がゆるんでしまい、舌によって上気道が塞がれやすくなる為です。寝酒の習慣がある人は、それを控えてみましょう。

 

 

本来、人間は鼻で呼吸する作りになっています。睡眠時に口呼吸だからこそ、口の中が乾き、さらに気道が狭くなったりします。鼻呼吸は普段の習慣です。口がぽかんと開いているなど自覚があれば治していきましょう。特に鼻炎がある人は睡眠時無呼吸症候群になりやすいといえます。鼻炎の治療も行い、鼻呼吸を意識するようにしましょう。

引用元https://matome.naver.jp/odai/2140826117150905601

 

 


 

いびきと聞くと赤面してしまう。女子3人で旅行に出かけたときにいびき掻くんだねって言われてショック!。女性は女性ホルモンが減少すると掻きやすくなると言う。肥満傾向も大きな要因だそうだ。習慣的なアルコールの摂取やストレス・疲労も原因の一つ。睡眠中のいびきは自分では自覚しにくくて放置しがちだが呼吸が止まってしまう方は要注意重大な疾患が潜んでいるかも知れない。鼻呼吸で横向きに姿勢で寝ると大分違うらしい。常日頃から意識したい。

(キュレーター:remon)

最新情報をチェック!