エイズは完治する?

エイズは完治する?

 

エイズとHIVの違いとは

エイズというのは、HIVというウイルスに感染することによって起きる病気です。HIVというウイルスに感染するとリンパ球の機能が低下し 免疫力の低下が起こってしまいます。

 

免疫力が低下すると様々な他の細菌やウイルスに感染しやすくなりそれによって、体のあちこちの機能が低下したり破壊されて症状が起こってきます。これがエイズを発症した状態です。つまり、HIVに感染しなければエイズになることもないのです。

 

 HIVは感染した血液や血液製剤を輸血したり、移植臓器や組織を通じても感染したり、あるいは母親から胎児や乳児へと感染することもあるのです。しかし水や、食物、空気感染などはありません。HIV感染者と一緒に生活しても問題ないのです。
     

 

性行為による感染

 

 
 

HIV感染者との避妊具をつけない性交は未感染のパートナーへの HIV感染のリスクが高まります。ただし 確実に感染するというわけではなく そのリスクがどの程度かは HIV以外の性感染症があるかどうかや 未感染のパートナーの性別 年齢 性交の形態 感染者の病状や進行段階がどの程度かなどの理由で変わってきます。

 

一般的に女性の方が男性よりもHIVに感染する確率が高いと言われています。これは、男性に比べて女性の方が性交の際に接触する体内の粘膜の表面積が大きいためと精液内のHIV濃度が、膣や子宮頸部の分泌液内の濃度よりもはるかに高いことが挙げられます。

 

つまり、男性が感染している場合に女性のパートナーに移る可能性の方が、女性から男性よりも高いのです。性行為による感染を防ぐには不特定多数の人との接触をせず、避妊具を使用することでかなり感染のリスクを抑えられます。

 

しかし、先進国では、供血または血液製剤の輸血からHIVに感染するリスクは、輸血1回につき約10万分の1かそれ以下と言われていて、血友病患者については、第8因子を加熱処理する方法が開発されたので、血液製剤による感染のリスクは現在ではないです。

 

 

引用元 https://welq.jp/26167

 

 


 

 

英男性、血中HIV完全除去に世界で初めて成功 完治に光

 

44歳の英国人男性が、新しい治療法によってHIV(ヒト免疫不全ウイルス)が完全に消滅した世界初の人物になるかもしれない──現在、この男性を含め50人のHIV感染者が、「潜伏感染状態」にある細胞も対象とする新たな治療法の臨床試験を受けている。

 

臨床試験を行っているのは、英国のオックスフォード大学・ケンブリッジ大学・インペリアル・カレッジ・ロンドン・ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン大学キングスカレッジの研究者ら。

 

HIVがT細胞のDNAに侵入すると、T細胞の免疫機能が破壊されて病気に対して無反応になるだけではなく、ウイルス自体も増殖するため、HIV感染症の治療は非常に厄介だ。

 

現在一般的なのは抗レトロウイルス療法だが、この治療法では活性化しているT細胞には効いても、潜伏感染状態にあるT細胞は見つけることができない。

 

一方、新たな治療法は2段階で作用する。まずワクチンがHIVに感染した細胞を体に認識させて排除する役目を果たし、次に、「ボリノスタット(Vorinostat)」と呼ばれる新薬で潜伏感染状態にあるT細胞を活性化させ、免疫システムに検知できるようにする。

 

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00010000-clc_teleg-eurp

 

 


 

 

 HIV = 死 ! 感染したら最後!

その様に認識されている人は多いのではないでしょうか?

そんな不治の病に光がさしました。

英国の研究者チームがHIV患者の臨床試験に成功したと発表。

もう HIVは怖くない! そんな日が来たのかも知れませんね。

( キュレーター : Rose )

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

ニュースカテゴリの最新記事