「いい子症候群」の子どもの成長と“苦悩”

「いい子症候群」の子どもの成長と“苦悩”

小さい頃から私たちは周りからいいことをすればほめられ、悪いことをすれば叱られながら社会生活を学んで成長してきました。毎日の暮らしの中で、幼いなりに自我に目覚めて「こんな人になりたいな」と考え、生きる姿勢を決めてきたのかもしれません。その実は“イイ子でいることで大人の注意を引き、好きでいてもらえる”という原動力が働いていたようにも思います。

 

 

親のしつけが「大人の私」に影響って?

 

 

統計的にみても安心できる家庭環境で育てば、子どもも安心して自分らしく成長することができるそうです。しかし、不安な環境で育つと、子どもの人格に大きく影響が及ぶそうです。機能不全状態となった家族の中で傷つきながら育ち、成人になってもそのトラウマを抱えている人を「アダルトチルドレン」というそうです。

 

 

もともとは、アルコール依存症の家族のもとで成長した大人(Adult Children of Alcoholics)を意味する言葉でしたが、今は「機能不全」になった家庭で、傷を抱えながら成長してきた大人と捉えるのが一般的のようです。「機能不全家族」とは、どんな家族なのでしょう?

 

 

しつけやルールが厳しすぎる・基本的なルールがない・他者や地域との交流がない・笑いや会話がないなど家庭環境が殺伐とし、子どもが安心して成長できない家族が「機能不全家族」と考えられているそうです。

 

 

機能不全家族で育った子どもの6つの役割

 

①:ヒーロー(英雄)

「できる子」親が喜んでくれるので、より高い成果を求めて頑張ろうとする子です。

 

②:スケープゴート(身代わり)

「ダメな子」家族に疎まれるようなことをしようとする子です。

 

③:ロスト・ワン(いない子)

「目立たない子」家族の中でもいないことすら気がつかれないような子です。

 

④:プラケーター(慰め役)

「なぐさめ役の子」族のストレスを癒し、心の支えの役割を担っている子です。

 

⑤:クラウン(道化役)

「冗談を言ったりおどけたりする子」家族の関係を取り持とうとする子です。

 

⑥イネイブラー(支え役)

「しっかり者の子」大変な仕事も喜んで引き受け、大人のようにてきぱき仕事をこなす子です。

 

 

機能不全家族の中で育つと

 

 

●いつも憎まれるようなことをするのはなぜ?

「スケープゴート」(身代わり)のように、「この子さえいなければ」と疎まれる「ダメな子」になってしまうケースもあるようです。そこには、「家族がダメな自分をけなすことに一致団結すれば、家庭の崩壊を防げる」という思いが無意識的に働いている場合が考えられるそうです。

 

「人はストロークを得るために生きる」といっています。ストロークとは、「あなたがそこにいるのを知っているよ」という存在認知の刺激のことです。幼い子どもは、泣いたり笑ったりして親からたくさんのストロークを引き出します。否定的なストロークであっても、いたずらをしたり寝込んだりして、親の反応を求めるのだそうです。

 

 

●否定的でも「私がここにいること」を認めてほしい

機能不全家族の中で育つと、愛情不足を実感することが多いもの。ありのままの自分を肯定された経験が乏しい場合、「いい子」にさえなれば親は喜びますし、そのため、頑張れる子は無理をしても一番になろう、誰にもできないことができる子になろうと努力します。

 

目立たない子は「否定的なストロークでもいいから、もらえればいい」と思うようになって、「おねえちゃんはいい子なのに、お前はダメね!」とけなされながらも、内心満足を感じるのだそうです。

 

「ロスト・ワン」のように、自分の存在感を消して、人からの反応に無関心になり、関わりを持たずに生きようとするケースもあるのです。

 

 

●「親」の影響から卒業し、自分らしく生きるには?

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、幼児の頃の決断が、大人になっても自分の生きる姿勢を左右していることは多いようです。

 

「もっと頑張らねばとせかされるように生きる人」

「困った事件を次々と起こして注目を集めようとする人」

「いつも笑顔なのにストレスを溜めている人」

「他人との関わりを持とうとしない人」

「自分を犠牲にして他人に尽くそうとする人」

 

その傾向が強い人のなかには、アダルトチルドレンとして常に生きにくさを抱えている場合もあるようです。解放されるには、自分が心の中につくりだした「親」の目から解放される必要があり、心の中の「親」に気づき、そこから離れて、「自分らしく生きてもいい」と決断するのだそうです。

 

 

親から巣立った私たちは、心の中の「親」の目を気にせず、堂々と自分らしく生きていいのです。自分らしい人生の地図を描き、新たな気持ちで歩き始めてみませんか?

 

 

みなさんの声から

 

 

一部紹介

 

●「私もアダルトチルドレンじゃないかと思った時期があったけど、結局それはどうでもいいと思った。大人になって色んな人と接して思うけど、結局、大変な子ども時代を過ごしても、それをバネにする人、言い訳にする人、何を選ぶかは自分。いつまでも親が〜家庭環境が〜なんて言っても、何も変わらない」

●「だいたいの子って 6つの中のどれかにあてはまるんじゃないかな?と思うけど。このどれかにも当てはまらない方が少ない様な気もするけど。だとしたら うちは機能不全家族だわ・・・反省」

●「私もアダルトチルドレンです。子供のころ頑張って大人にとっていい子を演じてました。そのせいで大人になってもいい人をやってしまい、なかなか人と親しくなれません。いい人ってつまらないですからね」

●私もアダルトチルドレンです。中年になっても引きずってました。自分で自分を育て直しています。未だに自信が持てない状態です。このトンネルから抜け出したいです。

引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00001742-nallabout-hlth&p=1

 

 

 


 

 

 

幼少期の環境や境遇が原因で、大人になっても生き辛さを抱えている人が「アダルトチルドレン」と呼ぶようです。感情の出し方に特徴があるそうですが、上記6つの特徴だけをみると全員が対象であるような感じがします。頑張り過ぎる子供の行動もその対象とは・・・思うことは、生まれたときから育んで貰った環境が一番大きいのでしょうね・・・アダルトチルドレンを専門とするカウンセラーに話を聞いてもらったり、体験を分かち合うコミニュティもあるようですね。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

こころカテゴリの最新記事