“足フェチ”鈴木京香、名画に感激【デトロイト美術館展】

ゴッホ、ピカソ、ルノワールらの作品が集結!「デトロイト美術館展」開幕

「デトロイト美術館展」が、2016年10月7日(金)から2017年1月21日(土) まで、上野の森美術館で開催されます。

デトロイト美術館は、1885年の創立以来、自動車業界などの有力者からの資金援助を通じて世界の名品を収集。コレクションは約65,000点で、全米屈指の美術館です。

10-9-23

展覧会では、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソなど、ヨーロッパ近代絵画の「顔」ともいうべき巨匠たちの名画を一挙公開。

引用元 http://ima.goo.ne.jp/column/article/4520.html

 


 

“足フェチ”鈴木京香、名画に感激「足の部分を拡大して撮った」

10-9-24

 女優、鈴木京香(48)が6日、東京・上野の森美術館で行われた「デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~」(7日~来年1月21日)の開幕式に出席した。

 濃いグリーンのワンピース姿で登場した京香は、大好きな仏画家、マティスの名画「窓」を前に感激。さらに「ゴッホの『自画像』は胸にくるものがあったし、ピカソの『読書する女性』もかわいらしいなと思った」とほほえんだ。

 同展では毎週月曜、火曜限定で写真撮影が全作品可能で、展覧会では異例の“ファンサービス”を実施。旅行時には必ずカメラを持ち歩く京香は「私は足の写真を撮るのが好きで、名画の足の部分を拡大して撮った」と“足フェチ”ぶりを恥ずかしそうに明かした。

 同展の音声ガイドも務めており、「海を渡って私たちの街にやってきた名画たちとすてきな出会いを果たせると思う。素晴らしい名画たちが皆様を美術館でお待ちしております」とアピールした。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000028-sanspo-ent

 


 

鈴木京香さん、「何度も見に来たい」=写真撮影もOKのデトロイト美術館展

10-9-25

デトロイト美術館展の開幕式でテープカットを行った女優の鈴木京香さん

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000098-jij-soci.view-000

 


 

ゴッホ・モネ・ルノワールも全作品撮影OK!デトロイト美術館展、上野の森美術館で開催

10-9-26

デトロイト美術館について

1885年に創立されたデトロイト美術館は、フォードやクライスラー、ゼネラルモーターズなど自動車産業で発展したデトロイトにあります。コレクションは全米でも上位6館に入るほどの規模です。ゴッホやマティスの作品をアメリカの公共美術館として初めて購入したのもデトロイト美術館でした。

10-9-27

デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~とは?

デトロイト美術館展では、印象派からはモネの「グラジオラス」やルノワールの「座る浴女」、ポスト印象派からはゴッホの「自画像」などが展示されます。また、20世紀のドイツ絵画では作曲家グスタフ・マーラーの元恋人のオスカー・ココシュカが描いた「エルサレムの眺め」や、エルンスト・ルードヴィヒ・キルヒナーの「月下の冬景色」。20世紀のフランス絵画ではマティスの「窓」、ピカソの「読書する女性」など傑作の中から選りすぐりの作品が展示されます。52作品と展示数は決して多いとは言えませんが、全て見応えのある作品ばかりです。最初から最後まで心地良い緊張感を持って楽しめるでしょう。

全作品写真撮影OK

米国のデトロイト美術館と同じく、全作品写真撮影が許可されています。期間や曜日、時間帯により制限がありますが、今までの美術展にはなかった新たな試みです。

第1章「印象派」後期印象派の巨匠たちの名画が一堂に集結

第2章「ポスト印象派」日本初上陸作品が登場

第3章「20世紀のドイツ画家」鮮やかな色合いの芸術作品を展示

第4章「20世紀のフランス絵画」独特のスタイルで描かれた絵画たち

 

引用元 https://asoview-news.com/article/9194/

 


 

 1885年に創立して以来、自動車業界の有力者らの資金援助を通じて、世界屈指のコレクションを誇る美術館として成長したデトロイト美術館だったが、市の財政破綻を機に、市の財源確保を目的として所蔵品売却の可能性が取りざたされた。しかし、国内外からの協力、そしてデトロイト市民の声により、作品は1点も失われることなく市民の憩い・学びの場として存続しているそうだ。 危機を乗り越え、今なお美術館のコレクションの中核を成している印象派、ポスト印象派、20世紀のフランス、ドイツの数々の傑作の中から選りすぐりの全52点を観ることができる。驚いたことに同展では毎週月曜、火曜限定で写真撮影が全作品可能だ。iPhone片手に出掛けてみたい。

美術展ホームページはこちら http://www.detroit2016.com/index.html

≪キュレーター:SILVIA≫

最新情報をチェック!