お化けより怖~い!ハロウィンの お・は・な・し

ハロウィーンのカラコンに潜む恐ろしいリスク

 10月31日はハロウィーン。日本でも年々盛り上がりを見せ、今年は仮装をして楽しんだ人が多いのではないでしょうか。ハロウィーンの仮装で、普段は使わないカラーコンタクトレンズを使う予定の人もいるでしょう。しかし、コンタクトレンズの誤った使用は視覚を損なう危険があります。リスクを知り、正しく使いましょう。

最悪の場合は失明も

 ハロウィーンは元々、古代ケルト人が秋の収穫を祝った祭りが起源と考えられています。米国では、子どもたちが魔女などに仮装して近所の家を訪ねて回る民間行事として定着。一方、若者たちはゾンビや魔女など「怖い」仮装をして楽しみます。

 この時期、仮装の一環で医師の処方を受けないコンタクトレンズの使用が増えることから、米国眼科学会は「処方なしでコンタクトレンズを使う五つの恐ろしいリスク」と題した警告を出し、注意を呼び掛けています。どのようなリスクがあるのか、順に見ていきましょう。

 1)角膜剥離 きちんと目に合ったレンズを装着しないと、目の表面を傷つける恐れがあります。痛みだけでなく、回復不可能な目の損傷を受ける可能性があります。

 2)感染症 処方によらないコンタクトレンズ装着は、角膜炎のリスクを16倍高めるとの研究があります。抗菌剤やステロイドの点眼薬で早期に治療すれば視力を保つことができますが、時には角膜移植などの手術が必要になるケースもあります。

 3)伝染性結膜炎(Pink eye) コンタクトレンズを他の人と使い回すなどすると、細菌による感染症が広がる恐れがあります。伝染性結膜炎は非常にうつりやすいのです。

 4)視力低下 原因が角膜の傷、感染症のどちらであっても、視力低下を引き起こします。

 5)失明 医師の処方によらないコンタクトレンズの装着は、永続的な視力喪失の原因になります。

 同学会は「一夜限りのハロウィーンの完璧な仮装に、あなたの視力を危険にさらす価値はありません」とコメントしています。

日本でも盛り上がるが…

 日本コンタクトレンズ協会が2014年、おしゃれ用の度なしカラーコンタクトレンズ使用者にアンケートしたところ、約7割が眼科を受診したことがなく、レンズ使用方法の説明を受けたことがない人も6割以上にのぼったそうです。また、国民生活センターは同年、カラーコンタクトレンズは通常の透明なレンズより目のむくみなどの症状を起こしやすい製品が多い、とする実験結果を発表しています。

 人間が外界から受ける情報量の8割を視覚が占めるとする説があります。大勢で仮装をするのは楽しいかもしれませんが、視力を損なえばそうした楽しみも失われかねません。間違ったコンタクトレンズの使用は、ゾンビより恐ろしい結果をもたらすこともあるのです。

引用元 http://mainichi.jp/premier/health/articles/20161024/med/00m/010/004000c

 


 

山口組 ハロウィーンで児童らに菓子配る 神戸

11-01-16

 指定暴力団山口組系の組員らが31日夕、ハロウィーンに合わせ、神戸市灘区の山口組総本部近くの神社で子どもらに菓子を配ったことが、捜査関係者らへの取材で分かった。昨年8月の山口組分裂後、近隣で暴力団排除の機運が高まる中、組側が住民の懐柔を図った可能性があるという。

 山口組は毎年、ハロウィーンの時期に総本部や神社で菓子を配っていたが、組が分裂した昨年は取りやめた。総本部前に「諸般の事情により中止する」との掲示が出され、「来年は必ず開催いたしますので、楽しみにしていてください」との記述もあった。

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000010-kobenext-l28

 


 

仮装した若者らでにぎわう 東京・渋谷

11-01-15

ハロウィーンの仮装をする人たち=東京・渋谷で

ハロウィーンの仮装をした人らであふれる渋谷駅前=東京・渋谷で

 ハロウィーン本番を迎えた31日夜、東京・渋谷に仮装した若者らが多く集まり、大混雑が予想されるため、警視庁は多くの警察官を配置して警戒に当たった。

 ハロウィーン人気は年々増しており、日本記念日協会(長野県)によると、今年の推計市場規模は約1345億円。バレンタインデー(約1340億円)を上回る規模になっている。

 警視庁は28~31日、「渋谷駅周辺では最大規模」(同庁幹部)とする数百人規模の警察官や機動隊を連日、配置した。

 土日と重なった29、30日は一部の車道を規制し、歩行者に開放する「歩行者天国」を実施。例年は人が密集する駅前のスクランブル交差点付近で、痴漢などの逮捕者が出ていたが、今年は30日までゼロになっている。

引用元 http://mainichi.jp/articles/20161101/k00/00m/040/017000c

 


 

<ハロウィーン>騒ぎの後に…東京・渋谷

11-01-12

  ボランティアの人たちによって集められたカボチャのデザインのゴミ袋。ハロウィーンで渋谷を訪れる人が増えるこの時期、東京都渋谷区と市民らで作る有志団体が毎朝6時から清掃活動を行っている。今年の活動は11月1日まで。

引用元 http://mainichi.jp/articles/20161031/k00/00e/040/240000c

 


 

 今年はハロウィンの月曜日に合わせて、週末の金・土・日・月と、いつもより長めに大々的に楽しむ人が多かった。ノリノリで仮装するのはいいが、目の色までこだわり、使用方法を守らずにカラコンを使うと血の涙を流すことになりかねない。 そのままハロウィンパーティに加われそうなコワモテの皆さんたちは、地域の子どもたちにとても優しいサンタクロースのような一面があるのだと心が温かくなった。 今やバレンタインデーを上回る経済効果のハロウィン。DJポリスをはじめ警察の皆さん、街の後片付けをするボランティアの皆さんに謝意を表したい。

≪キュレーター:SILVIA≫

最新情報をチェック!