「1円も払っていないのに服が届く」って!?

「1円も払っていないのに服が届く」って!?

ファッション総合通販サイトの「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を知っていますか?なかなか買えなかったようなブランドがZOZOを通じて購入できるため、非常に多くのユーザから支持されています。なんと昨年11月に始めたサービスの「ツケ払い」で、代金を滞納する若者が相次ぎ問題となっているそうです。

 

 

ZOZOTOWNは通常、クレジットカードや代引き交換、コンビニ決済ができ、「ツケ払い」では購入商品の支払いを最長2カ月遅らせる「ツケ」が可能で、入金前に商品が手元に届くそうです。クレジットカードを持たない若い世代に一気に広まったようです。

 

 

上限5万円なら、若者にも普通に支払える。

 

 

 

19歳服飾系の専門学校生Aさんの場合

 

服に使う金額は毎月3万~5万。一方、居酒屋のバイトで月に6万~8万を稼ぎ、親からお小遣いも無く、クレジットカードも持っていなそうです。1月に購入した服の代金、約4万5000円は、「バイトもしているし、2カ月あれば、支払えると思っていました」とAさんはいいます。

 

 

しかし2カ月の「ツケ」期間を何日か過ぎるても、そこには「支払い期限を延長したので、期限内に支払うように」といった内容が記されていたといいます。「3通目くらいのメッセージに“法的処置”と書いてあって、怖くなりました。ちょうどバイトの給料日の前だったこともあり、慌ててコンビニで支払いました」

 

 

代金を支払ってないままの状態で、Aさんの滞納期間は1カ月経ちましたが「買ったという実感はなかった」そうです。「今まではお金がなく欲しいものを買えないときは、我慢していました。でも、服を着る度に、罪悪感はありました」このシステムの「ツケ払い」に親の同意が必要なことは、初めて使った後に知ったそうです。「払うのは自分だし、いいや」と思い、親に伝えないまま使い続けたという一例です。

 

 

通販で使うお金は仮想的な感じ

 

 

 

19歳Bさんの場合

 

一人暮らしでバイトはしているが、稼ぎは月に2万~3万ほど。親から6万円分の仕送りをもらい、生活費や遊興費に充てているそうです。ネットで月に1万~2万を使うそうです。Bさんは、現在もツケ払い中で、5月の初めに1万円分の服の支払いがあるそうです。

 

 

初めて滞納したのは、冬物のコートを購入したとき。Bさんへの督促は、メールとハガキだったそうです。結局、2週間ほど滞納したそうです。「ZOZOを使っている人はたくさんいるし、自分1人がちょっとくらい遅れてもいいかな、と思っていた」そうです。

 

 

Bさんは、結局親にお金を振り込んでもらったけれど、利用規約は読んでいなかったので、親の同意が必要なことを知らなかったそうです。

 

 

Bさんは「画期的だと思いました。1円も払っていないのに、服が届くって。大人だったら、カードで買うじゃないですか。でもまだ持っていないから、新鮮で」「ツケ払いの言葉が軽い印象で」一方で「借金と言われると、気をつけなきゃいけないと思う」これも一例です。

 

 

「債権の弁護士委託」も。運営のスタートトゥデイの見解は?

 

「お支払が確認できない場合、支払期限後一定期間を経た後、債権を弁護士事務所に委託いたします」「必要な場合には法的処置をとる可能性がございます」未成年者が親の同意を得ないまま利用できるサービスだが、法的な責任を問われる可能性もあるそうです。

 

 

未成年者への危険性を指摘することに同社広報担当者は3月14日、未成年者向けに保護者の同意の有無をチェックする機能を強化をするとBuzzFeed Newsに明かしています。しかし「利用規約なんて誰も読まないですよ。重要なことはでっかく書いてほしいです」と多くの意見が聞かれます。

 

 

ネット上でのコメント

 

 

一部コメントのご紹介

 

●「なんか間違えてない?払えるあてがないのに買うからじゃん。身の丈にあった服着ろよ」

 

●「これは付けではない事を理解すべき。手数料取られてますし、更に個人情報GMOに流されてるんだから」

 

●「胡散臭いCM流してるなあと思ってた。基本、現金で払えるだけしか買い物しないようにしてる。ツケは怖いからな」

 

●「Bさんの『ZOZOTOWNを利用している人は沢山いるので、自分ひとりが払わなくても大丈夫だと思った』が最強に意味不明」

 

●「買った時に払えない人が、2ヶ月後に払えるとは思えない」

 

●「同情の余地なし。逆にこの金額で済んでいる分良い勉強でしょうね」

引用元Yahooニュース

 

 

 


 

 

ZOZOTOWNは人気の通販サイト、アプリだそうですね。国内の人気ブランドが数多く参加しているため、みているだけでも十分楽しめます。地方ではなかなか購入機会が難しいので、このようにアプリなどから簡単にオーダーできるメリットは大きいと思いますが、「つけ払OK」の簡単に手に入る手法のお越し穴はあるように思います。金銭感覚がマヒしているようで怖い世界かな・・・

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事