「つけまつげ」と「まつげエクステ」

「つけまつげ」と「まつげエクステ」

 

皆さんは自分のまつげに何かされていますか?例えば 「つけまつげ」 とか 「マツエク」 とか・・・今回はつけまつげとまつげエクステについて少しお話しさせて頂きます。

 

 

 

値段が安くて種類も豊富です。

 

最近のつけまつげはリーズナブル( 100円位)なものからあるので購入しやすいと思います。販売しているお店も沢山あるのですぐに購入できますし 更にまつげの種類も豊富なので色んなシーンでの使い分けも手軽に出来ると思います。

 

付け外しが簡単で好きなところに付けられる!

 

つけまつげのつけ方は「グルーという接着剤・専用の両面テープ」2種類の方法で付けます。またお湯などで簡単に取り外すことが出来るので使い勝手が良いと思います。そして その他に自分の好きなところ部分付けが出来るので自分の個性を生かせるので楽しいと思います。

PJrvKmXfU1XWfnf1486193910_1486194976

弱くて取れやすいかも

 

朝 しっかりつけたと思っていても数時間後に取れてきたりすることがありますね。特につけまつげは「 汗・皮脂・湿気 」に弱いと言う点があります。1日中 綺麗についてくれてる時もあれば剥がれてしまう事もあるので気をつけなければならないと思います。

 

グルーやテープでかぶれることも!

 

グルーやテープは肌に優しいものと言われていますが 体調の変化や肌の状態などでまれにかぶれることがあるそうなんです。グルーやテープは肌に直接付けるものなので所用する際は気をつけて下さい。自分でパッチテストを行ってからでも良いのではと思います。

 

まつげエクステ

 

 

自然な感じでまつ毛を付けられる

 

マツエクを選ぶ人は毎日のメイクが簡単に出来てすっぴんの時も自然な感じで目が大きく見える感じが良いと言う人が多い様です。

 

種類が選べて長持ちする

 

マツエクも沢山の種類があり自分の好きな感じに出来るんですね。なので施術の際に「長さ・毛量・カールのタイプ」をオーダーすることができます。また マツエクは1度つけたら約3週間~1ヶ月は付けっ放しでも大丈夫なので手間がかかりませんね。

 

mWgJBTzSYBjWrki1486193802_1486193811

 

メイクの時間を短縮できる!

 

女性が1番ポイントにしているとこらはアイメイクではないでしょうか?まつげエクステの場合、マスカラを塗る時間がないのでアイメイクに時間かからない様です。朝の忙しい時間にメイクの短縮が出来るって嬉しいですよね。

 

施術料金が高い

 

マツエクは安くても約5000円位〜数万円かかるサロンもある様です。キャンペーンなどで安く行えるところもある様ですが サロン選びで重要なのは値段と施術は比例していると考えられる方が良いと言われてい様なので参考にしてみて下さい。

 
 

共通の注意点

 

 

つけまつげ・まつげエクステに共通して気をつけたいところがあります。それは目のトラブルです。専用のグルーで目に痒みが出たり 腫れたりしてしまうことがあります。特に敏感肌やアレルギーがある人は更に注意が必要なので必ずパッチテストをしてから行うことをお勧めします。

 

ZZfKhy2RQ9VzmoD1486193850_1486193862

 

その他にまぶたの筋肉が伸びてしまって まぶたが下がり たるみのようになる症状が出てしまう事もある様です。加齢などによってこの症状が出ることもありますが 眼瞼下垂は形成外科などで手術しないと治らないと言われていますので注意しましょう。

 


 

つけまつげとまつげエクステの違いなどいかがでしたか?私も15年位前まではビューラーを使っていましたが ビューラーの効き目の持続時間が短く また持ち歩くのも意外とポーチの中でスペースを取るので面倒に感じていました。そんな時 まつげパーマが流行り私もパーマをかけてみました。毎日のメイクが楽になり持続も長いしビューラーを持ち歩かなくていいのでストレスの解消になりました。今の主流はマツエクなのかな?使い方に気をつけていれば手軽にできる自分なりのおしゃれを楽しめるのではないでしょうか?

( キュレーター : Rose )

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

ガールズカテゴリの最新記事