大人のアイメイクポイント!

大人のアイメイクポイント!

 

大人のメイクは目元をはっきりさせる

 

 

アラフォー以降はどうしても顔全体が下がるので 目が顔の下にいかないように上の部分の目元や眉をハッキリ見せると若く見えますね。メイクポイントは陰をつけるのではなく「光」を加えることが大切なポイントになります!

 

ib770od2fivtdp11482375784_1482375856

 

アイシャドウパレットの色について・・・

 

ハイライトカラー〈光沢感&透明感〉

パレットの中で一番薄い色で明るい色がハイライトカラーです。瞼全体に光沢感や透明感を出すことができます。1つのパレットで2つのハイライトカラーが使われていることもあります。

 

ミディアムカラー〈中間色〉

パレットの中でも中間色でハイライトカラーとディープカラーをつなげる役割をしています。

 

ディープカラー〈締めの色〉

メインカラーやダークカラーと呼ばれることもあります。パレットの中では一番濃い色で締めの色とされています。

 

アイシャドウの塗り方

 

 

・まずは大きめの筆にハイライトカラーをしっかりと取り こわがらず色をのせるましょう。次にハイライトカラーを瞼全体にのせます。この時点でカラーをしっかりつけてのせることを意識しましょう。

 

・アイホールにしっかりとカラーを乗せましょう。 アイホールをなぞるようにのせていくのがポイントです。

 

・次にミディアムカラー。ミディアムカラーは、指に取って黒目の中心に色をポンとのせましょう。そして最後にディープカラーもしっかりなじませると良いでしょう。

 

・次に ディープカラーを目尻からそっとジグザグにカラーをのせてアイラインを引きます。 

 

これで完成!自然な目元の出来上がりです♡

 

fbbzssribudmtue1482385523_1482385630

 

 

一重・奥二重 メイクポイント

 

 

一重のポイント

 

コンプレックスと言われる一重ですが とんでもない!とってもキュートな一重さんにしか楽しめないメイクだってあるんですよ^^「影色シャドウ」を幅広くとって明るめの色でアクセントをつければ 目もとも自然にまあるく大きな印象になります!

 

奥二重のポイント

 

奥二重さんは目元が腫れぼったく見られがちですが、メイクの仕方でスッキリとした目元になれます。 まぶたが全てかぶってしまっていて、二重の線がほぼ見えない奥二重さんは、アイシャドーのみでメイクしましょう!上下まぶたの目尻側にのせましょう。アイシャドーはつやのあるものを選ぶととても綺麗に見えてGOODです!

 

5gwecd4zhugifrp1482393385_1482393400

 

 

参考までに・・・ 古臭いといわれる老け顔メイク

 

眉 = 長すぎ・濃ゆすぎ・眉山がしっかりある(地眉をいかした太めラウンド眉が旬眉です。)

アイライン = 目の周りをブラックで全て囲んでしまう。

チーク = オレンジで幅広く塗っている(オレンジは顔がこけて老けて見えます。)

 


 

大人の女性のアイメイク術いかがでしたか?私はず〜っと同じようなメイクをしていました。人から見てどんな印象を持たれているのか考えた事がありませんでした。でもこれからは大人の女性として大人のメイクを心がけてみたいと思います。私も少しは素敵に見えるかしら・・・ね(笑)

( キュレーター : Rose )

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

こころカテゴリの最新記事