卵アレルギー、早くから食べると・・・

卵アレルギー、早くから食べると・・・

アトピー性皮膚炎と卵アレルギー

 

8日付英医学誌ランセットに発表した記事によると、アトピー性皮膚炎と診断された乳児が生後6カ月から卵を食べ始めると、1歳時点で卵アレルギーになるのを約8割減らせるとの研究結果を国立成育医療研究センターのチームがまとめた。アレルギーの原因となる食物は早く食べ始めた方がいいという考え方で、新たな予防法につながる可能性がある。

 

s_5322456711018

 

生後4~5カ月時点で、食物アレルギーを発症するリスクが高いアトピー性皮膚炎と診断された乳児を、生後6カ月からゆで卵とカボチャの粉末を毎日食べるグループ(60人)と、カボチャの粉末だけを食べるグループ(61人)に分けた。卵の量は、生後6~9カ月は1日50ミリグラム、それ以降は250ミリグラムと段階的に増やした。

 

 

両グループともアトピー性皮膚炎の治療を並行して行い、卵アレルギーを発症するかどうかを調べた。その結果、卵を食べていない乳児の発症率が38%だったのに対し、卵を食べた乳児は8%と、発症を約8割抑えることができた。重い副作用はなかった。少しずつ卵を食べることで耐性がついたと考えられる。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000017-asahi-sci

 

 

食物アレルギーって何?

 

以前小学生の女の子が、給食に入っていたチーズを食べた後に亡くなりました。女の子は、乳製品を食べると皮膚がかゆくなったり呼吸が苦しくなったりする「食物アレルギー」がありました。体にけっして悪いものではない食べ物を、食べたり飲んだりした時にもなることがある。軽いときだと、口の中がイガイガしたり、皮膚が赤く腫れてかゆくなったりする。

 

 

ひどくなると、気持ちが悪くなって吐いたり、呼吸がうまくできなくなったりもする。最悪の場合、意識がなくなり死んでしまうことがある。どんな食べ物でアレルギーの反応が出るかは、人によってちがう。ニワトリの卵や小麦、牛乳でなる人が多いが、ほかにもピーナツや果物、カニやエビ、ソバなどでなる人もいる。

 

 

体に悪くない食べ物だけれども、その中にあるたんぱく質という成分を、体が悪者だと勘違いして外に出してしまおうとするために色々な反応が出る。アレルギーのある食べ物を少しずつ食べて、食べられるようにする治療法はある。しかし、治らない場合は、ふだんからその食べ物を口に入れないように気をつけるしかない。

 

 

こういった対応は、給食の献立を見ながらアレルギーを持つ子どもの親と、学校の栄養士らが話し合って決めている。もしも、食べてしまい、具合が悪くなったらどうするか。顔が青白くなり、呼吸も苦しそうになってくるなどの症状が出ると、命にかかわる危険がある。

 

 

こうした緊急事態のために、本人がランドセルなどに症状を和らげる注射器「エピペン」を持っていることがある。その場合は、保育士や学校の先生、救急救命士が打ってあげてもいい。注射を打っている間に、救急車も呼ぶ。

引用元http://www.asahi.com/edu/jrhigh-exam/TKY201302020164.html?ref=yahoo

 

 

アレルギー対応食、知っておきたい注意点

 

(1)アナフィラキーショックを引き起こしやすい食物を知っておく。

・穀物:小麦、そば
・卵:生卵
・牛乳:非加熱食品、生クリーム
・ナッツ類:ピーナッツ、ゴマ
・果物:キウイ
・魚介類:えび、かに

 

 

(2)食品の成分をしっかり知っておく

例えばゼラチンは牛や豚由来であることが多いなど、加工された食品の特徴もある程度は知っておきたいものです。

●市販食品成分の一例

牛乳、牛肉: 乳タンパク、カゼイン、乳糖、ゼラチン
鶏卵、鶏肉: ゼラチン、卵殻カルシウム、蛋白加水分解物
大豆: 乳化剤
小麦: 醤油、味噌

●アレルギー物質の表示

表示が義務化されている食品: 卵、乳、小麦、そば、落花生
表示が勧められている食品: えび、かに、あわび、いか、いくら、さけ、さば、牛肉、鶏肉、豚肉、大豆、まつたけ、山芋、オレンジ、キウイ、くるみ、桃、リンゴ、ゼラチン

 

 

(3)食物アレルギーの原因を知って、普段から備えておく

普段、除去食で細心の注意を払っていても、上記のように思わぬところにアレルゲン物質がひそんでいることもあります。また、外出時の外食や幼稚園や学校での給食など、どうしても「避けきれない」場合も多々あります。アレルゲンの除去だけでなく、万一アレルゲンを摂取してしまった場合にも対応できるよう、普段から備えた体作りが大切です

引用元http://www.atopy-mama.com/article/arerugi/0000000225.html

 

 


 

アトピー性皮膚炎の特効薬を見つけることが医学界でも早急の課題だと聞いています。そんな中アトピー性皮膚炎と診断された乳児が生後6カ月から卵を食べ始めると、1歳時点で卵アレルギーになるのを約8割減らせるとの研究結果が発表されました。アレルギーの原因となるものを早く食べ始めた方が予防法に繋がる可能性があるそうです。私もアトピー性皮膚炎なので早く成人した人達の特効薬も解明されることを願ってやみません。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ニュースカテゴリの最新記事