白湯(さゆ)の効果しりたい?

白湯(さゆ)の効果しりたい?

「白湯ダイエット」という言葉もあるくらい美容面や健康面に良い効果があるということで人気の白湯。ヤカンさえあれば水道水でも作ることができ、デトックス効果抜群。そんな白湯の作り方、飲み方を紹介します。

 

そもそも白湯って何

白湯とは、一度沸かしたお湯を少し冷ました状態のもののことです。「朝、起きがけに白湯を飲む」という健康法は、インドの伝統医学「アーユルヴェーダでは、白湯は『消化力をあげて胃腸を浄化し、毒素を排除するもの』とされています。温かいお茶でも老廃物を洗い流せますが、そういった洗浄力が一番強いのは白湯です」

 

「白湯を始めるべき?」かどうかがわかるチェック表

1つでも心当たりがある人は、白湯を始める好タイミングかもしれません。

  • 夏でも手足が冷えやすい
  • 太りやすくなった
  • しっかり寝ているはずなのに眠い
  • 体が重く、ダルく感じる
  • やる気があまり起きない
  • ランチ後はすごく眠い
  • 「元気ないね」とよく言われる
  • 風邪をひきやすい
  • すぐイライラしてしまう

 

どんな効果があるの?

  • 胃腸をあたためてくれる(=冷え性改善)
  • 腸内の老廃物を洗い流してくれる(=デトックス効果)
  • 体の燃焼効率がよくなる(=ダイエット効果)
  • 代謝がよくなる(=便秘改善、美肌効果)

 

どれくらい続けるべき?

最低一週間は飲み続けましょう。

一週間以上続けると甘くおいしく感じられるようになります。「おいしく感じられなかったり、白湯が腸の中につまるように感じる人は腸内に老廃物が溜まっている可能性があります。続けることで老廃物も少なくなり、つっかえることなくスムーズに飲めるようになるはずです」

 

正しい白湯の作り方

 

必要な道具: やかん(ステンレスやガラス、陶器など。沸騰し続けられるものであれば◎)・コップ・保温用ポット

STEP1:きれいな水をやかんに入れる

yjimage-36

やかんに800ml~1L程度の水を入れます。水は水道水でもミネラルウォーターでもOKです。ミネラルウォーターを選ぶ場合は日本製のものにしましょう。

 

STEP2:やかんに火をかけ、沸騰させ続ける

 

yjimage-39

やかんに火をかけ、沸騰させます。沸騰したらやかんのフタをあけ、少し火を弱めて10分ほど沸騰させ続けます。火は、水面がボコボコいうくらいに調整しましょう。

 

STEP3:沸かしきったら、完成!

 

20140820132025_53f42209960dc

沸かしきったら火を止め、完成です。白湯はすぐに飲む用のコップと、残りは保温用ポットに入れます。

 

正しい白湯の飲み方

yjimage-41

飲み方:自分の体が冷えていると感じたら熱めのものを、ほてっていると感じたらぬるめのものを飲みましょう。だいたい50度程度まで冷やしたら飲むようにしてください。飲むときは、ズズズ…とすするようにして飲みます。これを5~10分かけて飲みましょう。

飲む量:1杯150cc程度、1日800mlを目安に飲みましょう。飲み過ぎは腸内の必要な栄養まで洗い流してしまうため、要注意。

飲むタイミング:基本的に朝昼夜の3回に分けて飲みます。朝は沸かしたての白湯をコップに入れて飲み、昼と夜は保温用ポットにうつしておいたものを飲みます。

・・・朝ご飯を食べる前に飲みます。その際、必ず歯磨きをしておきましょう。昼&夜・・・食事をしながら飲みます。ごはんやおかずの合間に飲むことで消化がよくなります。冷めてしまったら沸かし直さず、新しい白湯を作りましょう。

 

こんなときはどうすれば?

朝飲めなかったとき

基本的に朝昼夜の3回に分けて飲みますが、朝、忘れてしまったら、昼や夜に飲むよう意識しましょう。

 

外食で白湯をのめないとき

昼・夜は外食。そんなときは、外食先のレストランなどで「熱いお湯をください」とお願いしましょう。飲まないよりも効果があります。

引用元https://nanapi.com/ja/118021

_____________________

「白湯」の効果が感じられないのは正しい飲み方をしていないから?

 

白湯の効果その1:胃腸を元気にする

白湯とはお水を沸かして少し冷ましたお湯のこと。余分なものが入っていないため胃腸にもやさしく、体の内側から温めてくれます。白湯のみを実践している人で効果が感じられない人は、お水を湧かさずレンジでチンしたり、電気湯沸かし器を使っているのでは?鉄のやかんなどでお水をきちんと沸騰させ、飲める温度までじっくり冷ましていったものが本物の白湯です。

 

白湯の効果その2:体温が上がる

白湯を飲むことで体を冷やさず深部の温度を上げるため、内臓の働きも活発になり基礎代謝があがります。そのため冷え性や低体温の改善が期待できます。体温が1度上がることで免疫力は5~6倍にも上がるといわれます。基礎代謝量も13%~15%増えるとされていて、カロリーを消費しやすい体になるといえます。

 

しかし飲みすぎは逆効果

いくら白湯でも飲みすぎるとミネラルのバランスが崩れたり、胃腸内に必要な栄養まで洗い流してしまいます。一日に800ml、コップ5杯程度が適量といわれています。朝起きてから1杯、3食の食事とともに1杯ずつ、入浴前や入浴後に1杯飲むのがおすすめ。ゴクゴク飲むのではなく、できるだけ空腹時にゆっくり時間をかけて飲むのが良いようです。

引用元https://nanapi.com/ja/125743

_____________________

1日に水はどれくらい摂ればいい?覚えておくべき最適量とは

 

1a94b030-375e-47fb-a5f2-6a4a4a8039c3

 

春に注意しておきたい水のとり方

春は気温もまだあまり高くないので、水分補給をしなきゃ!と強く意識することはあまりないと思います。まだそんなに暑くないからと水分補給を怠ると「かくれ脱水」とよばれる状態に陥ってしまうこともあります。人間は、1日に2.5リットルの水分が必要であると言われています。食事や体内にある水分がだいたい1.3リットルあるため、意識して補給したい量は1.2リットル程度になります。

 

夏に注意しておきたい水のとり方

夏は暑さも本番ということもあってたくさん汗をかくため、その分たくさんの水分が必要になります。夏に注意しておきたいのは、ただ水を飲むだけでなく、塩分も同時にとっておきたいという点です。スポーツ飲料などの塩分が含まれているものを選びましょう。

 

秋に注意しておきたい水のとり方

秋に注意しておきたい水分のとり方は、ほぼ春と同様に考えてよいでしょう。ただし、春よりも秋のほうが空気が乾燥しているため、こまめに水分補給をして、身体にうるおいを与えてあげましょう。

 

冬に注意しておきたい水のとり方

冬は外の空気も乾燥しており、また室内でも暖房を使用するため、湿度が低い状態が続きます。こうした状態では人間の体からも通常よりはやく水分が失われるため、仕事中でもこまめに水分補給をすると良いでしょう。脱水症状は冬でも症状が出てしまうこともあります。喉が渇いたな、と思ったら、冬でもしっかりと水分補給をするようにしましょう。

引用元https://nanapi.com/ja/127921

_____________________

白湯を朝一番で飲むのが良いと聞いていたけれど、白湯には正しい作り方があることを初めて知った。沸騰したら蓋をあけ弱火で10分ほど沸騰させるそうだ。カルキ臭さも抜けて白湯が甘く感じられる。続けることで老廃物も少なくなり、つっかえることなくスムーズに飲めるようになると。最低一週間は続けて飲んだ方が良とのことなので、チャレンジしたいと思う。

(キュレーター:remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

暮らしカテゴリの最新記事