「パクチー」好き? 嫌い?どっち!

「パクチー」好き? 嫌い?どっち!

2016年世相を反映した“食”を選ぶ「今年の一皿」が発表され、独特の香りや味が人気の野菜、パクチーを使った「パクチー料理」が選ばれましたね。パクチーは、地中海沿岸が原産地とされ、現在は世界150か国以上に流通しているセリ科の一年草です。

 

「パクチー」はタイ語であり、英語では「コリアンダー」「シラントロ」、中国語では「香菜(シャンツァイ)」、ヒンディー語では「ダニヤー」と呼ばれています。きわめて香りが強く、好き嫌いがはっきりと分かれる食べ物ではないでしょうか。そんなクセのあるパクチー、あなたは好きですか?

 

 

パクチー、好きですか?

 

「好き」と答えた人のコメント

一部紹介
●「大人になったら食べれるようになりました。ゴーヤーと一緒ですね!」

●「慣れると、フォーに浮いてなかったら、寂しく感じてしまいます。」

●「うまいと思う。初め食べたとき、なんじゃこりゃと思ったけど、絶賛ハマリ中!」

●「あの香りがたまりませんね! 生春巻きを作るときは必ず調達しますよ。」

●「なんだか、好きだなー。やめられない、とまらない、感覚です。」

●「あの清涼感がたまりません!」

 

「嫌い」と答えた人のコメント

一部紹介
●「トムヤムクン好きですが、パクチーは食べません。まったく、受け付けません。」

●「……って、それ、何!?」

●「カメムシを口に入れたらきっとこんな感じ! 衝撃の味! カメムシ大っ嫌いなんです!!」

●「むりー! 匂いも味もダメです。ごめんよパクチー……。」

●「食べたことないですが、たぶん嫌いです。」

●「好きな人の気持ちが分かりません。」

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00010001-tokyofm-life

 

 

ダイエット効果もある?

 

薬効の高いハーブで、消化促進、血行促進、鎮静、殺菌、解毒などの作用があり、東南アジアでは古くから薬として用いられることもるそうです。また、デトックス効果の高い野菜として、パクチーは有害金属を体の外に排出してくれるという働きを持っているそうですよ。他にも腸の働きを活性化させて新陳代謝を高める効果もあるそうです。

 

βカロテンが豊富です。βカロテンは体の錆び付き防止作用が高く、美容や健康の維持に活躍する成分で、体内に入ると必要量がビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があるそうです。また、美肌に必須のビタミンCや、エネルギー代謝に欠かせないB1、B2も含まれていて、ダイエット中に不足しがちなカルシウム、マグネシウムなどを含むミネラルも豊富に含まれているそうなので、積極的に摂取してみたいですね。

 

zY8Nh6ntTJIDD9x1486602310_1486602319

 

パクチーの香り成分には、ゲラニオール、ボルネオール、リナロールという物質が含まれており、パクチーのにおいを嗅ぐことで、鎮静や鎮痛のリラックス効果を得られるそうです。パクチーが女性に人気なのは、もしかすると、この香り成分のホルモンへの影響が関係しているのかもしれませんね。

 

 

効果を引き出す食べ方と保存方法

 

Aczn7q7GEzIiycG1486601852_1486601990

 

パクチーは加熱するとビタミンCが減ってしまいます。そのため、ビタミンCを損なうことなく摂取するためには、生で食べたほうがいいそうです。また、油と合わせることでβカロテンの吸収を高めてくれるので、サラダに混ぜ、オイル入りドレッシングで食べると、とても効果的だそうです。

 

パクチーの保存方法は、基本は乾燥させないように濡れた新聞紙に包んで、ビニール袋、ジップロップなどに入れて野菜室で保存がお勧めだそうです。なるべく早めに食べた方が、パクチー独特の香を感じるそうですよ。

引用元http://bikenkou-etranger.com/archives/837

 

 


 

 

2016年「今年の一皿」が発表されてから、パクチーサラダやパクチー鍋などが一大ブームになったように感じます。私もタイに旅行に行かなければパクチーをこんなにも好きにはならなかったと思います。タイはどんなお料理にも必ずのように入っているので、嫌いな人は抜いてもらうしか・・・知り合いは、タイに行きたいけれどパクチーのあの独特の臭いが嫌いで旅行できないと嘆いています。びっくりしたことは、タイの女性は皆さんスリムです。毎日パクチーを食べているせいでしょうか。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事