あなたも危ない!?デジタル遺品ってなに?

あなたも危ない!?デジタル遺品ってなに?

デジタル遺品とは、故人のスマートフォンやパソコンの中に遺されたデータのことです。世の中は急速に電子化が進みました。一例をあげると、インターネットバンキングや株券の電子化があります。しかし、このデータは本人が亡くなってしまえば、どこに何があるのか分からなくなる場合が多いのです。特に、インターネットバンキングなどは、パスワードが分からなければ口座のページを開くことさえできません。そのうえ、遺族がパソコンに詳しくない場合はそのままパソコンを処分してしまい、個人情報が流出する危険性もある世界です。

 

 

デジタル遺品の種類とは?

 

資産価値のある遺品

インターネットバンキングの口座や株券などは、遺産扱いになります。時には、遺産争いの火種になる場合があります。また、故人がFXなどで損をしていた場合、多額の借金が発覚する可能性もあるのです。

 

 

SNSやブログの記録

FacebookやTwitterなどSNSに登録されている方やブログを開設している方も多いでしょう。SNSやブログ通じてたくさんの人と交流をしていたりする場合は、急に更新がとだえれば心配されるでしょう。さらに、悪意ある第三者が成りすまして嘘の情報を流したりする可能性もあります。一度デマが広がってしまうと、打ち消すのは大変な世界です。

 

 

ハードディスクに保存された個人の秘密

故人が趣味で集めたものや、家族の思い出などがハードディスクに保存されている場合は多いと思います。しかし、中には見られたくないものもあるかと思います。特に、趣味のものと思い出の写真などを一緒に保存しておいた場合は、遺族が混乱するかもしれません。

 

 

ゲームのアカウントなど

今は、インターネット上でゲームを楽しむ方も多いでしょう。故人のアカウントもしっかりと抹消しないと、トラブルの元になる可能性があるのです。中には金銭問題に発展するかもしれません。

 

 

普段からパソコンの中を整理しておく

 

HB4hAVUl9biSjDP1484714315_1484714384

 

「自分のパソコンに保存してあるデータを見られたくない」「主に利用している銀行は通帳がないインターネットバンキングだ」などという場合は、いざというときに備えてマニュアルを作っておきましょう。自分が使っているSNSやブログ、銀行口座、株取引などを行っている口座などのパスワードをノートなどに書かUSBメモリーに保存しておきます。家族にそのノートや保管場所だけを知らせておきましょう。

 

また、家族の写真と趣味の記録などは分けて保存しておきましょう。さらに、「どうしても家族に見られたくない」というものがある場合は、一定期間パソコンにアクセスしないとデータを削除するソフトなどを利用しましょう。ただし、長期旅行中にデータが消えてしまわないものを使いましょう。

 

現在は、パソコンに非常に詳しい人と、全く分からない人の差が大きな時代です。遺族がパソコンに不慣れな場合は、デジタル遺品を整理してくれる業者を利用しましょう。

 

 

デジタル遺品のトラブル&対処法

 

11CHnwniE06MKOl1484713301_1484713926

 

FX取引の確認方法

思わぬ負債に見舞われないためにも、口座開設時の書類を探すこと。もし見つからない場合は、各運営会社のコールセンターに連絡する。相続人であれば口座の有無を教えてくれる場合もあるとのことです。FX取引中止などの手続きは、各運営会社に相談してください。口座の有ることがわかっても凍結するまでに期間が4か月かかるとのことです。その間も取引は続いてしまうので、損をしている可能性もあります。残された家族が、口座を解約するのは大変なことです。万が一に備え・運営会社の名前・口座番号・IDは家族が知っておくことが大切です。

 

 

故人が預けたネット銀行の預金

何年もそのまま放置していても、故人の預金が銀行のものになってしまうことはないそうです。銀行が預かってくれているので相続人が申請をすればそのお金は戻ってきます。去年の12月に法律が変わることが決まり、10年未満であれば銀行が預かってくれますが、過ぎたら預金保険機構に預け直されます。

 

故人がネット銀行を利用していたかわからないとそのままになってしまいます。その存在を知る方法として、キャッシュカードや口座開設時の書類を探し、もし見つからない場合は、各銀行のコールセンターに連絡すると相続人であれば口座の有無を教えてくれる場合もあります。預金を受け取るための手続きは、各銀行に相談してください。

 

他にもブログやTwitterやFacebookやLINEも遺族が申請すれば削除ができるそうです。

 

 

故人のデータを取り出したい場合

パソコンや携帯電話のデータですが故人が使っていた場合、パスワードがついているとその情報、写真なども取り出せません。パスワードがかかった携帯電話などから遺族が望むデジタル遺品を取り出すサービスがあります。特殊なプログラムを起動するとパスワードを書き換える画面に変わります。

 

作業時間は僅か6分ほどで、パスワードが解除されます。特殊な装置を取り付けて携帯電話のパスワード解除もできます。すると、パソコンから携帯電話にデータが送信されます。あとは、機械に任せるだけで解除されます。但し、データ取り出しには20万円ほどの費用がかかります。

 

 


 

デジタル遺品とは、亡くなった人が使っていたパソコンや携帯電話などに残されたデータのことです。これだけネット時代になったことと同時に故人が使っていたパソコンや携帯に、家族との大切な写真、メールやメッセージ、アドレス帳のデータなどの管理の問題が起きています。例えば、ネット銀行の遺産に気づけなかったり、引き落としができなかったり、ネットの金融商品で巨額の負債があったりとブログが乗っ取られ、ネット犯罪に巻き込まれるなどの事件が起きています。「あさイチ」の番組で大きく取り上げて放送されていていましたが万が一の時にも家族が困らないよう、情報を残しておくなど対応しておくことが大事ですね。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ニュースカテゴリの最新記事