あなたは「そば湯」知ってた?

 そばの茹で汁を飲む彼氏を「受け入れられそうにない」――。そばを茹でた汁を「そば湯」として飲む習慣を知らない女性が書いたブログ記事が、いまインターネット上で波紋を広げている。一口飲めば職人の腕が分かるともいわれる「そば湯」。

 

20161115-00000001-jct-000-3-view

 

 話題のブログは2016年11月7日、「そばの茹で汁を平気で飲む彼氏」というタイトルでその全文は、「育ってきた環境の違いなのか、そばの茹で汁を飲む人をはじめてみた。そば湯だからと言うのだけど、茹で汁ごときを健康に良いといって平然と飲む姿を受け入れられそうにない」というもの。

 

 恋人が「そばの茹で汁」を飲んだことに対する驚きや不快感がストレートに表現されている。ネット上では「そば湯を知らない人がいるのか」という驚きの声がツイッターやネット掲示板には相次いだ。だが一方で、数は少ないながらも「そば湯って何」「名前しか知らない」といった声も出ている。

 

  「まともな蕎麦屋行ったこと無いんじゃないのか」
  「そば湯って当たり前に出てくるものだと思ってた」
  「そば湯知らんとかどんな人生歩んだらそうなるのか」

 

 さらには、今回の「そば湯ブログ」をめぐり、関東と関西の「食文化の違い」にまで言及する意見も目立ち始めた。「西日本行くと蕎麦屋少ないな~と感じてたけどそば湯文化まで無かったのか」「そば湯って関東主流の文化だったのか…」「そば湯って思ってるより、ローカルな風習なのかも」といった声も出ている。

 

 「西日本では、うどんを食べる人が多いので、そもそも『そば湯』を出すような専門店に行くことが少ないのでは」大阪と福岡のそば専門店も「『そば湯』を出さない専門店は、これまでに見たことがない」と話していた。「関西でもそば湯は昔からある」「そば店の数が少ないだけじゃないの」といった反論意見が数多く寄せられている。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00000001-jct-soci

______________________

激安そば、実は「茶色いうどん」? 外食店「そば」に明確な定義なかった

 外食店の場合、「そば」には明確な定義がないようで、驚くことに、日本蕎麦協会が「そば粉がきちんと混ざっていて、お店が『そば』というのであれば、割合に関係なくそばになります」と「説明」

 

  そのワケというのが――。そばには、そば粉10割の「十割そば」や、小麦粉が2割、そば粉が8割の「二八そば」のように、そば粉の割合を明示して製麺する店が少なくない。しかし、実際には日本蕎麦協会も指摘するように、とくに明示しなくてもそば粉がきちんと混じっていれば、そば屋の看板を掲げ、「そば」として提供できる。

 

   通常、そばを打つには「つなぎ」を入れる必要がある。小麦粉はそば粉より安価なので、高いそば粉の割合を減らして、小麦粉の分量を多くすることで、原材料費を抑えることができる、というわけだ。立ち食いそば店の中には、そば粉の割合が1~2割で、残りの8~9割は輸入小麦粉でできた「逆二八そば」を提供するチェーン店もめずらしくないらしい。

引用元http://www.j-cast.com/2016/02/12258317.html

_____________________

老舗の蕎麦屋が「蕎麦アレルギー」で閉店 「こんな切ないこと、あるの?」…

113年の歴史に明治36(1903)年創業の内神田の蕎麦屋「満留賀」が2016年6月24日、突然その暖簾を下ろした。東京・内神田にある老舗の蕎麦屋「満留賀」。 店主は蕎麦アレルギーを患っており、症状が悪化したことがその理由。インターネットでは、驚きとともに、「あまりに切ない」との声があがっている。 店には1枚の貼り紙。

 

%e8%95%8e%e9%ba%a6%e6%b9%af%ef%bc%92

 

  閉店の理由は、なんと4代目店主の竹本伸之さんの蕎麦アレルギーの悪化だ。  7月7日、店側に取材すると、家族は「当初は本人も(蕎麦アレルギーとは)気がついていなかったようですが、徐々に手や肌の痛みがひどくなり、「昨年(2015年)の暮れには『年越しそばも今年が最後になるかもしれない』とこぼしていましたから、店主もすでに蕎麦アレルギーであることはわかっていたようだ。医師に診てもらったところ、「生命に危険が及ぶ可能性がある」と指摘され、閉店を決断した。

 

%ef%bc%93%e8%95%8e%e9%ba%a6%e6%b9%af

 

インターネットには、といった声が多く寄せられている。店の貼り紙には、「一時閉店」とあるが、家族によると「(蕎麦アレルギーが)ひどいので、おそらく(店を)もう開けることはないと思います」と話している。

引用元http://www.j-cast.com/2016/07/07271916.html

_____________________

 実は私も「そば湯」を知らなかった。蕎麦よりも素麺を食べることの方が多かったことが影響しているのかも知れない。一口飲めば職人の腕が分かるともいわれる「そば湯」。専門店ならば必ずと言っていいほど出てくるそうだ。でも「そば湯」がテーブルに置いてあり自由に頂けるお店と頃合いを見て出して下さるお店と催促して出して下さるお店と別れているように思う。蕎麦を食べる文化のあるところは、「そば湯」は切っても切れない食文化なのかも知れない。

(キュレーター:remon)

 

最新情報をチェック!