「会社メールアドレス」でデートの約束ってあり?

日ごろはLINE派?それてもメール派?トレンドはLINEのようなSNSを使うことが増えていますが、LINEをやっていない人やFacebookをやっていない人やTwitterをやっていない人はまだまだ多いようです。でもメールをやっていない人はごくわずかだそうです。まだまだメールも健在。会社のメールアドレスから、私的に恋人や友人と連絡を取り合った経験はないでしょうか・・・

 

 

私的なメールの送受信

 

 

こんな声も・・・

●「職場では、ブラウザでGmailなど私物のメールを見ることが禁止されています。なので、親しい人やSNSを使わない家族とは、会社のメールアドレスを使ってしまうことも」(30代、女性)

 

●「親しい友人や合コンで知り合った人と名刺交換した後は、自然と会社メールアドレスで連絡をとるように。数は多くないですが、デートや飲み会など私的なことにも使っています」(30代、男性)

そこで問題です。私的な目的で会社のメールアドレスを使うことに、違法なのでしょうか。

 

 

会社の私的メールの対処法

 

 

 

「私的利用は許されない」

「私的利用も許される」と判断した裁判例もありますが、社員は勤務時間中は職務に専念する義務を負っているため、社員が勤務時間中に私的なメールを送受信することは許されないそうです。会社は、企業秩序を維持するため、会社のメールアドレスの業務目的外の利用を、就業規則などで禁止することができるそうです。

 

 

就業規則上禁止規定がない場合でも、私的利用は、社員の『職務専念義務』に違反し、懲戒の対象となるそうですが、社員といえ個人として社会生活を送っており、職務遂行上支障にならない限度であれば、私的利用も許されると判断した裁判例があるそうです。

 

 

業務時間外であっても、禁止なのでしょうか?

就業規則で禁止規定がある場合には、業務時間外であっても、懲戒の対象となるそうですが、就業規則に禁止規定がない場合には、先ほどの裁判例の考えによれば、会社に過度の負担にならない程度の利用は問題はないということになりるそうです。

 

 

会社は社員のメールを見てもいい?

「会社が社員のメールを見ることに問題はないのか?」という相談も寄せられています。個人情報保護法では、会社がインターネットの私的利用を調査するため個人情報を取得することについて、制限しており、取得する情報の利用目的を特定し(例えば、営業秘密の漏洩防止、私用メールの濫用防止)、これを公表・通知しなければならないとされています。

 

 

また、会社は、本人の同意を得ないで、取得した情報の目的外利用はできません。したがって、会社がこれに反する場合は、社員は、プライバシー侵害にあたると主張し差し止め、損害賠償請求ができるそうです。

 

 

会社のメールアドレスの私的利用は、控えた方がよいでしょう。また、会社には、解雇など重い懲戒処分が必ずしも許されるわけではありませんが、調査権限にも限界があります。会社の対応が不当だと感じたら、諦めずに一度弁護士に相談することをお勧めします。

 

 

「会社メールアドレス」へコメント

 

 

一部紹介

●なんで会社のアドレスを使うって言う発想になる訳?

 

●「まあ、こういうのは、個人のメアドでやった方が無難だわな。会社メアドでやり取りするメリットは無いし」

 

●「個人携帯でやり取りすればいい」

 

●「社内メールの私的利用は禁止って、普通の企業なら規程や規則に書いてあるだろ?ちなみに会社支給のスマホ携帯でも、SNSはご法度!当たり前じゃんw」

 

●「当たり前だろ、会社のメールは業務用。私的なメールは個人メール・個人スマホでやるべき」

 

●「麻雀大会します。と5人に送信したつもりが、全従業員に一斉に送った奴がいた。社長、会長、役員にも。同期に、会社の愚痴をメールを送ったつもりが、人事担当の副社長に送信。次の異動先が、孤島の出張所になった。6年は戻れなかった」

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00005811-bengocom-life

 

 

 


 

 

私の以前の職場はちょっと特殊なところもあり、私的メールは一切使用できません。勿論勤務時間中も自分のスマホでの連絡は以ての外・・・なので、一般の会社ではどうなのかしらと聞いてみたい気持ちでいっぱいでした。基本会社の会社のメールアドレスの業務目的外の利用は、就業規則などで禁止されている会社が多いようですね。勤務時間中は職務に専念する義務を担っています。お給料を頂いている以上疎かにできないと思います。お昼休みや、休憩タイムなどを使って恋のメールに花を咲かすも一興かと・・・

(キュレーター:remon)

 

最新情報をチェック!